ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

気づかないうちに虫歯で口臭が悪化!?どんな臭い?口臭の原因と今すぐできる対策

虫歯 口臭

お子さんの歯磨きをいつも通りしているのに口臭が酷い!そんなことありませんか?

保育園や学校でお友達に「くさい」と言われないか心配になりますよね。

口が臭いというのはエチケット的にも問題ですが、臭いを指摘された本人も考えることはありますよね。口臭の原因となるのは鼻腔・咽頭・胃腸の異常もありますが、最も身近な原因と言えば虫歯です。

では、虫歯による口臭はどのような臭いをしているのか?自分ひとりで確認できる方法も含めて説明していきます。

虫歯の口臭ってどんな臭い?

一般的によく例えられる虫歯による口臭は、腐ってしまったチーズとか腐った魚に似ていると言われています。要するに、食べ物の腐った腐敗臭ということです。喋っている時などに口から腐敗臭がしたら、嗅いだ方は不快になることでしょう。しかし、もっと不快に感じるのは口内に腐敗臭を持っている本人です。

すでに指摘を受けている場合は自己チェックしなくても分かっているかもしれませんが、指摘されていない人も指摘されたことがある人も自己チェックを行って、自分の状態を確かめてみると良いです。

口から発せられる臭いの自己チェックを行う時に使うアイテムは、コップ又は袋です。その中に息を吹きかけて、息を閉じ込めます。そして、一旦深呼吸してから閉じ込めた息を嗅いでみます。その時に嗅ぐことができたものが、自分の口臭ということになります。

コップでは閉じ込めにくい、袋だと扱いにくいと感じる場合は、空いたペットボトルを利用しても良いと思います。ペットボトルにはキャップが付いていますが、息を閉じ込める時には息を吹きかけたら急いでキャップで蓋をして閉めるか、スピード重視なら手でペットボトルの口を塞いでも良いでしょう。

上記の自己チェック方法の他にも、自分ひとりで調べる方法はあります。もう一つの方法は息を閉じ込める方法よりも簡単であり、アイテムも要りません。その方法とは、普段使用している歯ブラシを嗅ぐことです。歯ブラシは1ヶ月に1度替えると良いといわれているので、使用を始めて2週間くらいの歯ブラシであれば何となく臭う可能性があります。

オキシドールがすぐに準備できるなら、2倍に薄めたオキシドールで口をゆすいでみると自己チェックできます。口に含んだオキシドールをコップなどに出して、見てみます。オキシドールに小さい泡が発生している場合は、口臭があるということを表しています。小さな泡があった時には衝撃かもしれませんが、オキシドールがある方はお試しあれな自己チェック方法です。

虫歯による口の不快な臭いは腐敗臭、自己チェック方法は息・歯ブラシ・オキシドールで行えます。手っ取り早い確認法は歯ブラシチェックですが、新品に替えたばかりな時には、息を閉じ込めて嗅いでみましょう。

子どもの口臭が気になる!気がつかないうちに虫歯?

口臭は加齢と共に起こりやすくなるといわれてはいますが、子どもにも起こり得ます。小学生くらいの子どもの口内では歯が抜けたり生えてきたりと、忙しい変化が起きています。そのため、虫歯菌に弱い部分が生じやすいのです。特に、歯が抜けて歯がまだ生えてきていない部分は溝があるので虫歯の原因となる食べかすが溜まりやすくなります。

小学生未満の子どもで、歯が抜けたり生えたりしていない年齢でも虫歯になる可能性はあるので注意しましょう。理由としては大人よりも歯が未熟であることや、歯磨きをおろそかにしやすい傾向が挙げられています。子どもは大人のように、口内状態を意識しません。親も子ども自身も気づかないうちに、虫歯になっていることだってあるのです。

虫歯になったら、口臭が生じることでしょう。虫歯による口臭では、先ほど言いましたが腐敗臭がします。子どもは正直ですので、腐敗臭がした時には友達などに指摘を
受けて、傷付いてしまう可能性を否定できません。そこで!子どもに起きた虫歯による口臭を予防する方法、改善させる方法をお伝えしてきます。

