ブリアン公式サイト1回70円!49%オフキャンペーン中!お試しはこちら

Q.歯の着色と虫歯の違いって何?

歯の着色と虫歯は似ているようで全く違います。

まず歯の着色ですが歯の表面に沈着物がつくことにより、歯が茶色くなったり虫歯のように見えてしまう状態です。

今回は歯の着色汚れと虫歯の違いについて調べてまとめました。

歯着色原因

着色する原因として多いのが、主に飲食物に含まれている歯につきやすい成分です。

小さな子供さんの場合麦茶などのお茶に含まれている成分が歯磨きできれいにおとせていなかった場合などに歯に残ってしまい、蓄積されていくことで歯の表面に常に何かがついているような感じに見えてしまいます。

大人の場合にはコーヒーや紅茶、赤ワイン、タバコなどが原因で歯に着色してしまうことが多いですが、一度ついてしまった歯の着色は歯磨きで落とすことはできません。
歯医者さんで歯のお掃除をしてもらうことで簡単にきれいになりますので、歯の着色がつきやすい子供さんなどは、虫歯チェックなどの定期検診をかねて定期的に落としてもらいに行くことをおすすめします。

歯科検診は子供にも怖くないです!

虫歯治療と違って痛みもありませんし、歯のお掃除に使う電動のブラシのようなものの音もいわゆるキーンという不快な音はしませんので安心です。

小児歯科などでは、磨くときにつける歯磨き粉のようなペーストも子供が喜ぶような風味がありますので苦味などを感じることもありません。

歯の着色が歯の表面に沈着するものに対して、虫歯は歯が溶けてしまっている状態をさします。

虫歯は歯を溶かす!

一般的にむし歯のばい菌が歯を削ってしまうというイメージがありますが、食べ物を食べた後の歯垢に含まれる細菌、ミュータンス菌というものによって歯が酸性になり歯を溶かすという現象がおこっています。

歯磨きやフッ素塗布などによって酸性になっている口の中を中性に戻すのですが、酸性の状態が続いてしまうと徐々に歯が溶けていてしまいます。

むし歯は黒くて穴があくと思っている方が多いですが、初期の段階では歯の表面が白くなる脱灰という状態になります。
その状態であればフッ素塗布などによって再石灰化を目指すこともできます。

 

しかしその状態にさらに歯垢中のミュータンス菌がついている状態が続けば穴があいてしまったり、治療を要する状態になってしまいます。

 

子供さんの歯を見て部分的に白くなっているところがあるという場合には一度歯医者さんに相談に行くことをおすすめします。
奥歯や歯と歯の間は磨き残しが最も多い場所ですので、仕上げ磨きの時に気をつけてあげましょう。

 

また歯と歯の間部分はデンタルフロスを併用してきれいに磨いてあげると良いでしょう。

 

虫歯菌を除去する成分配合の歯磨き粉知っていますか?

BLISと言われる海外ではメジャーな口内細菌のバランスを整え虫歯になりにくくしてくれるんです♪

家でも使っているブリアン歯磨き粉で虫歯になりにくいお口を手に入れるのはいかがですか?

ブリアン歯磨き粉効果口コミ【ガチ検証】リアルすぎる真実とはブリアン歯磨き粉効果口コミ【ガチ体験】リアルすぎる真実とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.