ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

赤ちゃんの歯磨きを始めるときの3つの注意点

赤ちゃんの歯磨きをいざ始めるとなると何をどう気をつけたらいいのかなんてわからないんですよね。

赤ちゃんの歯磨きを始める時に気をつけたい3つの注意点をご紹介します。

赤ちゃんに歯磨きが必要になるのはいつから

赤ちゃんの歯は、だいたい生後6ヶ月くらいになった頃から、下の前歯から順に生えてきます。

赤ちゃんの歯磨きをするには、この歯が生えはじめた時期から徐々に慣らしていくとよいでしょう。

しかし歯が生えてきたからといってすぐに歯ブラシでゴシゴシと磨くわけではありません。

赤ちゃんも歯が生えてきたからといって急に歯を磨かれてはびっくりしてしまいます。

まずは上手に口を開ける練習から始めましょう。

赤ちゃんの歯磨きには何をつかったらいいの

口を上手に開けられるようになったら、最初はガーゼや綿棒などを使い、優しく歯を拭いてあげるようにしましょう。

お母さんやお父さんは赤ちゃんの口の中に指を入れることになるので、きれいに手を洗い清潔にしてから行います。

この時にガーゼや綿棒で歯を拭かれることを嫌がる赤ちゃんもいます。

その場合には、たくさん褒めてあげたり、姿勢をかえて行ってみたり、お母さんやお父さんが楽しそうに歯磨きすることで、楽しくなってくることもあります。

赤ちゃんの歯磨きのタイミングと回数は

ガーゼや綿棒を使った歯磨きの回数としては、食事のあとや就寝前に行うことで、自然と時間が決まってくるのでよい習慣づけになるでしょう。

ガーゼや綿棒による歯磨きに慣れてきたら、いよいよハブラシの使用を始めます。

無理やり口を開けてハブラシを口の中に入れたりすると、歯磨き嫌いの原因になります。

なるべく赤ちゃんが楽しみながらできるように工夫するとよいでしょう。

赤ちゃんの歯磨き知っておきたい3つの注意点

赤ちゃんの歯磨きを始めるにあたっては3つの注意点があります。

赤ちゃんの歯磨きで気をつけたい注意点~その1~

一つ目はとにかく優しく楽しく行うことです。

ゴシゴシ磨くのではなく優しくマッサージしたり、なでるようなイメージで行うとよいでしょう。

とても小さな歯なのでハブラシを細かく動かすことも大切です。

赤ちゃんの歯磨きで気をつけたい注意点~その2~

二つ目に上の前歯の歯茎の真ん中にある筋に強く当たってしまうと、非常に痛みます。

前歯を磨く時には当たらないように十分注意する必要があります。

赤ちゃんの歯磨きで気をつけたい注意点~その3~

最後に、口を開けなかったり、うまく磨くことができなくてもイライラしては逆効果です。

最初は遊ぶような感覚で、赤ちゃんが歯磨きが楽しめるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です