ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

歯周ポケット

歯周ポケットというのは歯と歯茎の間にできる小さな隙間を指します。

口内を健康な状態に保つためには、歯自体を綺麗にしておくだけでなく、その歯の根元にある歯周ポケットも綺麗にしておかなければいけません。

ポケット部分に食べ物の残りカスが入り込んでしまうと、その残りカスを細菌が餌にし続けて、歯磨きをしただけでは虫歯対策が行えなくなる場合もあります。

子供の頃から歯茎の隙間に汚れを溜め続けていたせいで、大人になってからも歯周病が何度も起きるようになったという人も珍しくありません。

歯周病によって歯茎にダメージを負ってしまったせいで、次第に歯茎のサイズが小さくなってきて、歯が飛び出してみえるようになったという人もいます。

食べ物の残りカスなどが歯周ポケットに入り込み、細菌が繁殖しやすい状態を放置していると、口臭が悪化してしまう一方です。

しっかりと歯を磨いているつもりなのに、口臭が一向に消えないという方は、歯茎の隙間が原因になっている可能性もあります。

汚れを放置している事によって歯茎の色合いまで変化してきて、黒ずんだ歯茎のホワイトニングを受ける事になってしまったという人も多いです。

まだ口内の病気を患っていないうちでも、歯周ポケットは丁寧に洗うように意識しなければいけません。

 

子供の歯を大事にしたいなら

小さなお子さんの歯周ポケットを綺麗にしたいと考える親御さんは、なるべく刺激の少ない歯磨き粉を選んであげるように意識してください。

あまり刺激が強い歯磨き粉を選んでいると、歯茎に刺激が加えられただけで、お子さんが歯磨きを嫌がるようになってしまいかねません。

お子さんに小さなうちから、歯周ポケットを洗う事は気持ち良いという意識を植え付けておくと、虫歯や歯周病対策も行いやすくなります。

歯茎の洗い方が雑になってしまうと、それだけで歯石が出来上がるリスクが大幅に増加してしまうので注意が必要です。

歯石は口臭の原因になってしまいますから、お子さんの口内に虫歯が出来ていないからといって安心しないようにしてください。

歯周ポケットを綺麗に洗えるように、毛先が細い歯ブラシと低刺激の歯磨き粉を使って、お子さんが歯磨きを行える環境を作り上げましょう。

お子さんが歯周ポケットを丁寧に磨いているにも関わらず、口臭が少しも改善されない時には、お子さんの呼吸方法をチェックしてみてください。

もし口呼吸を続けているようであれば、それが歯周ポケットの雑菌の数を増やす原因になっている場合もあります。

唾液ではなく空気が歯茎に触れ続ける事によって、唾液が持っている殺菌作用の効果も薄くなり、細菌が増え続けてしまう事も珍しくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です