ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

ただ歯磨きしているだけじゃダメ?虫歯予防の正しい歯磨き粉の選び方と使い方

虫歯予防 歯磨き粉

多くの人は、たいてい1度は虫歯を経験したことがあるでしょう。虫歯になると、失った歯の代わりに詰め物や銀歯、インプラント、そして入れ歯などで補う必要が出てきます。

その上、毎日しっかりと歯磨きをしているという人の歯にも、虫歯予備群の可能性があるといわれています。

つまり、単に歯磨きをしているだけでは虫歯対策として不十分なのです。歯は一生付き合っていく体のー部だからこそ大切にしたいですよね。

そこで、今回は虫歯予防に効果的な歯磨き粉の選び方や使い方、そして、子どもや乳幼児におすすめの歯磨き粉「ブリアン」にもフォーカスして説明していきます。

しっかり磨いているつもりでも… 虫歯になるのはなぜ?

効果的で正しい虫歯予防を行うためには、まずは虫歯のメカニズムについて詳しく知る必要があります。

食後、歯磨きをしないと歯の表面に食べ物の残りかすなどが固まり、蓄積していきます。これが、いわゆる「歯垢」と呼ばれるもので、別名「プラーク」です。

プラークのなかにはさまざまな細菌が潜んでいます。

そして、そのなかでも虫歯に直結する菌として有名なのが、「ミュータンス菌」と呼ばれる細菌です。

この細菌は歯の表面に住みつき、プラークのなかで繁殖し、そして、糖分を栄養に酸を出して歯のエナメル質を溶かします。

こうして、プラークのなかに潜んでいるミュータンス菌が直接的な原因となって虫歯が発生します。

しかも、ミュータンス菌は水に溶けない粘着性の液体を出す性質があるため、歯磨きをするだけではなかなか落ちません。

つまり、1日の終わりにブラッシングをしっかりと行い、ミュータンス歯が繁殖する前に歯垢を落とすことが大切なのです。

実際に虫歯になる原因のひとつとして、歯磨きをしないでそのまま寝てしまうなどの毎日の生活習慣があげられています。

そのほかに、甘いものも虫歯になりやすい原因といわれています。

その理由は、普段の食事に加えて、甘いものを飲んだり食べたりした分の糖分が歯につくため、より酸を出しやすい環境を作り出すからです。

したがって、虫歯の進行スピードをいっそう速める結果となります。

虫歯予防は歯ブラシが基本!マスターしたい正しいブラッシング法

虫歯は毎日のブラッシングが正しく行われていないために発生するケースが多いです。

したがって、ブラッシングの正しい方法で知った上で歯磨きを行うのが基本的で、しかも効果的な虫歯対策といえるでしょう。

ブラッシングをするときは、歯ブラシの毛先がきちんと歯と歯の間、歯と歯茎の間にあたっていることを確認してから行います。

また、虫歯菌の温床になるプラークがつきやすいのは歯と歯の間や、歯と歯茎の間です。

そのため、この狭い部分には意識的に毛先を当てないと十分にブラッシングをするのは難しいといえます。

ただし、磨く力が強すぎると歯茎を傷つけてしまう恐れがあり、その上、歯肉炎などの病気の原因となる可能性もあるので注意が必要です。

したがって、歯ブラシは毛先が広がらない程度の軽い力で5~10mmの幅を目安に小刻みに動かし、そして1、2本ずつ歯をブラッシングします。

歯茎に対しては45°の角度に毛先をあてて、5mm幅程度に動かします。

それから、プラークを取りきるために歯ブラシは1カ所につき20回以上丁寧に動かし、さらに目安の時間は3分以上です。

そのほかに「奥歯のかみ合わせ」、「歯並びがでこぼこしている所」、「生えている途中の歯」も、プラークがつきやすい場所なので、歯ブラシの毛先を届かせるように意識して、丁寧に磨くように心掛けましょう。

