ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

早産と虫歯の関係性とプレママは知っておきたい母体と子供への影響

肉や野菜、
魚といった食べ物を噛み砕くために歯の存在は必要不可欠であり、
日々のオーラルケアは必須です。

歯磨きを怠ると

咀嚼することで体内に効率よく栄養を行き渡らせる以外に、
痴呆を防ぎ知能を高める役割を持ってます。

この他にも胃腸を健康に保ったり、
ガンや生活習慣病を防ぐ働きがあります。

噛み砕く行為自体は歯の健康を保つことに繋がっており、
このことで歯根に刺激を与え歯を支える骨の新陳代謝を良くすると言われてます。

このように歯の役割は私たちが生活していく上で欠かせなく、
食後は歯ブラシやデンタルフロスを使用して口内環境を整えることが大切です。

口内ケアを怠ると虫歯や歯周病を発症する可能性があり、
これらの病を放置すると様々な合併症を引き起こす原因になってしまいます。
虫歯といっても段階がいくつかあり、
ごく初期症状では普段のハミガキで予防可能です。

最悪死に至るケースも

しかし毎日のブラッシングを怠り、
歯石やプラークが溜まった環境を続けると歯を溶かしてしまい咀嚼行為が出来なくなってしまいます。

そもそも人間の歯は永久歯が抜け落ちると、
再び生えてくることが無いのでこうした場合入れ歯や差し歯を使って生活しなければなりません。

更に放置し続けると食事をきっかけに、
細菌が全身に蔓延して顔面神経麻痺や脳腫瘍を発症させるケースがあります。
特に細菌が血中に侵入すると脳梗塞や心筋梗塞も引き起こし、
最悪死に関わることがあり大変危険です。

妊娠している女性と口内環境は密接

実は口内環境はプレママ、
つまり妊娠している女性とも関わりを持ってます。

妊婦と言えばレントゲンや麻酔など胎児に影響を与えないように注意する必要がありますが、
これらよりもマタニティの歯周病に気をつける必要があります。

虫歯にも当てはまり妊婦がこの症状を発症すると、
早産を引き起こす原因になってしまいます。

早産とは妊娠22週から37週未満に出産することを指し、
多くの場合この状態になると新生児ICUという集中治療室での治療が必須になります。

羊水過多あるいは過小、喫煙やストレス、子宮筋腫などが原因に挙げられこの他にも多くの感染症や合併症で発症すると言われます。

お腹の張りや痛み、
出血といったものが兆候として見られ、
妊婦検診で発見することも可能などで定期的に受信することが必要です。

低体重で生まれる早産児

早産児の多くは低体重で生まれることが多く、
肺が未発達で母体から出てくるので呼吸器系の病にかかりやすくなります。

具体的には肺炎や無呼吸発作、
新生児慢性肺疾患などが挙げられ、
呼吸器以外でも心臓や目、
脳などに障害が残るリスクが高まります。

早産を迎える場合母体は帝王切開を行うことが多いですが、
基本的には通常の出産と変わりません。

しかし緊急時の受け入れ先の医療機関が見つかるか難しくなるという、
母体自信にも少なからずリスクは存在するので気を付けましょう。

妊娠期サイトカイン増加が早産へのキーに

口の中に歯周病菌が増殖すると、
免疫を担当するシステムからサイトカインというタンパク質が出されます。

この成分が過剰に分泌されると口腔内で炎症が起き、
歯肉や歯骨が破壊され歯周病が進行します。

サイトカインには様々な種類と働きを持っており、
この物質の一種であるインターロイキン1は歯槽骨の破壊に関与し、
早期低体重児を出産した母親の歯肉に多く含まれていることが分かってます。

サイトカインの血中濃度が上昇すると母体は、
出産開始のゴーサインと認識してしまい予定日よりも早くに赤ちゃんを出産してしまいます。

特に妊娠期の女性は口腔内の衛生環境が悪化しがちになります。

多くの妊婦が経験するつわりは症状や度合いは個人差はあるものの、
気分が悪くなりついつい歯ブラシを怠ってしまいがちです。

食事の偏りによる口内環境の変化

また赤ちゃんが居ることで食事の好みの変化が起きたり、
食事量が多くなる女性も少なくなくこの影響で虫歯や歯周病になりやすくなります。

そして一番はホルモンバランスが乱れがちになり、
免疫力や洗浄作用がある唾液の分泌が低下することが健康状態と比べて口腔内を悪化させます。

子供を身ごもったら定期的に歯科医院へ受信することが大切であり、
妊娠4から5ヶ月頃に体調がすぐれないと感じたら向かうとおすすめです。

最近では自治体によって妊娠中の歯科検診にかかる費用が助成するところもあるので、
役所に問い合わせても良いでしょう。

つわりで辛いときに選ぶ虫歯対策

つわりでハミガキが難しいのなら歯磨き粉の刺激の低いものを選んだり、
ヘッドの小さい歯ブラシに変えて自分の体調にあったものを選ぶと良いでしょう。

もし歯ブラシすら使いたくない日があったら、
食後すぐにキシリトールと摂取すると虫歯対策になります。

ガムに多く含まれてるこの成分には酸を抑制して、
脱灰を防ぐ働きを持ってます。けれども食べ過ぎはお腹が緩くなってしまう、

適度に摂取るすることが必要でしょう。

スーパーで販売されるキシリトール入りのお菓子を購入するのなら、
最低でも50%以上の配合量を含んだものを選びましょう。

この他にも糖分が低めで、
キシリトールと炭水化物の配合量近いものを基準に探すとおすすめです。

プレママさんおすすめ
[blogcard url=”https://www.xinlunet.com/”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です