ブリアン公式サイト1回70円!49%オフキャンペーン中!お試しはこちら

低体重児の気になる発達と陥りやすい口内環境の悪化

低体重児のお子さんで一番気になるのが発達が遅くならないかということではないでしょうか。

これからどのように成長していくのか、他の子に成長が追いつくのかといった点をとても気になされている親御さんは多いです。

正期産のお子さんと比べてしまうと不安になってしまいがちですが、個人差による問題や修正月齢で計算しますので想像以上に不安になることはありません。

まず低体重児を見る時に未熟児なのか、早産児なのか、低出生体重児なのかを分かっている必要があります。

単純に早く生まれてしまっただけであるのか、何かしらの事情で特別に体重が低いのかといった点を知るために必要になります。

昔は分類することなく早産児でも低出生体重児であっても未熟児として取り扱っていたわけですけど、これらの二つは身体の状態が異なっており、子供のためにも分ける必要があるため未熟児という言葉は使われなくなってきました。

そこで早産児と低出生体重児の違いですが、一般的に出生体重が2500グラムから4000グラムが普通とされていまして、2500グラム未満で生まれてきた赤ちゃんが低出生体重児と呼ばれ、その中からさらに1500グラム未満の赤ちゃんが極低出生体重児、1000グラム未満が超低出生体重児と呼ばれ、早産児の中でも分類され、しっかりとしたケアがなされます。

このように低体重児は生まれてきた時の体重が低いために成長がどうなるのか悩んでしまいますが修正月齢で計算していけば大丈夫です。

正期産のお子さんと比較した場合に運動の発達が2か月から3か月ほど遅れているというデータがありますが、同じ日に生まれたお子さんと比較するのではなく、修正して考えてあげれば良いでしょう。

周囲の子供よりも成長が遅いと考えないことが大事であり、お母さんのお腹の中の1日は外での3日程度と呼ばれているので、早く生まれただけ成長が遅くなりますが、3歳までには発達や成長は追いつくとされているのです。

もちろん先天性の疾患がないのが条件となりますが、一般的に体重が順調に増加していけば、1歳前後であっても周囲のお子さんとそれほど変わらない状態になります。

しっかりとした発達を促したいと考えている場合は子供を家の中で閉じ込めておくよりも、外の世界に触れさせる機会を増やしたり、身体を動かすスキンシップをしたり、よく話しかけたりとコミュニケーションをとることが大事です。

低体重児は病気なども心配になりますが、専門にしている小児科のお医者さんもたくさんおり、健診をしっかりと受けて周囲と相談しながらお子さんに笑顔で接していれば成長してくれるでしょう。

そして知っていて欲しいのがお母さんの口内環境によって生まれてくるお子さんの早産や低体重児が生まれてくるリスクが上がる可能性があります。

意外なことかもしれませんが、母体の歯の影響によって早産のリスクが変わってきますので、妊娠中はしっかりとした歯のケアが必要になります。

歯肉炎になりますと、歯肉に炎症を起こすプロスタグランジン、サイトカインという物質が増加して、血液を介して子宮に送り込まれ、子宮収縮を起こしてしまうのです。

子宮収縮を起こしてしまうとお腹の中にいるお子さんはどうしても下の方に追い込まれてしまい、早産になってしまう可能性が高くなってしまうのです。

歯肉炎のない人に比べて早産になるリスクが7倍もあると言われていますから十分に注意しないといけません。

また妊娠していると女性ホルモンが増加しますが、歯周ポケットの中に含まれている唾液の中にも女性ホルモンが増加しており、歯周病の原因である最近は女性ホルモンを好んでいますから妊娠中は歯周病になりやすいのです。

妊婦の約半数以上が歯肉炎や歯周病にかかっていると言われていますので、しっかりとした歯磨きが必要であり、妊娠しているからこそ歯医者で診て貰った方が良いのです。

先ほども言いましたように早産のリスクを高めてしまいますし、元々歯周病だった場合はさらに悪化させてしまうケースが多いです。

さらに妊娠中は唾液の分泌量が減少し、自らの力で口内を洗い流す力も落ちてしまっていますから、いつも以上に気をつける必要があるでしょう。

一般的に早産になる場合は年齢であったり、喫煙や飲酒といった生活習慣によるものであることが多く知られていますが、このように口内環境の悪化によって引き起こされることはあまり知られていません。

また妊娠中だと歯の治療のための抗生物質であったり、麻酔をしたりすることは妊娠8週目以降は問題ないと言われても母体やお子さんに影響があるのではないかと心配してしまいますので、日ごろから注意する必要があります。

特に妊娠したら親しらずが腫れると言われていますので、手術が必要になることが多い親しらずの摘出は妊娠する前に行っていたほうが良いでしょう。

このように生まれてくるお子さんの成長や発達が心配であるのであれば口内環境を良くすることが大事であり、もし生まれてきたお子さんが早産であっても、周囲と相談しながら一緒に過ごしていくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.