ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

プラーク

プラークは、食べ物の残りカスを始めとして、細菌や細菌が出した分泌物、そして水分で構成されています。

食事の後に歯に残る歯垢は、正にプラークその物で、口腔清掃の基本といえる存在です。

プラークが引き起こす原因

食後に歯磨きをしなかったり、不十分なケアで歯垢を残すと、プラークは口腔内で様々な問題を引き起こします。

虫歯や歯周病は、歯垢が主な原因と考えられているので、これを十分に取り除くことが大切です。

プラークは口臭にも発展するので、食べかす可能な限り落とし、後は歯科クリニックでチェックしてもらうと良いでしょう。

プラークが歯に付着して時間が経過すると、歯石と呼ばれる状態に変化します。

プラークの歯石化

歯石は石灰化しているので、歯ブラシでは落とせなくなり、歯石の内部で口内の問題を引き起こす細菌が増殖します。

 

更には、歯が酸性状態になりやすくなるので、虫歯の原因にもなります。

 

付着する部分が、表面に限られるのであれば、歯科クリニックで比較的簡単に落として貰えます。

 

しかし、大切なのは歯石になるのを防ぐことで、念入りにブラッシングを行い清掃する必要があります。

 

子供の場合は特に、口腔内のケア習慣が重要で、大人になっても歯を大切にする姿勢を身につけることが、歯を守る秘訣といえます。

 

歯の表面は、歯垢をブラッシングで落としやすい部分ですが、噛み合わせの溝や歯間になると難しくなります。

 

特に歯の間は、歯並びが磨き安さに関係するので、歯ブラシだけでは十分に落とせないことがあります。

歯の病気を防いだり、痛さや不快な症状に悩まされない為に、歯ブラシと歯間ブラシによる清掃が重要視されています。

プラーク除去方法

プラークは、歯科クリニックが重視するケア対象の一つで、虫歯や歯周病が初期なら、歯ブラシの使い方指導が行われます。

勿論、プラークが蓄積して歯の病気が悪化した時も、同様にブラッシングの指導を受けることが出来ます。

ただ、大人になるまで歯垢を落とす重要性を知らないのは、歯という財産を守る考えると欠点になります。

歯垢は歯の隙間に入りやすく、表面にも良く付着するので、食事の際に硬い物を食べたり、食後のブラッシングでプラークコーントールする必要があります。

注意点としては、食後直ぐに歯磨きをするのではなく、酸性状態の口内が落ち着いてから、丁寧なブラッシングでプラークを除去すると良いでしょう。

歯磨き粉はプラーク除去の補助的な存在になるので、子供の歯の健康を守る為には、味が好みでブラッシングしやすい商品を選ぶことがコツです。

子供が好む味で選んだり、効果が証明されている虫歯予防成分を含む商品を用いて、自発的に歯磨きをしたいと思って貰うことがポイントです。

詳しくはこちらへ

プラーク,除去,方法
[blogcard url=”https://www.xinlunet.com/”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です