ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

Q.歯磨きを嫌がる我が子、押さえつけてでもするべき?

歯磨き嫌がる

子供の虫歯が心配だから嫌がるのに、無理やり歯磨きをさせるというものは抵抗があると感じますよね?

子供の歯の特徴は柔らかく弱く虫歯の進行が早いため、
無理にでもまずはやらせることが大切です。

歯磨きを嫌がる我が子の歯磨き、押さえつけてでもするべきか、歯磨きを嫌がる際の対策をまとめました。

自我の芽生えを尊重してみよう

嫌がるのは一歳から二歳にかけて、自我が芽生えることで、自分の意思を訴えるようになります。

歯磨きそのものに対して嫌がるわけではなく、考えられる点が2点あります。

  1. 自分で歯ブラシをもって磨きたいだけ
  2. 真似したい

自分で歯ブラシをもって磨きたい

親からすると我が子の慣れない手つきで、歯ブラシするのは大きな怪我に繋がるのでは・・・と心配なもの。

親の心子知らずというもので、自分で持ってやりたいだけという場合もあります。

案外自分でもたせてみたら口をあけてやってみるということも。

真似したい

この時期は、真似したがる時期なので、
自分が磨いていれば子供も真似するということもあります。

無理やりやらせるというより、
自然にやるようにもっていく方法も嫌がる子供には有効です。

歯磨きを嫌がる場合の対策は?

歯磨きを嫌がる場合どうしたらいいんだろう・・・。

虫歯になったらどうしようと不安になりますよね。

歯磨きを嫌がる場合の対策をまとめました。

  1. 楽しい動画を見せる
  2. お気にいりの歯ブラシを見つける
  3. 歯ブラシのヘッドは柔らかめ(soft)を選ぶ
  4. 周囲も歯磨きは楽しそうにしてみる
  5. 絵本を使う
  6. 子供が好きなフレーバーの歯磨き粉を選んでみる

楽しい歯磨き動画を見せる

楽しい歯磨きの動画を見せるというのも効果的な方法です。

楽しい動画をみることで自分からやりたいと思わせることもひとつの手です。

赤ちゃん歯磨き動画お薦めはコレ!赤ちゃんの歯磨き動画お薦め!一度は試したい歯磨き動画はこちら

お切りに入りの歯ブラシを見つける

また、お気に入りの歯ブラシを与えるということも効果的です。

さまざまなキャラクターの歯ブラシが売っているため、
その子の好きなものを与えることで自然とやる習慣をつけることができます。

歯ブラシのヘッドは柔らかめ(soft)を選ぶ

最初の歯ブラシは、柔らかくヘッドが小さい子供用のものを使うことが大切です。

磨きにくいとそれがストレスとなって嫌がる原因となってしまいます。

周囲も歯磨きを楽しそうにしてみる

子供の周りで歯磨きを楽しそうにやっているのを見ていると、
一緒にしたくなるものです。

なので楽しそうにやっている姿を子供に見せてみるということも、
自然に歯ブラシを口に入れるきっかけとなる場合があります。

絵本を使う

子供が疑問に思っている場合は、
大切さを理解させるということも必要となります。

絵本などでも虫歯が怖いということがわかるため、
嫌がる子供に読み聞かせることも大切さを理解させるきっかけとなります。

歯磨き嫌い 絵本歯磨き嫌いの絵本選びのコツ!

子供が大好きなフレーバーの歯磨き粉を選んでみる

子供が歯磨きを嫌がるときは、我が子の大好きな味の歯磨き粉を試してみるのも歯磨きをスムーズにする方法の一つです。

フッ素の利用は歯科医師の指導の元利用はするのがお薦め。

「飲み込んだり」、「口の濯ぎができない」といったこともある不安になります。

無添加な飲み込んでも大丈夫な歯磨き粉を選んでみましょう。

おすすめ:ブリアン歯磨き粉(イチゴ)

おすすめ:ドルチボーレ(グレープ)

まとめ

1歳から3歳のお子様にとって、決まりというのは大きな苦痛となってしまい、
特に2歳頃には決まりに対して反発することも多い歯磨き。

決まりとはせずに、しなければどうなるのかということを脅かすわけではなく、
虫歯についてしっかりと伝えることも大切です。

この頃のお子様は話に対して理解はあまりしていない年齢ですが、
話の内容についてまったくわからないというわけではありません。

怒るよりも話せば一部でもわかってくれるため、
恐怖を与えるわけではなく話すことが大切です。

それでも嫌がる場合は、
とにかく根気良く続けることが大切です。

少しずつでも良いので、
絵本や動画などで大切さや楽しさを教えることで、
自分からすすんでするようになりますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です