ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

Q.子供はいつごろから自分で歯磨きができるの?

Q&A

「歯ブラシを嫌がらないこと」これが子供の歯みがきを左右するポイントですよね。

「小さい時の虫歯は親の責任」なんて言われてムキになって子供の口をこじ開けて磨く、から始まると、いつまでもその子は自分で歯ブラシを握ろうとはしないはずです。

楽しく歯みがきタイムを盛り上げることで、本人も「自分でやりたいー!」と目をキラキラさせるでしょうね。

いつごろから歯磨きができるのか紹介します。

子供はいつごろから歯磨きできる

自分で歯ブラシを口に入れたり、コップでうがいをしたり…は、1歳すぎると出来る子も多いと思いますが、親の仕上げ磨きも必要ないくらいの歯みがきは、3歳から4歳くらいではないでしょうか。保育園や幼稚園でお友達と一緒に「食後の歯みがき」が定着してきますし、「虫歯」「バイキン」の存在を知って歯磨きの意味を意識するのもその頃だと思います。

我が家では歯磨きは親子で一緒にします。

歯みがきの習慣ややり方を見せることで自然と身に付いていくものです。

特別な時間としないのも

「幼児の歯みがき」「虫歯予防に」と特別な時間にしてしまうと、子供も身構えたり、嫌々になってしまうかも知れません。

小さい時から「いーっ、あーん、くちゅくちゅー、ぺっ」とか擬音を駆使しながら一緒に磨き、楽しい時間にしていくことです。更に終わったあとは鏡を見せる!そして褒める!キレイになったね。ピカピカだね。

と盛り上げていくと子供は自然と「自分で歯磨き」を頑張りたくなるものです。

子供の歯磨きのやる気をアップ

歯ブラシやコップはいつも一緒に買いに行くようにすると、ますますその子のやる気もアップするはずです。

あまりに早くから自分で磨くことを進めると、磨き残しで虫歯になってしまうこともあるので、親も心配ですよね。

そんなモヤモヤを減らすためにも、焦らず一緒に進めていくことが一番の近道です。

虫歯になると本人も可愛そうだし親も落ち込みます。

「そんなにお菓子ばかり食べてたら虫歯になるよ!」とかマイナスな言葉で子供を脅すよりも、「それを食べたら、ママとうがいしようか?」と、食べたら歯みがきを当たり前にしていくことが大切です。

嫌がる子を押さえつけて奥歯を磨くよりも、「あーんして」と、いつも自分の口の中を鏡で子供に確認させるのも良いですよ。

子供にとっては見えない場所なので、奥の歯もピカピカだねー!と一緒に喜ぶと子供も嬉しいものです。

歯みがきはいつも大人と一緒に。

ごはんを食べるのと同じことだよ、と特別なことではなく楽しい習慣にしていけるように、1歳前から準備すると後が楽ですよ。

まとめ

子供の歯磨きは、特別な時間を作らずに楽しい時間にするのがベストでしょう。もっとやる気をアップするには歯ブラシやコップなど歯磨きアイテムを一緒に選び揃えてみましょう。ブリアン歯磨き粉のように味覚やフレーバーが好きなものを選ぶのもよいでしょう。ブリアンなら、界面活性剤や発泡剤も入っていないので安心して使えます。うがいのできない赤ちゃんにもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です