ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

虫歯で起きるにおいの原因と対策

口臭が気になり、歯を念入りに磨いたり、マウスウォッシュを使ってもにおいが取れないといった経験をしたことはありませんか?

口臭は朝起きた時、マスクをしている時など、自覚することもできますが、実は自分が気がつかないうちに他人に迷惑をかけてしまっていることもあります。他人が強烈な口臭を発していても、それを本人に指摘するには勇気がいります。周りに迷惑をかけないためにも、普段から口臭ケアをすることは、とても大切です。

口臭の原因は、タバコや、コーヒー、ニンニク料理などにおいが強いものを飲んだり食べた時、食べカスが腐敗することによるもの、さらには胃の不調や病気によるものまで様々です。また歯周病や虫歯に起因していることも多々あります。虫歯が進行すると、歯に穴があき、そこに食べカスが詰まることで腐敗が進み、強烈なにおいを発します。虫歯を治療して銀歯を被せても、数年後には銀歯の中で新たな虫歯が進行していて、それが口臭の原因となっていたというケースもあります。

[wc_row][wc_column size=”one-third” position=”first”] [/wc_column][wc_column size=”one-third”] [/wc_column][wc_column size=”one-third” position=”last”] [/wc_column][/wc_row]

さらに、虫歯を放置しておくと歯周病にまで発展し、歯茎からの膿や出血により、耐え難い悪臭を発するようになってしまいます。虫歯が原因である場合は、やみくもに歯磨きをしてもにおいの原因を根本から取ることができないため、口臭対策としては歯科で虫歯治療をすることになります。

適切な治療をした上で、普段から歯間ブラシやフロスを使って徹底的に歯磨きをする、舌を磨く、定期的に歯石を除去するなどオーラルケアを怠らないこと、口の中を乾燥させないように十分に水分補給するなどといったことに気をつけることで、においを抑えることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です