虫歯菌

この菌は産まれたばかりの赤ちゃんの口の中には居ない菌です。

しかし、親の食べたスプーンなどからの唾液で感染してしまうのです。

昔は親が食べ易く噛んだ物を食べさせたりといった事に何の抵抗も持たれていなかったようですが、近年では子供が虫歯になってしまうからと避けるようになってきました。

それはこの菌が移るという事が広まってきた事にあるのでしょう。

虫歯は歯をきちんと磨かないからなるというのは勿論ですが、こういった菌の感染症が大きく関係しています。

歯磨きをちゃんとしているのに虫歯になりやすい子というのはこの菌の働きが活発な事にあります。

人が起きている間というのは唾液の分泌も盛んで、唾液によって歯の汚れなどが洗い流されるのですが、就寝中は唾液の分泌が減り、一気に虫歯菌が増殖してしまうのです。

その為、夜寝る前にはしっかり歯の汚れを落として、朝の歯磨きも忘れない様にしなければなりません。

あとは虫歯予防でよく耳にするキシリトールを摂取したり、フッ素の入った歯磨き粉を使用するのも効果的でしょう。

フッ素は歯科で定期的に塗布してもらう事もできます。

 

虫歯を防ぐ方法は?

虫歯を防ぐには虫歯菌の活動を抑える事が不可欠です。

虫歯菌の活動を弱めるには、まずは歯磨きなのですが歯磨きだけでじゅうぶんに防げる場合とそうで無い場合があります。

唾液の分泌が多い人はミュータンス菌が少ないといわれ、体質によっても変わってくるのです。

唾液の分泌が少なく、ミュータンス菌が増殖しやすい人でも菌の数を減らす事は可能です。

虫歯予防として広く知られているのがキシリトールです。

キシリトール配合の食品はよく売られており、ガムや飴などから簡単に摂取できるのが良いです。

キシリトールとは歯菌抑制効果のある天然甘味料であり、菌の動きを弱めてくれます。

その為、歯磨きと併用して摂取すれば菌が減っていくのです。

手頃な値段で気軽に購入できるので多くの人がホームケアに使用しています。

キシリトールはガムやタブレットといったイメージが大きいですが、キシリトールを多く含む食品があります。

それは、苺です。

人参やほうれん草などの野菜にも含まれていますが、苺は最も多く含まれています。

小さい子供でも苺なら喜んで食べてくれる子も多いでしょう。

食後のデザートに苺を食べて歯磨きをすれば効果的でしょう。

しかし、ガムなどの様に口の中に長く留めておくわけでは無いので、効果は若干減ってしまいます。

この記事が気になったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA