Q.虫歯菌はどんなことでうつってしまうの?

Q&A

虫歯は大変

大人にとっても子供にとっても、虫歯は非常に厄介なものです。

ただし大人は、自分で痛みが認識できますし、それを我慢することも、あるいは治療のために歯科医院に行くこともできます。

しかし子供はそうはいきません。

痛みをうまく表現できなくて症状が悪化してしまうことも考えられますし、逆に我慢できずに親が困ってしまうこともあります。

また歯科医院に行くのも嫌と言うことも少なくありません。

ですから特に子供に関しては、虫歯にならないことがいちばんです。

そのためには歯磨きなどが必須なわけですが、それ以外で気をつけたいのが虫歯菌がうつることです。

意外に思われる方も多いかもしれませんが、実は虫歯菌は人から人へうつるものです。

そしてこれは、親と子の間のスキンシップの間でも発生し得ることなのです。

どんなことで虫歯菌はうつるのか

これは主には唾液の触れ合いによって発生します。

虫歯の親の人の唾液には虫歯菌が含まれているため、それが子供の口腔内に入れば、うつってしまうと言うわけです。

たとえばまだ自分で食事を摂取することができない子供に対しては、親が自分のスプーンを使用して食事をあげると言うことは珍しくないことです。

また親が使用したスプーンを子供がそのまま使用すると言うのは、家族間ではよくあることかもしれません。

しかしこれは、スプーンに付着した親の唾液、ひいてはその中に含まれている虫歯菌がそのまま子供の口腔内に侵入するため、虫歯菌がうつる可能性が高くあります。

それから子供への愛情が昂って、つい子供の唇にキスしてしまうと言うことも、親としてはよくあることかもしれません。しかしこれもまた、親から子供へと虫歯菌がうつってしまう行為のひとつと言えます。

これ以外にも、親がかじった食材をそのまま子供に与えることにも注意が必要です。

また特に赤ちゃんに多いのが、赤ちゃんがじゃれている中で親の口の中に指などを入れてしまい、そしてその指を再び、おしゃぶりしてしまうと言うのも、結局、唾液のやり取りがされているわけですから、虫歯菌がうつる可能性がある行為だと言えます。

歯磨きの重要性

しかしそうは言うものの親から子供に対するスキンシップは、
子供の情操教育のためにも、そして思い出作りのためにも必要なことです。

ですから大切なのは、虫歯菌をうつしてしまうことを過度に恐れることではなく、その後、子供が虫歯にならないように気をつけることです。

そのためにはやはり、子供に対して正しい歯磨きを教えること、また歯磨きの習慣を持たせることが重要です。

まとめ

ブリアン歯磨き粉を使うのも虫歯予防の一つになり得るのではないでしょうか。ブリアンだけでも防げませんが、一つの対策として検討されてみてもあり、なしかと考えれば「あり」です。フッ素と併用しブラッシングにも力を入れてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください