幼児の虫歯は発見しにくい理由と予防法

幼児,虫歯

幼児の虫歯について懸念されているご家庭も多いです。

日頃気をつけていても気づいた時には虫歯ができてしまっていたなんていうケースも珍しくありません。日頃からどのようにして子供の内からオーラルケアを行えば良いのか、歯医者さんに診てもらうメリットや予防方法などについてチェックしておきましょう。

子供は前歯が虫歯になりやすい?虫歯の進行と治療について

子供には個人差がありますが生後5ヶ月を超える頃から乳歯が生え始めます。下の前2本から上の前4本と順々に生えてくるのが一般的です。

生えたての頃は歯質が弱いため虫歯のリスクが高いだけではなく進行も早いことが懸念されます。

特に初期段階は異常がある黒色ではなく白いままに見えることが多く、個人では発見するのは難しい場合も多いです。

そのため子供へ虫歯菌となるミュータンス菌を感染させないことが肝心です。

ミュータンス菌に一度感染してしまうと取り除くことは難しくなってしまうため、3歳くらいまでに感染させないようにすることが初期のオーラルケアとしては課題になるでしょう。
もしミュータンス菌に感染してしまった場合虫歯ができてしまうようになります。

一般的に歯の間にできやすいとされています。これは磨くことが難しく、菌が繁殖しやすいということが原因になります。

また上の前歯ができやすいと言われることがあります。これはジュースや飲み物などが付着しやすいことが原因となります。

糖分が付着しやすいため、ミュータンス菌が溶かしたあとに悪化させてしまうラクトバチラス菌が活動することによって虫歯になってしまいます。そのため上の部分は丁寧に磨くことや、隙間の部分にラクトバチラス菌が残らないように入念に磨いてあげることが良いでしょう。

前述のとおり、乳歯がミュータンス菌によって溶かされた初期段階では白いままで素人目では虫歯かどうか見分けがつかないことがあります。

歯医者でこの状態の歯が発見された場合、この段階では削って治したりはせずにフッ素の塗布や食生活の見直しなどのケアが中心になります。

また子供が泣いて治療を嫌がる場合になども定期的なフッ素の塗布という処置になることが多いです。

ラクトバチラス菌によって深刻化されてしまった場合、削ってプラスチックを詰めたりなどの処置が行われます。

もし神経までひろがってしまった場合は神経の切除など重い処置を行う必要があります。ここまでの重症化は他人事に考えがちですが、乳歯は進行が早いためリスクは誰にでもあると考えておくのが良いでしょう。神経の中まで菌が入り込んでしまった場合は根となる永久歯の部分への治療も行います。治療を嫌がる子の場合、深刻化した部分への治療を行う時は全身麻酔などを用いることもあります。

これら最悪のケースになると歯を抜く必要もありますので、デンタルケアにはしっかりと気をつけておきたいですね。

歯磨きが困難な場合、歯医者さんで効果的な予防とは?

虫歯の予防には歯ブラシを使って食後に歯磨きを行うことが大切です。

歯に付着した食べカスや汚れを落とすことができ、菌の活動や繁殖を抑えることができます。

特に歯を悪化させるラクトバチラス菌を減らすことに高い効果が期待できるのが歯磨きなのです。ラクトバチラス菌はつるつるとした場所や歯の表面には住み着くことができないため、歯の隙間に生息します。

またミュータンス菌によって溶かされた歯の表面にも住み着くことが出来ます。歯磨きで清潔な状態に保つことで、生息しているポイントで繁殖させてしまうリスクを抑えることができるのです。

歯磨きの際にフッ素が配合されたホームジェルを使用することで、ラクトバチラス菌の繁殖の元になる、ミュータンス菌を減らすことができます。ミュータンス菌は1度口の中に感染してしまうと完全に死滅することの難しい菌です。

そのためミュータンス菌の居場所を作らないように口内環境を整えること、歯を強くすることが対策になるのです。

ミュータンス菌の居場所を減らす!今大人気の子供用歯磨き粉はコチラ

唯一フッ化第一スズという種類のフッ素は歯を強くする効果があります。

食事をするたびに脱灰と呼ばれるカルシウムやリンが口の中に溶け出すというサイクルがあります。この脱灰で溶け出したカルシウムやリンを元通りにする働きがあるのが唾液です。この働きを再石灰化と呼ばれています。この再石灰化を助けてくれる働きを行うのがフッ素なのです。

仕上げ磨きにフッ化第一スズが配合されたホームジェルを使って行うことで虫歯予防に高い効果が期待できます。

しかし幼児の場合は歯磨きが困難な場合もあります。
そういった場合にはどのように対処すべきでしょうか。歯磨きが困難な場合には歯医者さんで予防してもらうことが良いでしょう。

