【虫歯VS愛情】子どもにキスしても虫歯にさせない方法

キス,虫歯

生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯にさせる菌がありません。

それなのに歯が生えてきてしばらくすると虫歯になる子どもがいるのは親からうるっているからです。

キスで虫歯はうつる

ミュータンス菌は唾液に含まれています。だから可愛いからと赤ちゃんの口にチューをすると唾液の中のミュータンス菌が赤ちゃんの口に入っていきます。

歯がまだ生えていない赤ちゃんには口に入った菌も歯が生えるまで残っているわけではないので感染しませんが、歯が生えてきていると感染するので、赤ちゃんとのスキンシップはほっぺにチューをするくらいにとどめておくことが大切です。

口の中には善玉菌と悪玉菌があってその割合は人によって違います。悪玉菌が多い人は虫歯になりやすく、善玉菌が多いとなりにくいのですが、その割合は母親に似ることが多いのです。だから母親は特に赤ちゃんとのスキンシップの方法に気を付けるほうが良いのです。

子供に虫歯をうつさない方法は?

口にチューをしなくても食べ物をフーフーしたり、同じ箸やスプーンで物を食べるだけでも唾液が子どもの口には行ってしまうので赤ちゃんとスキンシップをするときには口の中をよくすすいだり歯磨きをしてできるだけきれいな口で接することが子供を虫歯の多い子にしない方法です。またンミュータンス菌は糖分が分解されるときに出る酸が大好きなのでできるだけ甘いものをたくさん食べさせないようにすることが大切です。

しかし、菌が子どもの口に入ってししまった場合、また注意をしていてもよく虫歯になってしまう場合はブリアン歯磨き粉というものを使って歯を磨いてみるといいでしょう。

ブリアン歯磨き粉は子どもが好きなイチゴ味で、粉状ですが使いやすい歯磨き粉です。

口に入ってきた菌がどんどん繁殖して虫歯になってしまうのは、菌を100%除菌できていないか、悪い菌をやっつける良い菌まで除去してしまっているからです。また普通の歯磨き粉は泡がたつのでその泡に満足して実は磨き残しがたくさんあったり、フッ素が配合されていてもそれだけでは菌が除去できないのです。毎日きちんと磨いているつもりでもだめだというのはそのようなことが原因なのです。

虫歯菌に負けない口内環境が急務

そこで悪い菌に負けない口内環境を作ることに重点を置いて開発されたのがブリアン歯磨き粉なのです。ブリアン歯磨き粉には「BLIS M18」という有効成分が配合されていて、それが悪い菌とエサとなる歯垢を除去してくれるのです。「BLIS M18」は生まれながら持っている子どもはわずか2%にすぎません。残りの98%の子供は持っていないので外から補うことが必要になります。

ブリアン歯磨き粉は歯が生え始めた小さな子どもにも使えるようにペースト状ではなく粉状に仕上げられています。小さな乳幼児でも粉状なら親が指にガーゼを巻いてブリアン歯磨き粉を付けて磨くことができ、口のゆすぐ必要もないのです。

またブリアン歯磨き粉の特徴としては、殺菌剤や発泡剤、界面活性剤を使用していないことです。それらと一緒に配合すると「BLIS M18」は死滅してしまうのです。そのためブリアン歯磨き粉なら「BLIS M18」を生きたまま口に届けることができるという特徴があります。

さらに他にも研磨剤や保存料、パラベン、酸化防止剤など体に良くないとされる成分は使われておらず、原材料はデキストリン、フルクトオリゴ糖、エリスリトール、乳酸菌、香料です。

このブリアン歯磨き粉は新聞や有名サイト、メディアで数多く紹介され、愛用者の97.5%の方から高評価を得ています。実際に使ってみた方からは「粉なので使いづらいと思っていたが、意外に使いやすい」「高いと思ったけれど歯医者に通うよりはお得感があります」「ブリアンに変えてから喜んで歯磨きをするようになりました」「歯垢がつかなくなってよかったです」などという口コミがあります。

キス,虫歯

この記事が気になったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA