ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

永久歯が見えてるのに抜けるはずの乳歯が抜けない!抜けない理由と対策は?

生まれたときには生えていなかった歯も、大きくなるにつれ少しずつ生えてくるようになります。歯は食事をするときにも必要になるものですし、健康を守るためにも必要なものになりますので、虫歯にならないようにして大事にしていかなくてはなりません。そして、乳歯が生えた後には、今度は乳歯が抜けて永久歯が生えてくるようになりますので、幼稚園の高学年くらいになってきたら、子供の葉から大人の歯へと徐々に生え変わっていくようになります。

永久歯が見えているのに乳歯が抜けない

子供の歯磨きをしているときには、歯が揺れて抜けそうになってきているのも確認が出来るようになりますが、よく見てみると、下から永久歯が生えてきているようなのに、いつまでたっても乳歯が抜けそうにないということが起こる場合があります。下から見えているということは、そろそろ抜けないといけないはずなのに、抜けないというのはどういうことなのでしょうか。

乳歯が抜けない原因として考えられるのが、永久歯が斜めに生えてきている場合があります。すべてがこの原因ではないですが、可能性として考えられるでしょう。乳歯が抜けない場合には、今がどんな状態なのかによっても対策の仕方に違いが出てきます。すでにグラグラ揺れているのであれば、しばらく抜けるまで様子を見てみてもいいでしょう。

かなり揺れているのであれば、もうしばらく待てば自然に抜けてくるはずですので、無理に歯医者に行く必要もなさそうです。ほとんど揺れもないような状態であれば、いつになれば抜けるのかということになりますので、心配になってくるはずです。

永久歯が生えてきて痛みがあればすぐ歯科医へ

子供が痛みを訴えていたり、出血があり、食事もしづらい状態の場合は、一度歯科に相談をしてみるのもいいでしょう。あまりにも痛がるようであれば、食事が出来なくなり、健康状態にも影響が出てくることになりますので、かかりつけの歯医者に行き、どんな状況なのかを確認してもらわなくてはなりません。

永久歯が生えてきていたとしても、必要以上に早く抜歯をしてしまうのは、今後の歯並びに影響をしてくることになりますので、気を付ける必要があります。抜歯をすることによってばい菌が入るようなことになってもいけませんので、抜歯は慎重に行うべきだからです。歯並びが悪くなってしまうと、今後の生活にも影響が出てくることになりますし、矯正をするのであれば費用や時間も必要になります。今後のことも考えてくれる歯医者を選ぶようにして、きちんと説明を受けるようにしましょう。説明もなくいきなり抜歯を進めてくるような歯医者であれば、信頼が出来るとは言えません。

子どもにとって一番ベストな方法を考えてくれ、親としても納得が出来る方法で、進めて行ってもらわなければならないでしょう。

乳歯の状態を常に確認しよう

子供の歯がどんな状態になっているのかも、毎日仕上げ磨きを親がするようにしておけば確認が出来るようになりますので、早くどんな状態になっているのかを気づいてあげるようにしましょう。

発泡剤が含まれている歯磨き粉は磨いた感じを特に強調しがちです。発泡剤が含まれていないブリアン歯磨き粉を使ってみるのもよいのかもしれません。毎日の歯磨きで状態をチェックしておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です