ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

仕上げ磨き

人間が日々食事を行うために歯の存在は欠かせないものであり、口内に食べかすが貯まり続けると虫歯や歯周病を引き起こしてしまいます。

ごく初期の症状ならハミガキで治療が可能になりますが、進行し続けると歯を失ってしまう恐ろしい疾患なので注意しましょう。

人間の永久歯は一度抜け落ちると再び生えてこないため、歯は大切に扱う必要があります。

近年では虫歯による合併症が分かってきており、顔面神経麻痺や脳梗塞など最悪死に関わる恐ろしい病に発展すると言われます。

その為毎日のオーラルケアは必須であり、小さな子供の場合は自分で磨いたあと家族に仕上げ磨きをしてもらうことが大切です。

まだ生活の経験が少ない子供にとって、ハミガキをしたとしても不完全なものであり口内には少なからず磨き残しや食べかすが残ってしまいます。

また乳歯が抜けて生えたばかりの永久歯は虫歯になりやすいです。

また永久歯が生えると歯茎に腫れや痛みが発生して子供自身がきちんと磨けなくなりより、口内状況を悪化させてしまいます。

こうしたことを踏まえると仕上げ磨きの意味と重要性が分かり、虫歯予防と同時に子供とのスキンシップを取るためにもハミガキは子供任せにしないようにしましょう。

 

 

仕上げ磨きに関わらず、子供の使用する歯ブラシのヘッドは小さいものを選ぶと磨き残しが少なくなります。

これ以外にも子供の口内環境を整えるために必要なことは多々あり、意味や大切さを知って仕上げ磨きに取り組みましょう。

まず磨くときはブラシは歯と歯肉の境目にまっすぐ当てて、細かく振動させるようにして汚れを落としましょう。

この時プラークと呼ばれる細菌の塊である歯垢は撤去しづらいので、一箇所につき20回以上を目安に丁寧に磨くことが必要です。

また強い力で磨くと歯茎を傷つけてしまうので、ブラシの毛先が広がらない程度の軽い力で動かすようにしましょう。

歯科医院などでは下の奥歯から上の奥歯、下の前歯から上の前歯という順番にいくとスムーズに磨けるので推奨してます。

一般的には仕上げ磨きは食後に行うのが普通ですが、仕事や家事の関係で毎食後が難しいケースがあります。

その場合は夕飯後あるいは就寝前に行うとよいでしょう。

寝ている間は唾液の分泌が減り口内に細菌が貯まりやすくなるのでこの時間帯を目安にするのがとおすすめです。

起床時の口内細菌の量は夕食時と比較して約30倍もの数になると言われるので、この時間帯の仕上げ磨きの意味が分かるでしょう。

また人によって正しい磨き方が出来ない場合もあります。

最近では歯科医院によってハミガキ指導を行ってる施設もあるのでそれを活用しても良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です