ブリアン公式サイト1回70円!49%オフキャンペーン中!お試しはこちら

Q.子供の虫歯は何歳から始まる?

子供の歯は一般的には生後6ヶ月頃から生えてきます。

なかには3ヶ月頃の早いうちに生えてくる子もいれば、1歳ごろようやく生えてくる子もいて、歯の生え方には個人差があります。

まず初めに下の前歯から生え始め、その後上の前歯、奥歯と生えていき、3際になる頃には20本の歯が生えそろいます。

一般的に乳歯が生え始める生後6ヶ月頃から離乳食が始まり、歯の成長と同時に離乳食も大人と同じような食事に近づいていきます。

それでは子供は一体どれくらいの年齢から虫歯になるのでしょうか。

そもそも乳歯は、赤ちゃんがおなかの中にいる妊娠6週目頃から出来始め、生まれる頃には歯茎の下にすでに歯が生える準備をしています。

もちろん歯茎の下に隠れている時は虫歯になることはありません。

しかしお母さんからの栄養により、赤ちゃんの歯は作られます。

お母さんの栄養が不十分だと、赤ちゃんの歯にも影響が出てくるのです。

妊娠中はしっかりとカルシウムを摂る必要があるのです。

子供の歯が生え始めた頃は、赤ちゃんが口にするものは母乳やミルクがメインになっているので、すぐに虫歯になってしまうということはありません。

離乳食が始まると、最初のうちはおかゆの上澄みや果汁から始まりますが、母乳やミルクと比べると、歯には汚れがつきやすくなるといえます。

まだ前歯だから大丈夫と思っていても、すでに前歯が虫歯になる場合もあるので、注意が必要です。歯は生えている本数にかかわらず1本でも生えたら気を付けて歯をしっかりと磨く必要があるのです。

そして1歳を過ぎるころになると、食べられるものも増え、歯の汚れもいっそうつきやすくなるといえます。この汚れを放置しておくのはよくありません。

歯の生え方や食事の仕方、食事内容により個人差もありますが、この頃から虫歯になる危険性が高まるといえるでしょう。

甘いものの味を覚えさせないように甘いものは避けたり、歯磨きも大人がしっかりと仕上げ磨きを行うように気を付けましょう。

子供の歯は一度ダメージを受けると進行がはやく、なかなか気付かないということがほとんどです。

子供の歯を守るためには、少しでも効果のある歯磨き粉を使う必要があります。

近年では菌を除去する歯磨き粉も販売され、注目を集めています。

予防方法として最も知られているものがフッ素配合の歯磨き粉でしょう。

フッ素とは海藻類などに含まれている自然のものです。

歯の表面に作用し、歯を強化することができるのです。これを1日に2回使用すると効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.