ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

ローリング法

ローリング法は、歯肉マッサージもできる歯磨きの方法です。

歯磨きは私たちの日常生活のなかで1日に何度もするものできちんと行われていないと虫歯や歯周病の原因になることがあります。

そのなかでローリング法は、歯ブラシを歯に当てて水平に保ち歯ブラシを上下に回転させて磨く動作を行う方法です。そして上の歯は上から下に、下の歯は下から上に回転させていきます。
また回転させるだけでなく小刻みな振動も加えて歯とともに歯肉も含めてマッサージとブラッシングを行います。たくさんの磨き方があるなかでローリング法は主に親が子どもにやる歯磨きの方法であると言われています。

一般的には歯ブラシを上下左右に押し引きする動作をするため親が子どもにする際も比較的簡単にできますが、ローリング法は回転運動で歯を磨くことになるので、慣れるまでは多少苦戦することもあるかもしれません。

メリット

利点としては歯肉のマッサージにもなり、正常歯肉や歯列に適している点であります。

デメリット

欠点はプラーク除去には効果が低いと言われている点が挙げられます。歯と歯茎の間の掃除にはあまり適しているとはいえず、歯肉増殖や形態不良の場合は歯顎部の清掃は不良となることがあります。

これらの利点や欠点を理解してどのような磨き方をするのが正しいのかきちんと理解しましょう。

ローリング法は歯並びに合わせて磨くため歯の汚れや歯垢が落ちやすくなっています。また歯肉にかんしてはマッサージ効果から血行を良くして歯肉を健康に保つことができる予防歯科の役割もあります。注意することはローリング法の磨き方をしていたからといって必ずしも虫歯予防になるとは限らないということです。

ローリング法はさきほど述べたような効果があり非常にメリットもある磨き方ですが、その一方でデメリットもあるためこの磨き方をしていれば終わりだとは思わない方が良いです。大人であれば歯周病や口臭の心配もあるので、その都度自分に適した磨き方をしていくことをおすすめします。ローリング法で歯を磨くときのポイントは歯ブラシは歯の裏側から磨き始める、できるだけ食後にすぐ磨くようにする、夜寝る前に一番丁寧に磨くなどが挙げられます。特に歯の裏側は目につきにくいところで磨くことも難しいためつい見落としてしまいがちです。まずはここから磨きはじめて後で見えやすい場所を磨くと効果のでやすい磨き方になります。また親が子どもの歯を磨く場合はあまり強くこすりすぎないように注意してください。強くこすりすぎると歯茎が減ってしまう恐れがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です