ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

つまようじ法

つまようじ法は、歯ブラシの毛先を使いつまようじのように歯と歯の間などの歯垢を 押し出す要領で歯を磨く方法で、近年この方法が歯周病予防に効果があると注目されています。

歯周病というのは歯と歯茎の間に歯周病菌が自身の出す酸で溶かしてスペースを作り、その中で自身が住める環境を作り人間が食べて口の中に残った食べカスを元に繁殖をします。

通常は歯磨きをすればそぎ落とせるものはそぎ落とせるのですが、ただ歯磨きだけではすべてをそぎ落とすことはできないです。それは歯周病の原因菌の集合体である歯垢は、その歯と歯茎の奥深くにも存在するため通常の歯磨き方である横に磨いただけでは奥深くにある物までそぎ落とせないためです。

そこで歯と歯茎の間に溜まった歯垢を横に滑らせてそぎ落とした後に、このつまようじ法の縦に毛先でそぎ落とす形をすることによって歯と歯茎の間のさらに奥にある歯垢を掻きだすことができるので歯周病の進行を弱めることができます。

さらに毛先が歯肉に当たることでマッサージとなり、その効果によって歯肉は引きしめられることになり根本的な原因である歯と歯茎の間に食べカスが原因の歯垢がたまるということ自体を防ぐことができます。

つまようじ法をするメリットはやはり歯周病予防になることに間違いはないですが、
仮に症状は出始めたことの様々なデメリットにも対処できる点と言えます。

歯周病になると一番迷惑するのが口臭の問題であり、歯周病は先に言ったとおりに自身が出す酸によって歯肉を溶かしスペースを作るのですが溶かした時に出す酸には独特の臭いがあることによって息を出した時に周辺にまかれることで臭気となりスメルハラスメントの原因になります。

さらに対処せずにほおっておくと歯が抜け落ちてしまいますが、その後抜け落ちた時にはさらに住処を広げるために抜け落ちたところから全身に進行し毒性の強い酸によって臓器を傷つけ認知症や脳卒中および心筋梗塞など重い病気の発症原因にもなります。本来そうなる前に治療することが一番なのですが、その状態が初期症状であれば掻きだすだけで済みますが奥深くに侵攻した時には何度も歯医者に通わなければならなくなります。

その点つまようじ法で歯肉の奥深くの歯垢を掻きだすことで進行を弱めれば残りは唾液で殺菌できるので問題なく生活することができます。もちろんつまようじ法にデメリットがあり、それは効果があるとやり過ぎれば歯茎を傷めることになり出血する可能性はあります。ただその状態になることをあらかじめ知った上で行えば、口臭予防とその先の重病になるリスクそして何度も歯医者に行く手間を省けるので便利な健康法がと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です