ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

口が臭い子供が急増中!原因と予防法は?

子供,口,臭い

口から発する息が臭くなるのは大人だけと思っていませんか、子供にも同じようなことが起こります。

特に、口が臭い子供が急増しているといます。原因と予防法について調べました。

子供の口が臭くなるのは病気?

子供の口臭は親が気づくだけでなく、一緒に遊んでいる友達が気づくことがあります。

口の中の健康を維持したいという場合、早めの対処が必要になるでしょう。

口臭が気になり始める年齢は人によって異なっていますが、3歳〜4歳頃の幼児でも臭いが出てしまうことがあります。

口臭が発生する原因にはいくつかあるため、それに合わせた対処法を実践することにより、効率よく改善していくと良いでしょう。

まずは不十分な歯磨きによって臭いが発生してしまうことがあります。

きちんと歯磨きを行っていないと食べ物のカスが口の中に残ってしまいますし、口臭の原因となる菌が繁殖しやすくなります。

また、下に残った食べ物のカスも菌の増殖の原因となります。虫歯を予防させたいという場合、毎日きちんと歯磨きをさせることが大切です。

子供が一人で磨いただけでは磨き残しがあることも多いため、小学校低学年までは親が仕上げをしてあげると良いでしょう。

その際に歯間ブラシを使って歯間の汚れを取ってあげることも大切です。

歯磨きの仕方をどうやって教えたら良いのか分からない場合、歯医者で正しい方法を指導してもらうと良いでしょう。

舌についた汚れは濡らしたガーゼで優しく取り除いてあげることがポイントです。

また、糖分を多く含んだお菓子をたくさん食べると雑菌が繁殖しやすくなる原因となるため、食べさせる量に注意しましょう。

砂糖の量を調整した手作りのお菓子を与えることも対策になります。
ちなみに、唾液には口の中の細菌を洗い流す作用があるため、口の中が乾燥して唾液の量が減ると細菌が繁殖しやすくなります。
それによって口臭が気になってしまうこともあるため、口の中が乾燥しないようにしましょう。

口呼吸は乾燥を引き起こしやすくなりますが、口を閉じたままガムを噛ませるなどして鼻呼吸の練習をさせることがポイントです。

また、食事の時にしっかり噛むようにすると唾液が分泌されやすくなります。

睡眠をしっかり取ることや水分をこまめに補給することも口の潤いを保つことに繋がります、便秘が続くと腸内で悪玉菌が増えてしまい、便が発酵したり腐敗することで不快な臭いが発生してしまうことがあります。

発生した悪臭は腸壁から血液中に溶け出すことにより、口や皮膚から排出されることになります。小さな子供は食物繊維の多い野菜をあまり食べませんし、便秘になりやすいということです。まずは野菜を意識して与えたり、水分をこまめに与えると良いでしょう。

また、病気が原因で臭いが強くなってしまうこともあります。きちんと対策しても臭いが改善しない場合、病院を受診すると良いでしょう。

子供の口臭の原因となるのは?

子供の口臭で悩んでいる人もいるでしょう。

いくつかの原因がありますが、まずは口呼吸をしていると口の中が乾燥するため、それが臭いの原因となってしまうことがあります。唾液がしっかり出ているかということや口の中が乾燥していないということなどは普段はあまり気にしないかもしれません。しかし、唾液にはさまざまな役割がありますし、唾液の分泌量が少ない場合や口の中が乾燥しているのは良くない状態です。そのような状態になってしまうと口の中に細菌が繁殖しやすくなるのです。

唾液には殺菌作用や口の中の汚れを洗い流す働きなどがあり、細菌の繁殖を防ぐ役割があります。口の中が乾燥すると虫歯が起こりやすくなることもあるので注意しましょう。虫歯が原因で口の中に細菌が増えてしまい、口臭が発生してしまうことがあります。子供は歯磨きがしっかりできないこともありますし、食べ物のカスが歯の間に挟まったまま時間が経ってしまった場合、口臭が発生しやすくなるので注意しましょう。

虫歯が原因となって子供の口臭が、気になる場合、歯医者で治療を受ける必要があります。子供は歯医者が嫌なので少しくらい痛くても我慢してしまうことがあります。しかし、そのまま放置しておくとどんどん痛みが酷くなりますし、口臭も起きやすくなるのです。そのため子供が痛がっていなくても口臭が気になった場合、できるだけ早く歯医者に連れて行った方が良いでしょう。鼻づまりが原因で口呼吸になってしまうこともありますが、その場合は舌や口の周りの筋肉がきちんと発達していないことが原因であり、口を開けやすいので口呼吸になっていることもあります。鼻呼吸へ転換させるためには口の周りの筋肉を鍛えることが効果的であり、口を大きく開けながら筋肉を鍛えるようにしましょう。鼻呼吸になれば唾液も増えますし、口臭や虫歯の予防に繋がります。また、便秘によって口臭が強くなってしまうこともあります。

便秘が原因で子供の口臭が強い場合、便秘を解消させることが大切です。野菜や果物などは食物繊維が多いですし、しっかり食べさせるようにしましょう。また、食事だけでなく運動不足も便秘の原因になるとされています。座ってゲームをしている時間が多い子供の場合、遊びながら体を動かす工夫をしてあげると良いでしょう。また、便秘でなくても体調不良などが口臭の原因になってしまうこともあります。子供でも緊張するとストレスを感じやすくなりますし、口臭が起こりやすい状態になります。新しい環境の緊張でなかなか子供が慣れない場合、体を動かす遊びなどでストレスを解消させてあげることが大切です。

子供の口臭の対処法

口臭は口内の細菌がたんぱく質を分解した時や虫歯、歯周病、ストレス、精神的なトラブルなどさまざまな原因で起こってしまうと言われています。

子供の臭いにはいくつかのタイプがあり、対処法もそれぞれ異なっているのでこまめにチェックしてみると良いでしょう。

まずは歯や口内のケア不足が原因として考えられます。歯石や歯垢が増加すと細菌が口の中に繁殖しやすくなりますし、臭いの原因になってしまうのです。

また、虫歯からは腐敗したような臭いがすると言われており、虫歯や歯周病によって起こっている口臭は歯磨きがしっかりできていないことが原因です。

虫歯になってしまったら歯医者で治療を受けることになるでしょう。歯医者で正しい歯磨きの方法などを教えてもらうのがおすすめです。また、あまり噛まないで食事をしている場合、唾液で洗浄されるはずの歯周病菌が口の中に溜まってしまうため、歯周病になりやすくなります。

歯周病菌はどんな人でも持っているものなのですが、唾液にはその数を増やさないようにする働きがあります。最近の子供は鼻呼吸に必要な口の周りの筋肉の発達が未熟であり、口呼吸をしてしまう傾向にあります。口呼吸が多くなると唾液が少なくなり、口の中が乾燥しやすくなります。

唾液には食べ物の消化を促進したり、口腔内の細菌が増えるのを防ぐ役割などもあります。

そのため唾液が減少すると食べ物のカスなどが発酵しやすくなりますし、口臭が起こりやすくなるということです。他にもストレスを受けて体が緊張すると唾液の分泌が減ってしまいますし、臭いが強くなってしまうことがあります。子供でもストレスを感じてしまうことがありますし、こまめにストレスを発散できるように配慮しましょう。口を閉じていても口臭がなくならない場合、呼吸器科や鼻づまりなど耳鼻科の病気であることも考えられます。病気は放置しておいても改善されませんし、早めに病院を受診すると良いでしょう。

口の中の清潔を保つためにはおやつをだらだらと食べさせるのをやめることが大切です。時間を決めておやつを食べさせるようにしましょう。口臭を改善するためには口の中の潤いを保つことが欠かせないのですが、水は唾液を作るために大切な材料となります。1日に約1.2~1.5リットルくらいの水をこまめに飲むようにしましょう。それによって適度な量の唾液を作れるようになりますし、臭いの対策となります。特に起床後はしっかり水を飲むのがおすすめです。

子供と接するときの注意点

一口に子供の口臭といってもいろいろなタイプがありますし、1日中気になる場合や体調を崩している時だけ臭う、時々臭う、思春期になってから臭いが発生し始めたなどのパターンが挙げられます。

小さい子供同士は顔を近づけて遊ぶことが多く、自身で気づく前に友達に臭いを指摘されて傷ついてしまうことがあります。

子供ははっきり言葉にしてしまうことがありますし、それが原因でいじめの対象になってしまうこともあるので注意しましょう。また、本当は気にするほどの口臭や体臭ではないのに親が敏感になりすぎているケースもあります。

過度に心配することも心を傷つけてしまうことになるので注意が必要です。

子供の口臭や体臭などの臭いを予防したいという場合、接する時の注意点を知っておくことが大切です。

虫歯や歯周病も口臭の原因になってしまうということですが、これらが感染症だと知らない人もいるでしょう。

口の中に菌が無ければ虫歯や歯周病も発症しませんし、成長する過程で親からうつされることがほとんどです。最近では母親が口移しで食べさせたり、口をつけた箸で食べさせることなどは少なくなりました。しかし、大人が虫歯の菌をたくさん持っていた場合は唾液などで簡単にうつってしまうのです。

気になるニオイはさまざまな原因で発生してしまうのですが、歯磨きをきちんとしていないと虫歯や歯周病になってしまい、それによって発生してしまうこともあります。

虫歯予防のケアをきちんと行っているのに虫歯になってしまった場合、すぐに歯医者で治療を受けるようにしましょう。

毎日しっかりと歯磨きを行うこともニオイ対策になるということです。
また、口で呼吸する癖がついていると常に口が開いていることになりますし、口の中に菌が侵入しやすくなります。これも虫歯や歯周病の原因になりますし、口の中が乾燥して菌が繁殖しやすい環境になるので注意しましょう。

食事であまり噛まずに食べ物を飲み込んでしまう子供も多くなっています。あまり噛まずに食べてしまうと唾液がしっかりと分泌されなくなりますし、細菌が洗浄されなくなって歯周病のリスクが高まってしまうのです。また、病気で免疫力が低下した時にも臭いが発生しやすくなります。

また、精神的なストレスも唾液の分泌を減らしてしまうことになりますし、口の臭いがきになったら体調や精神に問題がないかを確認しましょう。口臭が強いようならマウスウォッシュを用いたうがいも効果的なのですが、あまり頻繁に行うと唾液の量が減ってしまい、逆効果になってしまうこともあります。

まとめ

子供でも口から嫌な臭いがすることがあるでしょう。

臭いの強いものを食べた時は当然なのですが、食事に関係なく口臭がある場合、きちんと対策をしていく必要があります。

まずは子供に虫歯がないかチェックしてみましょう。最近では子の虫歯のケアに気を使う親も増えており、昔に比べて歯のトラブルを抱えている子供の数も減ってきています。虫歯そのものが悪臭を放つこともありますし、酷くなると膿が出て強い悪臭を放つようになります。

子供の口の中をこまめに確認して虫歯がないかを調べることが大切なのですが、歯のトラブルがあったらすぐに小児歯科を受診させましょう。

また、歯磨きも効果的な対策なのですが、ブリアンという体に優しい成分だけで作られた歯磨き粉が人気となっています。

この歯磨き粉は口コミでも評判が良いですし、新聞などのメディアでも取り上げられています。最近では大人だけでなく子供に歯肉炎が多くなっています。

歯肉炎は歯の磨き残しで生じる歯垢が溜まり、炎症を起こしてしまう病気です。この病気になってしまった場合も口臭を引き起こしてしまうことがあるので注意しましょう。

気になる症状があれば小児歯科を受診して治療や歯磨き指導などを受けるのが良く、軽症のうちに正しい方法でケアをすればすぐに改善していくことができます。歯磨きは歯や口の中のトラブルを予防するために大切なのですが、歯の隙間に残った食べ物は発酵や腐敗が起こると悪臭を放つようになってしまいます。こえは年齢に限らず起こってしまうことですし、丁寧にブラッシングを行うようにしましょう。

歯や口の中に異常がないのに口臭がする場合、口呼吸をしていないかをチェックすることがポイントです。口呼吸をすると口の中が乾燥しやすくなりますし、殺菌作用のある唾液が減ってしまうことで雑菌が繁殖しやすくなります。それが悪臭の原因になってしまうこともあるので注意しましょう。

ガムを噛ませることなどが対策となりますし、1ヶ月くらい続ければ鼻呼吸ができるようになります。

もともと呼吸をするのは鼻の役目だったわけですし、口で呼吸を行うと不調が生じやすくなるのです。また、内臓の調子が悪くても口臭が起こってしまうことがあります。口臭を自宅でケアすることは難しいですし、なかなか改善できないと感じたら病院を受診した方が良いでしょう。口臭はデリケートな問題であり、臭いが気になると感じたら早めに原因を見つけて対処していくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です