まず、なぜ子どもが虫歯になってしまうのか?歯が大人よりも未熟であることは確かにあるかもしれませんが、それは大きな原因ではないでしょう。大きな原因となり得るのは、歯磨きの仕方です。年齢によって歯磨きを嫌がる子も多いようですが、歯磨きをおろそかにしては歯が菌にやられてしまう可能性は高くなります。

歯磨きを嫌がる子どもには

歯磨きを嫌がる子に対しては、効果がある上に使いやすい歯磨き粉を選んであげましょう。子ども用歯磨き粉は商品によって異なる部分はありますが、成長途中にある口内にも優しい・フッ素で虫歯対策・歯をコーティング・フレーバーが好ましいなどの工夫がされています。

口内への優しさは、植物性の成分を使用したり、刺激となる添加物などの化学的なものを排除して作ることで実現されています。フッ素は悪い菌の活動を抑制させる働きがある成分で、溶けてしまったエナメル質を修復したり、歯質を強化させる効果があるため歯磨き粉によく用いられます。

大人の歯磨き粉にも用いられることが多く、虫歯を予防するだけでなく歯を健康的な状態に戻してくれるとされています。悪い菌たちは、プラークと呼ばれる歯垢に大量に存在しています。プラークをしっかり落とすことで予防できますが、プラークは歯ブラシが届きにくい部分に入り込んで存在していることも珍しくはありません。

このことが、歯磨きを毎日行っているのに歯が悪い菌にやられてしまう理由です。大人の場合はプラークの他にエナメル質が溶けていることも理由となっていることが多く、エナメル質というのは皮膚で言う表皮のようなもので、歯を護るために表面をコーティングしている物質です。

エナメル質は酸などで溶けてしまう又は歯磨き粉に含まれている研磨剤などで削れてしまうことで壊れてしまいますが、子どもにこのような現象が起きることはあまりなく、プラークが溜まって悪い菌がたくさん繁殖していることが原因になっていることがほとんどです。

ブラッシングで落とす

プラークは歯磨きで何とかできるので、歯磨きの仕方を考えることで予防したり改善したりすることが可能です。使う歯磨き粉のこと、使う歯ブラシのこと、磨き方などに注意を向けてみましょう。

使う歯磨き粉は予防や対策に有効なものを、歯ブラシも子に合ったものを選ぶようにします。磨き方は歯磨きを嫌がらない子も見直すべきことで、歯磨きをすることができるのは良いことですが、しっかり磨けていなければ意味がありませんよね。実際に、大人でもしっかり磨いているのに磨けていないことがあります。

プラークが溜まって悪い菌が活発化しやすくなる部分は、歯と歯の間・歯と歯茎の隙間・歯の溝・奥歯の下部にあるくぼみです。歯と歯の間には食べかすが挟まりやすいので、気付かれるような食べかすであれば取ろうとしますが、気付かないような食べかすの場合はしばらく放置されます。

気付かれないような食べかすは、物体としてではなく噛み砕いている間に詰まっていったものなので、物体が挟まった食べかすよりも気付かれない上に取りにくい厄介な食べかすとなります。歯と歯茎の隙間に入る食べかすも同様で、詰まるように挟まります。歯ブラシが届きにくいことから、溜まりやすい部分とされています。

歯の溝というのは歯の上部のことで、上の歯と下の歯が噛み合わさる部分です。見たからに溝なので溜まりやすいことは分かると思いますが、毎日歯磨きしていればプラークが溜まることがなさそうな部分ですよね。しかし、意外にも歯ブラシがちゃんと溝にフィットしていないことがあります。

溝部分に歯ブラシが当たっているけど、ブラシが汚れを取ることができていないと意味がないので、歯ブラシと磨き方を見直します。歯ブラシは人それぞれの好みがありますが、子どもには優しい柔らかめが向きます。

大人でも歯ぐきのことを考えると柔らかめがオススメされますが、医師によってさまざまな意見があるので、歯茎から血が出たり歯ぐきが下がったりなどを起きさせるような強い刺激となっていなければ硬さは自由です。

