ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

スクラッビング法

スクラッビング法は効率的に歯磨きができる方法のひとつ。

歯磨きは毎日やっている人が多いですが、磨いているからと言って磨けているとは限りません。歯ブラシの毛先が歯に当たっていないと、せっかく歯磨きしても虫歯や歯周病になってしまいます。歯磨きの方法はいくつかありますが、一番汚れを効率的に取り除けるのがスクラッビング法です。歯ブラシを歯に対して垂直になるように当てて、細かく動かす方法で、小さな子供からお年寄りまでできます。このスクラッビング法は、毛先が歯と歯の間など細かい部分まで入り込んで、汚れをかきだすので、口の中全体をきれいにすることが可能です。

慣れないうちは鏡を見ながら、どこに歯ブラシが当たっているかを確認するといいでしょう。歯には、表側と裏側、噛む面と三つ磨く場所があります。上の歯の表側をやったら裏側、最後に噛む面といったように、自分で磨く順番を決めておくと、磨き残しがなくなります。下の歯を磨くときは、唾液がたまっていると磨きにくくなってしまいます。口をゆすいでから磨くようにするといいでしょう。スクラッビング法を効果的に使うためにも、歯磨き粉にもこだわるとより一層虫歯の予防効果が高まります。毎日お口に入れるものなので、成分をよく確認して使いましょう。

 

スクラッビング法は虫歯だけでなく、歯周病など他のお口の病気を予防する効果があります。これは、スクラッビング法が汚れをかき出す効果が高いからです。歯ブラシで磨くことで、食べかすや汚れを落とすことはできますが、虫歯の菌はそのままです。細かく歯ブラシを振動させるので、大人には簡単でも小さな子供には難しいこともあります。子供の歯は、大人よりも薄いため、虫歯になりやすいという特徴があります。乳歯は抜けるから虫歯になってもいいと考える人もいますが、虫歯だらけのお口の中に永久歯が生えてきたらすぐに虫歯になってしまいます。

小さな頃からのお口の健康を守るために、歯磨きは欠かせませんが、歯磨き粉にもこだわりたいです。市販されている多くの歯磨き粉には、殺菌成分や界面活性剤、研磨剤が多く含まれていて体にいいとは言えません。発泡剤が入っているものも多く、磨いた後に口をゆすがなければ気持ち悪くなってしまう子もいます。今まではフッ素が虫歯予防に効果的と言われていましたが、最近では虫歯菌自体を除去する成分も開発されました。乳酸菌の一種で、虫歯にならない人たちが持っている善玉菌を利用し、悪玉菌である虫歯菌を減らす効果があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です