ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

乳歯の虫歯治療方法ってどうするの?知っておきたい予備知識

乳歯 虫歯 治療

乳歯がもしも虫歯になってしまったら・・・どうやって治療するんでしょうね。

もがく子供を羽交い絞めにして耐えさせるのでしょうか。

考えただけで、「ゾッ」としてしまいます。

今回はもしも乳歯が虫歯になったら、乳歯の虫歯治療法についてまとめてみました。

乳歯について

乳歯

人間の子供の頃には合わせて20本の歯があります。

これを乳歯と呼びます。

乳歯は生後6か月から8か月の頃より、
下顎の前歯から生えてきて3歳までには全て生え終わる場合が多いです。

乳歯は永久歯などと比較した場合、
エナメル質が薄く柔らかいのが特徴で全体的に歯は小さく青色や乳白色を示します。

顎の骨が成長していくにつれて、
歯と顎の大きさがアンバランスになってしまうことを防ぐために乳歯は永久歯に生え変わります。

結局抜けてしまうのだから、
乳歯は虫歯になってもいいのか?と思うかもしれませんがそうではありません。

乳歯は後から生えてくる永久歯を導くという重要な役割を持っているため、乳歯が虫歯になって抜けてしまった場合は歯並びが悪くなってしまうのだそうです。

乳歯の虫歯はどのように治療するのか?

乳歯 虫歯

乳歯は永久歯に比べて歯質が弱く、厚さも2分の1しかないんですって!

そのため、乳歯が虫歯になった場合その虫歯は極めて早く神経まで進行してしまう。

従来の虫歯の治療法の場合、
虫歯を削る際に取り残しが無いように周辺の正常な部分まで削る「予防拡大」を行うのが普通でした。

また、詰め物やかぶせ物をする場合、
周辺の歯まで削っています。

しかし乳歯の場合歯の厚みがとても薄いために虫歯が神経にまだ達していないにも関わらず、
周辺の歯まで削ってしまえば神経を露出させてしまう危険性があるのです。

これを防ぐために新しく生み出された治療法がMinimal Intervention(ミニマル・インターベンション)治療法、通称「MI治療法」というもの。
これは最小の治療によって最大の効果を得ることを目的に作られた、乳歯にやさしい新しい治療法だというのです。

MI治療法はどのような効果をもたらすか?

上記で触れましたが、従来の治療法では周辺の正常な歯まで削る場合が多くありました。

このMI治療法は今ある歯を可能な限り削ることなく保存して、
それにより生まれ持った歯の寿命を長くさせることが出来るという効果があります。

この治療法は基本的には虫歯の部分のみを削り、
削って空いた穴に接着性レジンという材料で埋め合わせます。

この接着性レジンは周辺の歯と同系色のプラスチックなため、
目立つこともなく歯に取り付けることによって歯と一体化させることが可能な極めてすぐれた材料なのです。

このMI治療法によって乳歯に対する負担を可能な限り減らすだけでなく、
治療後も虫歯になる可能性は極めて低く歯の寿命も長くなります。

また少ない治療回数で完成するため経済的なメリットが大きいのも特徴といえます。

乳歯を虫歯にさせないことが最も重要

乳歯虫歯予防

MI治療法のような画期的な治療法が生み出され、乳歯の虫歯治療も大きく進歩したといえますよね!

乳歯は虫歯になった場合のリスクが永久歯より非常に大きい事には変わりはなく、虫歯にならないようにあらかじめ予防しておくことが大切です!

もしも歯磨きを習慣化できていないなら、歯磨きの習慣化に優れた歯磨き粉があります。

ブラッシングを身に着けること。これがまず初めに乳歯の虫歯予防です。

フッ化物の利用を控えたい方にもオススメの歯磨き粉。それがブリアンです。

当サイトでは、ブリアンを2年目継続中の効果をまとめています。ご興味のある方は合わせてチェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です