上手な磨き方

磨き方では、まず持ち方から身に付けていきます。持ち方はペンを持つように、とよく言われます。この持ち方は力が入り過ぎないので、適切な力加減で磨くことができるようになります。

しっかり磨こう!という気持ちは素晴らしいことですが、力を入れ過ぎると歯ブラシの毛先が広がってしまい、溝にフィットしません。また、歯茎を傷付けます。正しい持ち方をマスターして、程良い力加減を心がけましょう。

次に歯ブラシの当て方ですが、奥歯は歯と歯の間に毛先が入るように45°に当てます。前歯は歯ブラシを縦向きにして使い、歯と歯の間にある線に合わせて磨きます。

子どもは全員ではありませんが、おやつを食べる機会が多いです。虫歯は糖類を原因として起きるとされているので、おやつを食べる機会が多い子は虫歯になりやすいとされます。

子どもの口臭を感じたら、改善させるために無理なく改善方法を実施してみましょう。現時点で口臭が無くても、予防として使用する歯磨きアイテムや歯磨きの仕方を意識することは大事です。

虫歯の口臭の原因は?

虫歯はプラークを原因としていますが、虫歯が口臭の原因となる理由は何なのでしょうか。腐敗臭は食べ物の腐った臭いのことですよね?このことから分かると思いますが、口内でも同じ現象が起きているということです。そう、食べかすが腐敗しているのです。

歯と歯の間などに残された食べかすも食べ物であるため、そこに存在している時間が長いほど発酵が進み、独特な発酵集を生じさせるようになります。発酵がより進むと腐敗し、独特な発酵の臭いから腐敗した臭いへと変わります。この2つの臭いは区別しづらいものですが、発酵食品などを自分で作っている方は何となく分かるかもしれません。

歯磨きで取り切れていない食べかすによって腐敗臭が生じるわけですが、歯磨きで食べかすを取り切ることができないのはなぜでしょう。毎日しっかり磨いている方はなぜ取り切れないのか不思議に思うかもしれませんが、そこには明確な理由があったりします。

歯ブラシに原因も

第一に言えることは、歯磨きアイテムと磨き方です。子どもの虫歯による口臭でも触れましたが、歯ブラシの状態や力加減などによっても磨いているのに磨けていない状態となり得ます。

歯ブラシは何ヵ月も使用し続けないことで、開いてきたら新しいものに替えるというのも悪くはありませんが、歯ブラシに起きる菌の繁殖のことを考えると1ヶ月1度は替えましょう。

磨き方は力を入れ過ぎないこと、奥歯は45°で前歯は縦磨きが基本です。ペンを持つように歯ブラシを持って、自然な力で磨きましょう。ペン持ちでも力が入る時には、利き手ではない手で磨いてみると面倒に感じるかもしれませんが力は適度になります。

虫歯により膿が

歯磨きアイテムと磨き方の他、虫歯が進行していると膿が生じますよね。膿も、口臭の原因となります。膿の臭いは慢性鼻炎のある人であればよく分かると思いますが、慢性的に詰まった痰や鼻水の臭いやニキビなど皮下に出来る袋に溜まった膿を押し出した時の臭いが膿の臭いです。

口内には色々な味や香りのする食べ物が入りますので、痰や鼻水、ニキビなどのできものとは違った異臭となることが多いです。要するに、さまざまな悪臭が混ざってしまっているということです。食べかすが発酵して腐敗した腐敗臭と虫歯による炎症で発生した膿の臭い、この2つが合わさった臭いを想像するだけでも良い気分にはなりませんよね。

虫歯によって歯に穴が開くと、そこに食べかすが入ってしまいます。取り除かれない食べかすは腐敗し、悪い菌の住処となります。悪い菌の活性化した動きに耐えられなくなった歯の中では炎症が起きて、炎症による膿ができあがります。

虫歯になることは口臭の要因であって、原因としては食べかすが蝕まれた穴に入り込んで腐敗すること、炎症によって膿ができることが原因と言えます。歯に詰め物をしている場合は、詰め物に食べかすが詰まりやすくなっていることもあります。

