ブリアン公式サイト1回70円!49%オフキャンペーン中!お試しはこちら

赤ちゃんの授乳時に歯が当たるから痛い!噛んでしまう原因と効果的な処置方法を紹介します!

授乳 歯が当たる

赤ちゃんが生まれたばかりの頃は、授乳中に乳首に歯が当たる痛みを伴うことはありません。しかし、しばらくして赤ちゃんに歯が生えてくると、授乳時に歯が当たることによる痛みで悩むお母さんはたくさんいます。

 

赤ちゃんに噛まれることがなくなれば痛みも解消され、授乳タイムもより楽しいものとなります。

 

そこで今回は、授乳時に赤ちゃんが噛んでしまうことの原因と噛まないための対策、効果的な処置方法などについて解説します。

赤ちゃんに歯が生えると… 授乳時は歯が当たるから痛い!

赤ちゃんが生まれたその日から、お母さんによる授乳ははじまります。しかし、生まれたばかりの赤ちゃんには歯が生えていないため、授乳時に乳首に歯が当たることで痛みを感じることはありません。

 

しかし、赤ちゃんに歯が生えてくると乳首を噛まれてしまうことによる、大きな痛みを伴います。乳歯の生え始めは生後3~9カ月頃と言われており、赤ちゃんによって大きく差があります。乳歯が生え始める頃はまだ授乳期間の最中です。

 

また、授乳の回数についても個人差はありますが、1日に5回程度行われます。授乳のたびに赤ちゃんに噛まれてしまうと、常に乳首が痛くて仕方がないという状況が起こります。赤ちゃんの歯はとても小さいですが、噛まれると耐えがたい痛みを伴います。噛まれたことで、授乳に恐怖心を抱いてしまうお母さんも実際にはいるので、赤ちゃんが噛んでしまう原因や噛まれてしまった時の適切な処置方法を知っておくことが大切です。

上の歯が生えるとさらに痛い!乳首に傷もできやすくなる

赤ちゃんの歯というのは、一般的には下の歯から生えてきます。その後は赤ちゃんの成長に伴って、上の歯も生えてくるというのが通常です。

 

赤ちゃんの歯がまだ下の歯しか生えていなかった時は、授乳中にたとえ噛まれたとしても「さほど痛みは感じない」というお母さんもいます。しかし、上の歯が生えてくると、授乳時に乳首を噛まれた時の痛みは倍増します。授乳タイムは赤ちゃんとのコミュニケーションの時間でもありますから、お母さん自体が

 

苦痛ばかりを感じてしまうのはもったいないことです。

 

さらに、赤ちゃんの上下の歯が当たることで乳首に傷ができやすくなってしまい、授乳中の悩みもより深刻になるというのはよくあることです。乳首にできてしまった傷はそのまま放っておいてもなかなか治ることはなく、悪化してしまう場合があります。乳首の傷を正しくケアすることは、授乳中の傷みを和らげることにもつながります。

赤ちゃんが乳首を噛むのはどうして?噛んでしまう原因は?

赤ちゃんはどうして授乳中にお母さんの乳首を噛んでしまうのでしょうか。赤ちゃんの問題としては、歯が生えてきてむず痒いからということが挙げられます。歯が生え始めたばかりの頃は、歯茎がむず痒く、赤ちゃんは不快だと感じます。

 

そのため、赤ちゃんは不快感を和らげるために、口の中に色々な物を入れたがります。この症状が現れた頃は、歯がためが役立ちます。歯がためなどのおもちゃを使って、赤ちゃんのむず痒さを解消してあげると良いでしょう。

 

次に、母乳の味の問題です。授乳中には、バランスのとれた食事が欠かせません。授乳中は野菜や魚、穀類、大豆などの食材がバランスよく使われている和食が理想です。授乳中であるにもかかわらず、ファストフードや外食ばかりを続けていると、母乳の美味しくなくなってしまいます。母乳が美味しくないと、赤ちゃんは乳首を噛んで訴えます。偏った食事はせず、バランスのとれた食生活が送れるよう心がけましょう。

 

また、赤ちゃんが乳首を噛むのはお母さんとのコミュニケーションのためでもあります。乳首を噛むとお母さんが痛がるのが赤ちゃんにとっては面白く、反応を見て楽しんでいるのです。

