ブリアン公式サイト1回70円!49%オフキャンペーン中!お試しはこちら

Q.子供のフッ素は費用がかかる?それとも無料?

ずばり、子供のフッ素は費用がかかります。

歯科医院によっても規定が違うかもしれませんが、通常保険対象外となるため無料ではなありません。

と言っても、それほど高くないので無理なくできる範囲なので大丈夫です。

毎日、子供の仕上げ磨きをしていてもどうしても歯垢が残ってしまう場合があります。

フッ素を塗ってもらうことで、歯垢がつくのを防いでくれるため、何もしないよりも歯垢がついて虫歯になるリスクを防いでくれるので安心ですね。

歯磨き嫌いのお子さんもいると思うので、できるだけやっておいたほうがよいです。

とはいえ、フッ素は永久的に万能ではありませんので、3ヶ月とか6ヶ月など定期的に塗ってもらう必要があります。フッ素のあと、1時間くらいは食事ができませんので、予約の時間を考えましょう。

また、やってもらっても、歯と歯の隙間に入った歯垢をとるには、きちんと歯ブラシを隙間にあてるか、糸ようじをする必要があります。

子供が嫌がっても、できるだけ糸ようじで歯垢をとることをお勧めします。

それと最近は、フッ素以外にシーラントという歯の表面にペーストのようなものを塗りこみ、同じく歯垢をつきにくくする処方もあります。

それは、歯科医にもよるかもしれませんが、保険対象になる場合がありますので、かかりつけの歯医者さんに確認してみましょう。

一番よいのは、毎食後きちんと歯磨きをして、おやつはなるべく規則的に甘いものを食べすぎないのが一番ですよね。

おやつでも、昔から食べられているようなおいもをふかしたものや、食事に近いものであれば砂糖が入っていないので虫歯のもとになりにくいですが、アメやガム、キャラメルなど砂糖がたくさん入っていてかつ口の中にずっと入れている状態になると、虫歯ができやすくなるので注意が必要です。

子供の乳歯はいずれ大人の歯になるからある程度大丈夫と思っている方もいるかもしれませんが、乳歯のうちに虫歯ができてしまうと歯の根っこの部分にも影響がでますし、神経を抜かざるを得ないこともあるので、あまく見ないほうがよいです。

今は、いろいろな予防法がでているので、できる予防策は積極的に行い、だらだら食べをやめて規則的な食事とおやつ、そして食後の歯磨きが何より大切ですね。

子供の歯を大切に守るために、周囲の大人が気にかけてあげることが必要です。

歯並びをよくするためにも、硬いものをよく噛むという習慣もつけさせたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.