プラスアルファで予防するには虫歯予防に適した歯磨き粉選びを

毎日歯磨きを行い、さらに虫歯予防の効果を上げるためには歯磨き粉の選び方にも気を配る必要があります。

なかでも虫歯予防に大きな効果がある歯磨き粉として有名なのはフッ素配合の歯磨き粉です。

フッ素には虫歯で溶けてしまった歯のエナメル質を強化し、再石灰化を促進することで歯を修復する効果があります。

また、虫歯菌の活動を抑制する効果も認められているため、歯科医院では虫歯対策としてフッ素の塗布が行われています。

そして、フッ素配合歯磨き粉を選ぶときは、商品の裏面の成分一覧を確認しましょう。

歯磨き粉に用いられているフッ素は商品によって異なりますが、フッ化ナトリウムやフッ化リン酸ナトリウム、モノフルオロリン酸ナトリウム、フッ化第一スズが一般的です。

そのほかに、虫歯菌だけでなく、歯周病菌などのリスクも軽減させるために殺菌効果の強い歯磨き粉を選ぶことが重要になります。

そして、殺菌効果の強い歯磨き粉を選ぶときは、酸クロルヘキシジンやトリクロサン、塩化ベンゼトニウムが配合された歯磨き粉を選ぶようにしましょう。

それから、フッ素配合歯磨き粉の効果を高めるには正しいブラッシングをすることが必要です。

どれでもいいわけじゃない… 歯磨き粉を選ぶ時の注意点

歯磨き粉を選ぶ際には注意する点があります。

まず、確認する必要があるのが研磨剤の有無です。

研磨剤は、歯の表面にあるプラークを落とすために配合されるもので、研磨剤入り歯磨き粉の方が歯の表面の汚れは落ちやすくなります。

しかし、目で見て分かるほどにたくさん研磨剤が入っているものは汚れを落とすだけでなく、歯の表面を傷つけてしまう恐れがあるのです。

その上、歯の表面に細かい傷がつくと、黄ばみを落とすために配合されている研磨剤が逆に黄ばみの原因となるケースもあります。

また、発泡剤の有無についても確認しておきましょう。

発泡剤というものは、その名の通り泡立ちを良くするものです。

ブラッシングの際には泡立ちが良い方が磨きやすいという人もいるでしょう。

ただ、泡立ちが良すぎると「たくさん磨いている」という錯覚に陥りやすく、磨き残しが多くなってしまいがちです。

そのほかに、泡立ちが良すぎると口内が泡だらけになるので磨きづらく、したがって、歯磨きの時間が短くなるという結果にもつながります。

使うなら効果的に!虫歯予防の歯磨き粉を使うコツ

虫歯を予防するための歯磨き粉選びが終わったら、実際に使ってみます。

歯磨き粉を使う際には必ず毎日使い、そして、一定期間継続して使用することが必要です。

これはフッ素配合歯磨き粉も、また殺菌効果の強い歯磨き粉にも同様といえます。

つまり、1度や2度の使用のみで歯が強くなったり、殺菌効果が得られたりするものではなく、しかも、その効果を最大限得るためには継続した使用が大切です。

それから、フッ素配合歯磨き粉は1日2回以上用いることでその効果を最大にすることが可能といわれています。

したがって、朝起きた後と夜寝る前の1日2回を目安に習慣化することを心掛けましょう。

とくに、虫歯菌がもっとも活発になりやすいとされている就寝前には必ず歯磨きを行い、さらにフッ素配合歯磨き粉を用いるようにします。

歯磨きをするときは、歯ブラシに歯磨き粉をつけすぎず、1cmから2cm程度を毛先に乗せてブラッシングを行った後、最後に口をゆすぎます。

ちなみに、口をゆすぐときはフッ素を口のなかに残すため、1回で十分です。ただ、1度では気持ち悪いという人もいるでしょう。

しかし、何度も流すと口のなかのフッ素が流れてしまうので、歯の健康を保つためにはフッ素をある程度残しておくことが大切なのです。

虫歯予防の歯磨き粉って親子兼用OK?

虫歯予防に効果的なフッ素配合歯磨き粉や殺菌効果の強い歯磨き粉には、大人用と子ども用があります。

家族で虫歯予防を行う場合には、ひとつで完結させたいと思っている人もなかにはいるでしょう。

しかし、親と子で歯磨き粉の兼用をするのはおすすめとはいえないのです。

子ども用の歯磨き粉には、子どもが歯磨きをしやすいように甘いフレーバーが配合されています。

この甘いフレーバーは虫歯菌の活動を活発にするものではありませんが、大人が使用する場合には不必要といえます。

また、子どもが大人用の歯磨き粉を使う場合についても、大人用の歯磨き粉には研磨剤や発泡剤が含まれていることが多いため、磨き残しや雑なブラッシングに繋がりやすくなるのです。

そのほかにも、歯の表面を削ってしまう可能性があります。

その上、大人と子どもでは口の大きさや歯の大きさも当然異なってきますので、歯磨き粉の作りも大きく違います。

したがって、家族で虫歯予防を行う場合には大人と子どもを分け、それぞれに合ったものを選ぶようにしましょう。

子ども用のフッ素入り歯磨き粉ってある?

フッ素に歯質強化の働きがあることが分かってからは、市販の歯磨き粉にもフッ素入りのものが多くなりました。

子ども用の歯磨き粉でも、その数は増加傾向にあり、市販されているものの大半にフッ素が配合されているといってもよいでしょう。

また、日本の基準においてはフッ素配合歯磨き粉のフッ素濃度は1000ppm以下とされています。

これは高濃度のフッ素の摂取によって、吐き気、腹痛、下痢などの急性中毒症状があらわれることが明らかにされているからです。

このフッ素濃度に関しても、大人と子どもでは大きく異なります。

実際に市販されているフッ素配合歯磨き粉の成分値を確認してみると、大人用の場合は900ppm、子ども用の場合は500ppmと100ppmであることが分かります。

このように、子ども用と大人用では、倍近くも濃度が違います。

とくに、子どもはブラッシング中に歯磨き粉を誤飲する可能性もあるため、フッ素が意図せず体の中に大量に取り込まれないように必ず分けて使うようにしましょう。

安全面が心配… フッ素って危険なんじゃないの?

フッ素には、継続して使うことによって虫歯予防の効果があるといわれていますが、一方、危険性やリスクがあることも指摘されています。

その代表的な研究結果が、明海大学の筧光夫教授が発表した『生体アパタイト結晶形成機構とフッ素イオンの影響について』です。

このなかで、2000年までの調査では虫歯の減少効果のデータが得られたものの、それ以降は効果が見られなくなったことが取りあげられました。

また、高濃度のフッ素を摂取すると、腹痛や吐き気などの急性中毒症状に見舞われるというケースも指摘されています。

そのほかに、低濃度でも長期間の使用を続けるとあらわれる中毒症状に対する懸念点もあげられています。

この結果を知ったために不安を感じている人もいるでしょう。

確かにフッ素が体に与える影響は指摘されていますが、それは高濃度のフッ素を意図的に摂取した場合です。

その上、日本の基準で定められている1000ppm以下であれば体に与える影響はなく、安全性は保障されています。

したがって、市販の歯磨き粉に含まれているフッ素の危険性を心配する必要はないのです。

それでもフッ素は不安という人に… ブリアンなら安心して歯磨きできる!

市販のフッ素配合歯磨き粉に含まれているフッ素は体に影響はないと分かっても、やはりフッ素は心配という人には「ブリアン(Brian)」という歯磨き粉がおすすめです。

ブリアンは虫歯になりづらい子どもたちから発見された「BLIS M18」という善玉菌が配合されています。

BLIS M18を発見したのは、ニュージーランドのオタゴ大学名誉教授のジョン・タグ博士です。

この善玉菌は粒子が非常に細かいため、プラークが溜まりやすい歯と歯の間などの細かい隙間にも入り込み、確実に歯垢を除去してくれます。

そして、殺菌剤や発泡剤、界面活性剤などはBLIS M18を死滅させるので不使用です。

したがって、生きたままのBLIS M18を体に届けられて、また、体にやさしい成分だけで作られています。

そのため、子どもや乳幼児でも安心して使用できるのも大きな特徴です。

さらに、ブリアンはほかのペースト状の歯磨き粉とは異なり、粉状なので小さな子どもでも使うことができます。

とくに乳幼児の場合は、親が指に巻いたガーゼにブリアンをつけて磨くことができます。

ちなみに、ほかの歯磨き粉と兼用する場合は最後にブリアンを使いましょう。

そのほかに、ブリアンは口を水でゆすぐ必要がなく、唾液を吐き出すだけで大丈夫なので、うがいのできない子どもも使うことができます。

しかも、子どもが親しみやすいイチゴ味のフレーバーなので、毎日続けることが可能といえるでしょう。

まとめ

虫歯予防において、一番重要なのは結局のところブラッシングです。

まずは、正しいブラッシングの方法を身につけ、さらに毎日プラークを落とすことによって、虫歯のリスクは必ず減少していきます。

また、ブラッシングで確実にプラークを落とすためには、虫歯予防に効果的な歯磨き粉を選ぶことが大切です。

そして、効果が期待できる歯磨き粉には、フッ素配合歯磨き粉や殺菌作用の強い歯磨き粉があります。

なかでもフッ素配合歯磨き粉がおすすめです。

しかし、体への影響が心配であればブリアンを用いるようにしましょう。

フッ素配合歯磨き粉よりも体にやさしく、子どもでも安心して使用することができます。

このようにブリアンを用いることによって安全で、しかも、より効果的な虫歯予防が可能となるため、フッ素が心配な人も安心して歯磨きをすることができるようになります。

虫歯予防は日々の積み重ねを行うことが大切です。

したがって、ブリアンを日常の習慣に取り入れて、虫歯のない健康な口内環境を目指していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です