歯科検診ではわからない子どもの虫歯!あなたはちゃんとケアできてますか?

歯科検診ではわからない子供の虫歯は少なくありません。

歯が生えてきたばかりの子はもちろんのこと、少し成長した子供にとって、治療や病院通い、ましてやレントゲンすらまともに撮影することはできません。

号泣する子供を無理やり歯医者に連れていくことは、子供を持った親であればうれしいことではないはずです。しかし、毎日歯磨きをしていても虫歯になってしまうことがあります。

そうしたなかで口コミやレビューから評判が評判を呼んでいるブリアン歯磨き粉は、使い始めたら虫歯ができなくなるこということから、人気を博しています。

歯科検診でもわかりにくい虫歯のチェックと簡単なケア方法ともにお勧めしたい歯磨き粉と紹介します。

子供の歯磨きは仕上げとチェックが大切

子供の歯磨きは、子供と一緒に親もケアできているかチェックしてあげないと子供がしっかりと歯磨きをできないまま育ってしまった場合、手遅れになりかねません。

子供用ブリアン歯磨き粉を選ぶメリット

そこで、ブリアン歯磨き粉を使うことは非常に効果的です。虫歯にならない子供たちの研究から発見された原因菌の除去成分であるBLIS M18という成分を含んでいます。この成分は、虫歯にならない子供たちのトップ2%だけが持つことが発見されたBLIS M18という成分です。

ブリアン歯磨き粉に含まれたこの成分は、海外の多くの論文に掲載されている化学的に証明されているものです。

この成分は、原因菌を追い出し予防する効果があります。ですから、すでに歯が菌におかされている子供にとっても、まだ何ともない子供にとっても有効的な歯磨き粉だといえます。

このBLIS M18を子供用の歯磨き粉に日本で初めて採用したのがブリアン歯磨き粉です。

ブリアン歯磨き粉の特徴

ブリアン歯磨き粉の最大の特徴は、前述したとおり、虫歯にならない子供たちの研究から発見された成分により、原因菌を口の中から除去することです。

こうした、原因菌が3歳までに口の中に入らければ、そのまま健康な歯のままでいるといわれていますが、一度、原因菌が口の中に入ってしまった子供でもそうした原因菌を除去する働きによって、口内環境を都と寝てくれる効果があります。また、子供たちが歯磨きをしやすいように、ブリアン歯磨き粉はイチゴ味となっています。

使用満足度が驚きの97.5%と、ブリアン歯磨き粉を一度使ったことのある子供にとっては、手放せないものといえます。

こうした最新の成分を含まれた歯磨き粉と一緒に口内環境を作っていくことができるのは非常に幸せなことです。

原因菌がどんどん繁殖してしまうのはミュータンス菌や歯垢を除去できていないからですが、原因菌ミュータント菌の増加を防ぐ方法は、菌を細菌するより、良い口内環境を作ることが予防対策として大切なことだと言われています。

歯を守る口内環境を作ることができるのはブリアンの歯磨き粉だけだといえます。

子供が虫歯になりやすい、臭いが気になるの原因は

子供の歯が繰り返し悪くなるのは口内環境がよくないためです。

2歳前後で歯に異常のある子供は非常に多いため、できるだけ早い時期からブリアンの歯磨き粉を使ってよい口内環境を作ることが必要といえます。

子供の歯が悪くなるのは子供の責任ではありません。ですから、原因菌を口の中に入れないように努力するだけでなく、歯磨き粉による予防が大切だといえます。

このブリアンの歯磨き粉に含まれるBLIS M18は保管状態で菌が失われてしまう可能性があることを知っておく必要があります。冷暗所で保管すれば1年以上は使用可能です。この成分自体が死滅してしまったものを使っていても意味はありませんので、しっかりと管理しましょう。長時間の高温多湿状態を避けるようにしましょう。

また、ブリアン歯磨き粉は、毎日使い続けることに意味があります。歯の痛いところが使ってすぐ治るはずがありません。
口内環境を整えるため、最低でも2~3カ月は継続して使用しましょう。できればずっと使い続けることをお勧めします。

まとめ

このように、しっかりと口内環境や歯のケアをしてあげることによって子供が将来、歯のことで悩むことは少なくなります。ぜひ、一度ブリアン歯磨き粉を使用してみてください。悪いところのない子供にとっても予防対策効果が得られますので損することはありません。

この記事が気になったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA