ブリアン公式サイト1回70円!49%オフキャンペーン中!お試しはこちら

赤ちゃんの歯磨きを始める時期はいつから?

赤ちゃんの歯磨きはいつからスタートさせるのがよいでしょうか?

赤ちゃんは生後半年を過ぎると下の前歯が生え終わるのでこの時期から歯磨きを始めるとよいでしょう。

それ以前に歯が生えてきますが虫歯の心配がない時期なので授乳のあとに湯冷ましを飲ませると口の中を清潔にしておくことができます。

本格的なスタートといっても大人とは違うので最初は赤ちゃんが歯磨きに慣れるようにする事が大切です。

歯に触れる事になれるようにします。ガーゼで歯を拭いたり赤ちゃん用の歯ブラシを持たせるなど歯磨きに興味を持たせるようにします。

離乳食の後に湯冷ましを飲ませると口内もすっきりするのでよいでしょう。

仕上げは必要な時期ではないのでゆっくりと歯磨きに慣らせることが大事です。

8か月から10か月位になると仕上げの歯磨きが必要になります。

上の前歯は虫歯になりやすいため特に念入りに磨き残しがないように注意をします。

授乳をする時のように抱いてするとよいでしょう。

1日に1回から2回程度にします。

夜中の授乳は控えるようにします。

うがいかわりにお茶や湯冷ましも口内を清潔にする事ができるので効果的です。

嫌いにならないように機嫌が良い時にします。

1歳をすぎると離乳食も進むので歯と歯の隙間に食べたものが挟まりやすくなります。

寝る前の歯磨きを習慣づけるとよいでしょう。

仕上げはひざの上に赤ちゃんの頭をのせてすると上下の歯が良くみえるのできれいにみがく事ができます。

奥歯が生え始める頃には汚れもたまりやすくなりますからよく注意をして磨くようにします。

同じ時間に家族全員で歯磨きをすると嫌がらずに一緒にできるようになります。

歯ブラシを選ぶ時にはヘッドが小さめのものが細かいところまで磨く事ができます。

ブラシの毛は柔らかいもので密集しているもの、毛先がなめらかにカットしてある方が使いやすいでしょう。

3本セットで3ステップごとに使い分けできる歯ブラシも市販されています。

乳児が握りやすいように持つ部分が工夫されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.