ブリアン公式サイト1回70円!49%オフキャンペーン中!お試しはこちら

子供の歯磨き後、まだうがいができない時はどうするのが正解?

大人は簡単にできるうがいでも、子供にとっては難しいこと。

少量だから大丈夫と言われれる歯磨き粉の成分は飲み込んでも平気なんでしょうか?

最近話題のトランス脂肪酸。欧米先進国では規制があるのに日本は規制がないんですよね。。。

取捨選択が必要な世の中ですが、実は本当に怖いことが多くありますよね。

「歯磨き粉はどれも一緒?」と考えていませんか。

まなごん

成分によく目を向ける必要があります。

実は大人が平気な量でも子供には害になることもあるんですって。

フッ素は低濃度なら安心というものも長期間とることで現れる影響もあるそうです。歯科医師のサイトだったのでなるほどと納得して読みました。

ただし誰でも同じとは言えないっていうのはホント。

まだうがいができない子供の場合、飲み込んでも大丈夫な歯磨き粉を選ぶ必要があります。

今回は子供がうがいできないときの歯磨きあとに、どうするのが正解か調べてまとめました。

飲み込んではいけな歯磨き粉15の特徴とは?

飲み込んはいけない歯磨き粉の特徴はどのようなものがよいのでしょうか。

  1. 殺菌剤
  2. フッ化ナトリウム
  3. 界面活性剤
  4. 発泡剤
  5. 研磨剤
  6. 刺激
  7. 保存料
  8. パラベン
  9. グリセリン
  10. 合成着色
  11. 保存料
  12. ポリエチレングリコール
  13. ラウリル硫酸ナトリウム
  14. 酸化防止剤
  15. シリコン

まだうがいができない子供に使う歯磨き粉は、このような特徴をクリアしたものを選ぶのがいいと判断しています。

まず第一に考えなければならないのは、子供の健康を守ること。

歯磨き粉に配合されているフッ素=「フッ化物」は毒劇物扱い、薬事法で厳しい使用濃度や管理されています。

ネットで調べても「うがいができないときの歯磨き粉」について説明がないし、歯医者ではフッ素入りを使えば大丈夫って言われるからね。。。

歯の強化にフッ化物がいいのはわかっていても不安になる気持ちわかります。

まなごん

私個人の判断としては、うがいができるまでは飲み込んでも安全な歯磨き粉を選びたいですね。

 

うがいは苦手だけれど、「ペッ」と出せるなら使いたいのがこれ

ですが、フッ素は歯質を強化するもの使う!という方針の方もいらっしゃると思います。お薦めを挙げるとすればチェックアップフォームが当てはまります。

フッ素が配合されていて研磨剤が入っていない歯磨き粉。

さらに泡状で歯全体にしっかりフッ素を行き渡らせることができます。

ブラッシング後には軽く吐き出す、もしくは水で口を漱ぐとあるので使用量にも注意するべき。

参考:チェックアップフォームの使用方法

子供が歯磨き粉を1本誤飲する自体が難しいと考えられていますが、子供用歯磨き粉は美味しくできているので注意が必要。

うがいができるようになるとジェル状の歯磨き粉を使用しても構いませんが、それでも研磨剤の入っていないものがおすすめです。

歯磨きは虫歯予防を念頭に

歯磨きの一番の目的は虫歯を予防することです。

歯と歯茎の健康を守り、虫歯の原因となる菌を洗い流すことが大切なポイント。

有害な薬剤を飲み込んだり、研磨剤でまだやわらかい歯を傷つけるといった歯磨き粉では本末転倒ですよね。

また、子供のころにしっかり歯を磨く習慣をつけさせてあげることも大切。

歯磨き粉を飲み込んで嫌な思いをしてしまっては、歯磨きが嫌いな子供に育ってしまうかもしれません。

何度も練習させるためにも、安全な歯磨き粉を使うことをおすすめします。

子供にとって安全な歯磨き粉を選ぼう

まだうがいができない子供の場合、うがいを手助けするよりも自分でうがいができるように促してあげることが大切です。

そのためには、やはり安全な歯磨き粉を使うのが一番

まだ幼くやわらかい歯に刺激とならないような、研磨剤の入っていない歯磨き粉を使うだけでなく、飲み込んでも安心な成分内容の歯磨き粉を選びましょう。

失敗しても大丈夫と子供に思わせてあげることで、何度も歯磨きにチャレンジすることができます。

歯磨きがきちんとできたらしっかり褒めてあげることで、子供も歯磨きをすることが楽しくなり、自然と習慣を身に付けることができるはずですよね。

海外の製品は体をよく考えられている歯磨き粉が多くあり、その一つがヴェレダという歯磨き粉です。

子供用歯磨き粉ヴェレダってどんな歯磨き粉?子供用歯磨き粉【ヴェレダ】はどんな歯磨き粉?

子供には国産を使いたい!

という方もいらっしゃいますよね、次で我が家でも使っている歯磨き粉を紹介しています。

まとめ

子供がうがいができないときにどうするべきかについてまとめました。

子供の体の害を考えるのが親としての努めですから、うがいができるようになるまでは成分には注意したいなと思いました。

市販の歯磨き粉に含まれる界面活性剤は環境ホルモンより怖いという話も見つけました。

参考:ラウリル硫酸ナトリウムが味覚細胞を破壊する

最後になりましたが、私が安心して使っている歯磨き粉を紹介しますね。

子供用の歯磨き粉として人気のブリアン歯磨き粉です。

ブリアン歯磨き粉子供の歯や口内環境のことを考えられた成分となっており、歯に優しく口内環境を守ってくれます。

飲み込んでしまっても大丈夫な安心な成分内容というのも嬉しいですね。

年齢別に販売されているので、お子様の成長に合わせて徐々に歯磨き粉に慣らしてあげることもできます。

研磨剤や発泡剤も含まない「ブリアン歯磨き粉」をお試しください。

返金保証があるので損せずお試し感覚で始められますよ。

当サイトではブリアンの使用感や使い方、問い合わせについても詳しくまとめているので合わせてチェックしてみてくださいね。

まなごん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.