授乳中に噛まれないために!すぐに実践できる対策

授乳中に乳首を噛まれてしまうことの原因を押さえた上で、噛まれないための対策を知っておき、実践してみることをおすすめします。まずは、ママの指を使って練習をしてみましょう。赤ちゃんが指を噛まずに吸うことができるかどうかをチェックしましょう。

 

そして、噛まれた時にはすぐに赤ちゃんを引き離すように習慣づけましょう。赤ちゃんが乳首を噛んでしまって、お母さんが大げさに痛がる素振りを見せることを続けたら、赤ちゃんは「面白い」と感じて同じことを何度も繰り返してしまいます。「噛んだらおっぱいはあげないよ」ということを、授乳を中断することで示すことがポイントです。

 

また、授乳時の母乳の飲ませ方や姿勢について振り返ってみることもおすすめです。抱き方や飲ませ方、飲ませる方向を変えてみる、乳首を深く咥えさせるなど普段の授乳の仕方を見直し、工夫をしてみましょう。赤ちゃんの抱き方や飲ませ方を変えるだけで、授乳中に噛まれる頻度が減る可能性があります。

ケアも大切!保湿や傷の保護をしよう!

授乳中、赤ちゃんに乳首を噛まれてしまった時の痛みというのは、耐えがたいものがあります。そして、授乳時の痛みがあまりにもひどい場合には、授乳そのものがストレスになってしまうことさえあります。

 

乳首を正しくケアし、傷を保護することで、授乳がより幸せな時間へと変化していきます。専用のクリームなどを使って乳首を保湿すると、皮膚が柔らかくなります。そうすると、痛みが和らいでいきます。噛まれたことによる痛みがある時には、改善するまで保湿ケアを習慣化することがおすすめです。

 

乳首を保湿する時には、赤ちゃんの口に入っても問題のない成分の保湿剤を使用することがポイントです。自然由来の保湿剤であると安心安全です。

 

また、乳首の傷が深かったり、痛みがあまりにも辛かったりする場合には乳首保護器を使ってみても良いでしょう。「母乳を与えづらい」と感じた時には、乳首保護器を使うことがストレスを軽減することにもつながります。

赤ちゃんのむず痒さの解消には?歯磨き習慣が効果的!

歯が生え始めた頃の赤ちゃんは、歯茎に独特のむず痒さを感じるものです。そのむず痒さから、授乳中にお母さんの乳首を噛んでしまう場合があります。乳首を噛んでしまうことの原因が歯茎のむず痒さにあるのだとしたら、赤ちゃんは何かしらを「噛みたい」と感じている可能性があります。歯のむず痒さを解消させるために、歯磨きを習慣化させると効果的です。

 

「まだ歯も本格的に生えていないのに、歯磨きなんて早いのではないか」と考える人もいるかもしれません。しかし、歯磨きをすることで虫歯予防ができるというメリットもあります。虫歯予防とむず痒さの解消のために、赤ちゃんの歯磨き習慣をはじめてみてはいかがでしょうか。

授乳時の問題解消のためにも!赤ちゃんの歯磨きにはブリアンがおすすめ!

授乳時に赤ちゃんが乳首を噛んでしまう原因を正しく知っておくと、その原因に合わせた対策を講じることができます。授乳時の問題を解消するためにも、赤ちゃんの時から歯磨きの習慣を身に付けておくことがおすすめです。

しかし、赤ちゃんの歯を磨く時には「赤ちゃんにとってやさしい、安心安全の成分で作られた歯磨き粉でないと使いたくない」と感じるお母さんもたくさんいることでしょう。子どもの虫歯予防に特化した「ブリアン」はやさしい成分でできており、赤ちゃんでも安心して使用することができます。ブリアンは無添加で国内生産されているため、乳歯が生え始めたばかりの頃の赤ちゃんでも安心して使用することができます。

また、歯磨き自体を嫌がる子どもはたくさんいますが、赤ちゃんの頃からブリアンを使って歯磨きを習慣化しておくことで、自分で歯磨きをするような年齢に達してからも歯磨きを嫌がらずに行ってくれるようになります。

赤ちゃんの歯が当たることの痛みで悩んでいるお母さんは、ブリアンを使った歯磨きをはじめてみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.