ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

虫歯になりにくい甘味料【まとめ】

虫歯菌が好む砂糖以外にも甘みを感じる甘味料は非常に多く存在します

多くのものは化学合成品という事で避けられてきた傾向がありましたが現在では私達の日常に深い関わりがあるものばかりになってきています。

ショ糖を避けシュガーコントロールを適切にすることで虫歯になりにくい体質というものを習慣づけようという試みが近年強まっているようです

虫歯になりにくい甘味料(糖質)を避ける理由とコントロールする方法についてまとめました。

虫歯になりやすい甘味料(糖質)を避けるために

食品の成分表で表示される成分をまとめておきましょう。
天然糖と呼ばれる甘味料はショ糖、転化糖、果糖(フルクトース)、ブドウ糖(グルコース)、麦芽糖(マルトース)、異性化液糖(果糖ブドウ糖混合)、水あめとありますが、全て虫歯菌が好む組成をしているため虫歯になりやすい糖として挙げられます

私達が甘みを感じるものは殆ど虫歯菌が好むものになる為甘いもの=虫歯の元と考えられてきた所以です

次に虫歯菌が分解しづらい物として挙げられるのがオリゴ糖類ですが完全に分解できないわけではないので虫歯リスクは天然糖よりも落ちますが虫歯にならないわけではありません。グルコオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、イソマルチュロース、異性化乳糖等が添加物として入っている製品が増えてきており、これらをオリゴ糖と呼びます。

ショ糖に比べ甘味度が低く、その分量を使ってしまうのであれば殆ど虫歯リスクは変わらないとされており効果的な虫歯対策にはなっていないのが現状です

虫歯菌が分解できない甘味料

しかしながら最近では甘くても虫歯にならない虫歯菌が分解出来ない物も増えてきています、まず挙げられるのが糖アルコールというもの。

マルチトール、ラクチトール、エリスリトール、還元水あめ等聞きなれないものが多いかもしれませんが、同類のものでキシリトールはよく聞く糖アルコールではないでしょうか。

キシリトールはショ糖と殆ど甘味度が変わらないのに対して虫歯菌が分解出来ないものである為、現在では多くの食品に使われています。

そして、最も虫歯に対する効果的な甘味料としては合成甘味料があります。人工的に甘いと感じられる様に作られているのが合成甘味料ですが、コカコーラ社のコーラ等にも使われている非常に身近な物です。

それがアスパルテーム、サッカリンというものになりますが、ショ糖に比べておよそ200倍以上の甘さになる為、ごく少量でも甘いものを作る事が出来ます。虫歯菌はこうした合成甘味料を分解する事が出来ないので虫歯原因にはなりませんしかしコーラは酸性飲料になる為、直接的に歯を溶かす原因にはなります。

合成甘味料を避ける所以

虫歯に対するリスクはないとしても合成甘味料というのは体に悪そうなイメージがあります、これは身体に害を及ぼさないために作られた甘味料なので全く影響はないのですが、合成着色料などの発がん性物質を使っていた過去から現代人は合成品というものを好まない性質にあるようです。

現代社会において健康というのは最も食品業界が気を付けている点なので、良いイメージが広く普及すればこれらは改善されるかと思いますが、まだまだ時間がかかりそうです

また、このアスパルテームやサッカリンというものは非常に安値で製作する事が出来るため、ショ糖などを好む方は合成甘味料について知識を深め、安心した上で利用して貰うことでお財布にも優しい糖管理が出来るでしょう。

シュガーコントロールは健康な口内環境を作る為の補助

糖分制限を常日頃から気を付けている人は現在では大分増えています。

口内環境の改善にはシュガーコントロール、プラークコントロール、正しいブラッシング、と日頃から気を配る予防が極めて重要です。

従って糖質を知ることは非常に重要な意味を持つのですが、摂食制限だけで虫歯を回避するのは誤りできちんとしたブラッシング方法と回数を心掛けましょう。

現代社会では確かに時間の制限からブラッシング等に気を回す事が難しくなっているかもしれませんが、正しいブラッシングと回数が出来ていればそこまで糖質に神経を回す必要はありません。

糖質制限はいわば虫歯予防の為の補助であるという認識でいてほしいと思います。

シュガーコントロールをしていても虫歯になる人はほかに原因がある

例えば正しいブラッシングが出来ていない場合は磨き残しが原因となってしまいます。

また、歯ぎしりなどがある人は物理的に歯が欠けてしまうためにそこから虫歯が発生しやすくなっていたりと原因は一つではありません。

虫歯と向き合うにはセルフケアも大事な要素ではありますがかかりつけの歯科医師との継続的管理が重要です。

またフッ素塗布等と併用することで虫歯リスクを下げることや、定期的メンテナンスに通うことで健康な口内維持ができるようになります。

まとめ

虫歯というのは見た目にも、痛みとしてもとても嫌なものになりますので、忌避することは大事ですが、一人で全てやるというよりも専門家と共に健康な口内維持を心掛ける事が何よりも重要になります。

ブリアン歯磨き粉も用いて口内フローラを整え口の中を健康に保つことも可能です。選ぶのはあなたの決断です。

歯科医師が開発に携わる歯磨き粉ですから選択肢の一つとなり得そうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です