歯の詰め物かも

歯の詰め物は虫歯の悪化を防ぐために用いられますが、ケアをちゃんと行わないと逆に虫歯を引き起こす原因となってしまうことがあるのです。詰め物をすると、歯と詰め物の間に僅かな隙間ができるので、そこに食べかすが詰まることがあります。

悪い菌に蝕まれた歯の悪化を防ぐためのもので、悪い菌の繁殖を促進してしまったら話になりません。詰め物をしている歯がある方はより歯のケアに気を付ける必要があるので、詰め物をしているからと安心せずに、詰め物をしていない歯を護るためにも怠ることなく適切なケアを行いましょう。

虫歯を生じさせるのはプラークと言いましたが、虫歯による口臭を生じさせるのはプラークだけではありません。プラークも一つの原因となりますが、もう一つ大きな原因があるのです。

歯周病も

その原因というのが、歯周病の併発です。プラークと共に歯周病が併発した場合にも、口臭が発生します。歯周病を原因としている場合は、虫歯がないこともあります。歯周病で口臭が生じている時は、腐敗臭というより腐ったタマネギの臭いとか酸っぱい臭いと言われます。

歯周病の他に、歯槽膿漏でも口臭になることがあります。口から異臭がしたからといって、必ず虫歯が原因とは言えないので、歯周病や歯槽膿漏の可能性も疑って医師に診てもらうことをおすすめします。

一言に口臭と言っても、原因はさまざまであることが分かりました。歯周病や歯槽膿漏、鼻の調子の問題や胃腸の調子の問題が関係していることもあります。今回説明している悪い菌に蝕まれている歯で生じる口臭に関しては、その歯の状態が原因と言うより、蝕まれた歯に食べかすが詰まりやすくなったことが問題となります。

腐った魚のような、発酵を通り越して腐ってしまったチーズのような臭いは、まとめて腐敗臭と言われます。腐敗臭はその名の通り、腐敗した時の臭いです。歯に食べかすが詰まることは食事の時間がある人であれば日常的にあることですが、口内に食べかすが滞在し続けたら?もちろん、腐敗します。

腐敗したら?腐敗臭、ですよね。食事は日常的に行う行為ですので、歯にも食べかすは詰まり続けます。食べる度に歯に食べかすが詰まり、食べ物が歯に付くのです。食事の度に歯磨きをすると良いと言われているのは、このことが関係しています。

食事をしたら歯に食べ物が付く、食後30分後に歯磨きをして食べ物の汚れを落とす、この繰り返しを続けることで歯のトラブルは予防することができます。口臭も同様です。歯のトラブルが口臭を引き起こしているのなら、歯のトラブルを予防を続けることで口の臭いは改善されることでしょう。

口から異臭を発するようになってしまう訳は、一つではありません。悪い菌・食べかす・詰め物・炎症と膿など、色々あります。口臭が気になったら、全体的に自分の状態チェックを行ってみましょう。

口の臭いをチェックして臭いを感じたら、鼻の調子はどうか・胃腸の調子はどうか・喉に違和感はないかなど歯のトラブル以外のことも考えてみます。特にない場合は、歯のトラブルのことを考えてみることにします。

蝕まれている歯はないかや詰め物のある歯を確認し、歯磨きを終えた後には歯に食べかすが付いていないかをチェックすると残された食べかすを見逃さずに済みますよ。

虫歯・歯周病・歯槽膿漏など歯のトラブルに関する原因だけでも一つではない口臭ですが、虫歯による口臭が生じている時にはどのような対策をしたら良いのか?気になりますよね。口臭は重大なコンプレックスにもなり得ることなので、気になっている方は改善のために対策を、今は臭わない方は予防のために対策を実施してみましょう。

虫歯の口臭を抑える対策

日常的に行う対策でおすすめなのは、緑茶うがいです。歯を蝕む悪い菌は虫歯菌と呼ばれていますが、緑茶には殺菌作用があるため、緑茶でうがいすることで虫歯菌をやっつけることができるそうです。

うがいと聞くと口にふくんで上を向いてガラガラするイメージですが、ここで言ううがいは口にふくんでブクブクすることです。ガラガラするのは風邪対策に有効なのでそれはそれで良いのですが、虫歯による口臭対策ではブクブクします。

緑茶うがいは口内がさっぱりするので使用感も良いと思いますが、緑茶の他にクエン酸も殺菌作用があるので有効といわれています。クエン酸は酸っぱいので、唾液を増やす作用もあります。

クエン酸が豊富な食べ物と言えば、酢・梅干し・レモンなどの柑橘類ですよね。想像するだけでも酸っぱい味覚が脳から唾液分泌につながり、唾液分泌量が増えるという方もいます。辛い物でも、同様のことが起きる方ことがあります。

唾液を増やす

唾液が増えると口内の悪い菌を流してくれるので、唾液が増えることは良いことです。ドライマウスのように口の中の唾液が不足してカラカラした状態が続くと、悪い菌は喜びます。唾液を増やす工夫も、日頃から行うと良いでしょう。

唾液は、味覚を感じることで出てきます。正常であれば何も食べていなくても、食べ物を見ておいしそうと感じていなくても適量が分泌されています。しかし、身体的な不調やストレス又は緊張感によって唾液量が減少することがあります。

ドライマウスでなくても、1日の中で唾液量が減って口の中がカラカラした経験をしたことのある人は多いことでしょう。いつもは正常に分泌されているのに、有る時だけ突然分泌量が減るのは緊張している証拠です。

緊張状態が日常的に続き、自律神経の乱れが起きるとドライマウスになりやすくなります。唾液分泌量のために食事をしていたら別の問題が生じるので、唾液の減少を防ぐ時にはガムを活用しましょう。

ガムも有効的に

ガムは甘味料が使用されている上に咀嚼を繰り返す食べ物なので、唾液が分泌されやすい食べ物です。緊張しやすい方や何かに集中したい時など、口の中がカラカラする可能性あがる時にはガムを噛んで口内の乾燥を防ぐことをおすすめします。

ガムの中にはキシリトールが含まれている商品がありますが、キシリトールには虫歯予防効果があります。ただ、糖類の一種であるため頼り過ぎは禁物です。糖類の性質からしてキシリトールガムを食べたからといって歯磨きをしなくても良いわけではないので、キシリトールガムを食べた日も歯磨きはちゃんと行うようにします。

緑茶やクエン酸を含む食べ物は、自然的な対策方法です。対策用に販売されている商品を使用したくない気持ちがある方は、まずは緑茶うがい・クエン酸の取り入れ・ガムで唾液を増やすことを実践してみると良いでしょう。

緑茶やガムなど簡単で神前的な方法じゃ効果がない!そんな時には対策のために開発された商品を使用したり、歯科に行って診てもらうしかありません。では、対策のための商品と対策に使える商品を見てみましょう。

口臭サプリやスプレーも

口内トラブルに使えると話題の商品は、薬用オーラクリスターゼロです。虫歯だけでなく、歯周病・歯肉炎・唾液減少・舌の汚れに対する効果も発揮する成分が配合されているそうです。その効果発揮率が99.7%とかなり高く、口臭を改善したいと考えている方の良き助っ人となります。スプレー型なので、密かに対策した方は家でのみ使いましょう。

出先でも口臭対策を行いたい、そのような型にはタブレット型のオーラルデントが向きます。森永乳業の登録商品で、ラクトフェリンなどの自然由来の抗菌物質を使用しているので安全性が高いと言えます。オーラルデントに配合されているラクトフェリンなどの抗菌物質は唾液にもともと存在しているものなので、もともと備わっている唾液の抗菌力を高めるサポートをしてくれるのがオーラルデントということになります。

薬用オーラクリスターゼロやオーラルデントといった商品を取り入れることで、口臭を多少は改善されることでしょう。現時点で口臭がない方にとっては、予防アイテムとして重宝すると思います。

しかし、これらアイテムでも改善されないことはあります。そのような時に頼りになるのは、やはり歯科医師しかいません。歯科を利用する上で問題となるのは、歯科医師の知識と技術です。日本には歯科医師が多く、コンビニの数より歯科が多いとも言われているので、利益重視の意思も少なくないようです。

なぜ歯科医師が多いのか、それは治療費などを高額にすることができるからです。歯科医師になるためにはお金も時間もかかるので資格を取って一人前になるまでにはかなりの苦労があるとされますが、歯科医師になれたら専属する人もいれば開業する人もいます。

歯科の治療料金はクリニック病院によってかなり異なるので、比較的に高額であったり、患者の意思を尊重しないところは避けた方が良いと思います。診てほしいところだけを診てくれる、気になるところは教えてくれるけど治療を推してくるわけでもない、お金よりも患者のためを考えてくれる歯科医師を選びましょう。

良い歯科医師と出会えたら、定期的にケアをしてもらうと良いです。特に、詰め物をしている歯がある方は、口臭を防ぐためにも定期的なケアをすることをおすすめします。防ぐではなく口臭があるので何とかしたい時にも、相談してみましょう。

まとめ

販売されている商品でどうにもならない時には、虫歯や歯周病などの症状を治療するしかありません。歯科の治療は一般的に恐いイメージが強いとされますが、最近は痛みに配慮してくれる歯科も増えているので、探してみると利用しやすいところはあると思いますよ。

虫歯の口臭を抑えるためには、はじめに自力で行える自然派な緑茶うがいを行い、それでダメなら商品を使用してみましょう。商品でもダメなら、良心的な歯科医師のもとで治療を受けると改善することができます。

虫歯によって引き起こされる口臭の場合、その臭いは腐敗臭であることが多く、腐敗臭を発してしまう原因は食べかすであることが分かりましたよね。虫歯はプラークが原因なので、虫歯がない段階の方はプラークをしっかり取り除くことが大事です。

悪い菌によって蝕まれている歯がある場合は、プラークのことに加えて蝕みが進行しないようにすることを行います。使う歯ブラシと歯磨き粉、磨き方に気を付けながら、対策に効果のある商品を使うことでより良い対策が行えることでしょう。

お金をあまりかけない方法として緑茶やガムなども使えますが、これは軽度の場合若しくは予防の時に有用です。改善の際もやらないよりやった方が良いかもしれませんが、目に見える歯のトラブルがある場合は治療した方が口の異臭が改善される可能性は高いです。

大人で悩んでいる人が多いとされる口の臭いですが、子どもにも口の異臭が起こることがあります。原因は大人と同じで、歯が蝕まれていることや食べかす、プラークなどが口の異臭を引き起こしています。

子どもは歯磨きを嫌う子も多く、自分で磨かない上に親が磨くことも大変な家庭は珍しくないでしょう。子どもは全身全霊で嫌がるし親はイライラしてしまう、終いには子どもに歯のトラブルが生じたら何も言えませんよね。

子どもの歯を護る、健康状態を管理するのは親の役目です。大人向けの商品は紹介しましたが、子ども向けの歯のトラブル対策歯磨き粉も登場しているのです。それがブリアンという子ども用歯磨き粉で、ウィリステア製薬による善玉菌入りの商品です。

善玉菌によって歯を蝕む悪い菌を除去し、無添加で安全性が高いことも魅力となっています。ブリアンの名前の由来とされるBLIS(ブリス)M18という成分が配合されており、この成分にはプラークを除去する力があります。

虫歯の原因菌であるミュータンス菌は口内で繁殖を続けているのですが、この菌に直接的なアプローチを行って虫歯になりやすい子どもの歯も護るとされています。無添加なので飲んでも安全ということから、ブクブクが上手くできない子どもでも使用できます。粒子が細かいので、届きにくいところについているプラークを除去したり、沈着することを予防してくれる働きも期待できます。

ブリアンを開発したのは歯科医師です。この歯科医師さんは予防に力を入れている方なので予防に有用な歯磨き粉とされますが、なかなか治らない蝕みにも効果を発揮するので、子どもの歯を護るためにはおすすめな歯磨き粉です。

大人も子どもも、口内を健康的に保つことで口臭を予防できます。適切なケアで歯の健康を大切に考え、口の異臭を予防又は改善しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です