歯科医院では虫歯菌の検査やクリーニングを行ってもらうことができます。唾液を採取し唾液の量や力、ミュータンス菌の量やリスクなどをトータルで検査することができます。結果も少ない、多い、非常に多いといった3段階から判定されることで、現在どのような状況かを知ることができます。

赤ちゃんの虫歯菌はどうやって検査するの?検査の必要性とは

2017.06.29

歯医者さんで行われる予防として特に注目したいことがフッ素の塗布です。
市販されているホームジェルよりも高濃度のフッ素を乳歯に塗布することで、長い期間ミュータンス菌を寄せ付けない口内環境を作ることができます。

特に乳歯が生えたての頃からの塗布で高い効果が期待できます。

子供や幼児の場合は自治体から補助を受けられることも多く、できることであれば定期的に、継続して塗布することが望ましいでしょう。

乳幼児の医療費助成でのフッ素塗布について詳しく書いてあるサイトを参考にしてみてください。

歯医者さんで状態を見てもらうメリット

子供の内から歯医者さんに状態を診てもらうメリットとしては、やはり慣れさせるという面で良い部分があります。

歯医者とは人生の中で長いお付き合いになることも多く、人によっては毎月欠かさずに通っている方もいます。歯は一生の持ち物ですので定期的なメンテナンスは必要不可欠です。

そのため早いうちから歯科医院に慣れておくということはメリットになります。

特に幼児の場合は嫌がって通うことを拒否することもあるでしょう。

早い段階で安心して治療などを受けることができることを覚えさせることは大切です。

次に口の中を検査してもらうことによって、その結果に応じて今後どのようにデンタルケアを行っていくべきかを相談することができます。特に子供の歯を磨くことが困難な場合はどういったアプローチをすべきかなど不安に感じる部分を相談することができます。

ミュータンス菌が多かったら、今後どのようにして減らしていくかを検討することができます。

もし検査を行っていないと詳細な状況がわからないため、気づいたら口が虫歯だらけになっていたなんてケースも考えられるのです。

ミュータンス菌に感染してしまっても口内を正常に保つケアを行ってもらえるという意味でもメリットが高いでしょう。

幼児の虫歯予防法【まとめ】

またかかりつけの歯科医院を見つけておくことで、以後の検診などがスムーズになります。

幼児の口内環境は変わりやすく、一見すると問題を探り当てることができない場合もあります。

かかりつけの医院を見つけることで以降どのようにしてケアを行っていくかのプラン立てが容易になるので親御さんの負担が減ります。

お住まいの近くで小児歯科医を検索!

お住まいの地域で歯医者さんを検索!

初めての子育ての場合は不安がつきまとうもの、たくさんの子供を診てきたプロの意見を参考にすることが大切です。

歯磨きの方法から、どういったアイテムを選べば良いのかまで適切な内容を知ることができます。その内容を自宅でのケアへしっかりと反映扠せましょう。

最初のころは歯磨きを嫌がる子は多いものですが、原則的にはしっかりと自宅での歯磨きができるように幼児に働きかけるようにし、適切なホームケアを行う環境づくりが第一だと心得ましょう。

どうしても歯磨きがうまくいかなかったり、するときはアットコスメで書き込みがあった歯磨き粉を試してみてみるのも一つの方法です。感想をご覧ください。

フッ素を使っていたのですが、2歳長男が歯磨きをとても嫌がり大暴れで困っていました…。
いつ虫歯になってもおかしくない状態だなと悩んでいました。たまたまネットでブリアンをみつけ、試しに使ってみました!粉であるため始めは使いずらいと感じましたが3回目からは、使いずらさは感じませんでした!むしろ、イチゴ味であるため、今まで嫌がっていた長男がブリアンを持って磨いて!っと持ってくるようになり、暴れずあ?んと口を開けてくれるようになりました!且つ、虫歯になりにくくしてくれるというので、一石二鳥であり、とても助かっています。始めはお試しがてらと考えていましたが、今では出会えてかったなあと思っています!友達や家族に話すとみんな使ってみたいといい、みんなで共有し使っていますが高評価です!今では私も使っていて家族みんなで利用してます!!息子の考えを変えて、苦痛から楽しみに変えてくれたブリアンにとても感謝しています!

出典:アットコスメ

ブリアンのリアルな効果体験談はこちらでもまとめています。合わせてご覧ください

歯磨きを嫌がるときや、歯磨きの回数でお悩みでいたらこちらの記事も参考にどうぞ

2歳の子供に歯磨きをするなら?最適な回数やタイミングはどうなっているの?

2017.08.18

1歳4ヶ月の子供が歯磨きを嫌がるのはなぜなの?原因と嫌がられないための対応策まとめ

2017.08.16

幼児,虫歯

この記事が気になったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA