ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

Q.子どもの歯磨き、歯磨き粉を使うのはいつから?

子供用の歯磨き粉いつから使うのが良いのでしょうか。

生後半年を過ぎると赤ちゃんの口の中には小さい歯が少しずつ生え始めます。歯が生えてくると親にとって心配なのが虫歯ではないでしょうか。

最初はガーゼなどで拭き取るような歯磨きの仕方ですが、徐々に歯ブラシを使っての歯磨きが始まります。大人は当たり前のように歯磨き粉を使って歯を磨いていますが、子どもの歯磨きはいつごろから歯磨き粉を使えばよいのでしょうか。

子どもの歯磨き、歯磨き粉の選び方

歯磨き選び方

まず、子ども用の歯磨き粉には様々な種類があります。初めて歯磨き粉を使って歯磨きを始める場合におすすめなのが、発泡剤や研磨剤の入っていない赤ちゃん用のジェルタイプのものです。無色もしくは薄く色がついたもので、ほんのりと甘い味が付いているため、歯磨きが苦手な赤ちゃんにも効果的です。

赤ちゃん用のものの次に、発泡剤や研磨剤の入った小児用のものがあります。フッ素濃度がそれなりにあり、磨いていると泡立ってくるので、飲み込まないように練習する必要があります。

そしてフッ素ジェルやフッ素スプレーもあります。これは歯磨きに使うというよりも、フッ素を歯に塗りつけるためのものです。

歯磨き粉に含まれているフッ素は虫歯を予防する効果があります。しかし歯に良いからといってたくさん使用し、それが体内に入ってしまうとよくありません。大量に飲み込まない限り問題はないとされていますが、歯磨き粉を使う時には、飲み込まないようにする練習が必要になります。

子供用歯磨き粉おすすめはいつから

様々な歯磨き粉をご紹介しましたが、これらはいつ頃から使用すればよいのでしょうか。歯磨きを初めて行う時からつける必要はありません。歯磨きをスタートさせる時には、まだ歯もちょっとしか出ていない状態です。その歯にフッ素やジェルをつけることは、かえって悪影響となる可能性もあります。

実際に歯磨き粉を使用する目安としては、1歳後半から2歳くらいにうがいの練習を始め、うがいができるようになってからがよいとされています。うがいの練習をすると同時に、歯磨きをする時に溜まる唾を吐きだす練習もするとよいでしょう。歯磨き粉を使い始めるのは、何歳という決まりはなく、子どもの

様子を見ながら切り替えていくとよいでしょう。また大人用も子供用もそれほど成分にかわりはありませんが、大人用の歯磨き粉は永久歯が生えそろうのを目安に切り替えるとよいでしょう。

歯磨きについてご紹介しましたが、何よりも大切なのは甘いものを控え、ダラダラと食べさせずに時間を決めて食べることが大切です。

もう虫歯菌がお口に入っても大丈夫!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です