ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

乳歯が虫歯になった!治療はどうなる!?知っておきたい乳歯の治療方法

乳歯,虫歯,治療

乳歯が虫歯になっても気がつきにくく症状が悪化しやすいんです。

乳歯が虫歯になってしまったときに気がつくのが遅くなり症状が悪化させないために、乳歯が虫歯になってしまったときの症状と治療方法について書いて行きます。

乳歯の虫歯

乳歯の虫歯治療では、症状によって異なります。

初期であれば、白く濁った状態です。この段階であれば、歯を削る治療ではなく、フッ素を塗り、歯を強くすることで治す方法を選びます。初期の場合であれば、食事習慣や歯磨き方法などを見直し、体的にフッ素を塗り続けることで元の歯に戻すことが可能です。

乳歯の虫歯は黒くない

乳歯の虫歯は、大人とは違い黒ではなく白いことが多いため、気付かずに進行していくことがあります。進行していた場合には、虫歯を取り除いてからプラスチックで詰めることになります。

神経まで広がってしまった場合には、神経をとったり、切断することになります。乳歯にとって神経は永久歯との生え変わりにとても大切なものです。

しかし、神経まで菌が入ってしまったら、根の先に膿が溜まり永久歯が変色したり、歯並びが悪くなってしまうなどのデメリットが生じることから、根の治療を行うことになります。

神経がない乳歯の場合は、永久歯との交換の際にうまく抜けないことがあるため、永久歯の邪魔をするようであれば抜歯することもあります。

乳歯の治療は

子供が治療を嫌がる場合には、定期的に濃度の濃いフッ素を塗り、虫歯の進行を抑える方法を選ぶ場合があります。

フッ素を塗り続けることで、再石灰化し、治療せずに済む場合もあれば、柔らかかった虫歯が硬くなり、取っても痛くなくなることがあります。ただし、進行が広範囲に広がっている場合には、この方法を選ぶことは難しくなるため、全身麻酔を使って治すことになります。

歯医者さんでは、人工物を詰めたり、かぶせたりしますが、治療した歯は元の健康な歯に比べれば弱いため、またかかることもあります。

乳歯の虫歯の主な原因

乳歯の場合は、主に糖分や汚れが原因です。糖分は、牛乳や粉ミルク、母乳、炭酸飲料などの甘い飲み物に含まれています。

この糖分に歯が長時間さらされることで、口内の細菌が糖分を利用して、歯を攻撃する酸を作り出します。子供の場合は、痛みの感覚が発達していないことから痛みがあっても気づきにくく、進行しやすい傾向があります。

痛みは出たり引いたりするため、見過ごしやすいです。乳歯の場合は、歯の間や上顎の前歯の間、歯と歯茎の間にできやすいとされています。特に奥歯の歯の間は要注意です。仕上げ磨きの際などには、子供の歯をよく観察する必要があります。

乳歯の虫歯を防ぐには

自宅での予防方法としては、歯磨きとデンタルフロスです。

子供の食事は回数も多いため、毎食後きちんと磨くよりも噛む面の溝や歯と歯茎の間をやさしく磨くようにします。得に寝る前の仕上げ磨きが重要です。寝ている間は唾液の分泌が少なくなるため、口の中に細菌が増えやすくなります。

そのため、寝る前にしっかりと磨いておくことで、細菌を増えにくくすることができます。また、奥歯の歯と歯の間は一番虫歯になりやすい場所です。この場所は歯ブラシでは汚れが取りにくく、デンタルフロスの方が汚れが取りやすいため、寝る前に一度デンタルフロスを通しておくことです。

きちんと磨くだけでは汚れ=歯垢を取り除くのは難しいものです。

まとめ

子どもの歯磨きはしっかりと!でも完全に取り除くことはできません。普通の歯磨き粉では残念ながら虫歯はなくならないのです。虫歯防ぐ新常識で口内環境の細菌を増えにくくしませんか?ブリアン歯磨き粉の効果を体験しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です