ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

赤ちゃんに歯が生えた♪あれ?乳歯って何本生えるの?

乳歯,虫歯

赤ちゃんに乳歯が生えてくるって成長感じちゃいますね。
うまれたばかりの赤ちゃんは歯が生えていませんが、成長するにつれてきれいな白い歯が少しずつ生えてきます。

しかしこどもの歯の数や永久歯の数が、実際には何本生えているかわからないという人は意外と多いものです。

乳歯の生える本数と時期

まず乳歯の本数生える時期についてです。

乳歯は上の歯が10本、下の歯が10本の合計20本あります。歯が生えてくる時期や生える順番については、人によって違いがあり、かなり個人差があるといえます。

目安としては、生後7から8ヶ月ごろに、下の前歯から生え始めます。その後少しずつ生えていき、2から3歳の頃までには、20本すべてが生えそろいます。

永久歯は親知らずを含め、上の歯が16本、下の歯が16本の合計32本あります。こちらもかなりの個人差がありますが、6歳前後から下の前歯から生え変わります。次に手前の奥歯から生え始め、6から7年ほどかけてすべての永久歯が生え揃います。親知らずはだいたい17から18歳ころに生えてきます。

乳歯、永久歯の仕上げ磨きの重要性

小学校に入学すると、歯磨きは子どもに任せてしまい、仕上げ磨きをしないという人もいるかと思いますが、生え変わった直後の永久歯はまだ弱いものであり、虫歯になりやすい傾向にあります。

たとえ高学年になったとしても、親は仕上げ磨きや磨き残しがないかを確認をしてあげた方がよいといえます。

歯の生える時期や生える順番には個人差がありますが、本数も個人差があるといえます。

特に17から18歳ごろに生えてくると言われている親知らずについては、一生生えてこないという人もいます。また乳歯や永久歯がもとから少ないという人もたくさんいます。これを先天性欠如といい、乳歯にも永久歯でもどちらにも見られることです。

1,2本足りないことが多いですが、なかには10本足りないという人もいて、かなり個人差があるといえます。

これらの原因は遺伝によるもの、薬の副作用によるもの、妊娠中の栄養不足などがあげられます。

また反対に通常よりも歯が多く生えることもあります。これは過剰歯とよばれるもので、歯が作られる過程で、歯のもとである部分が二つに分裂したり、多く作られてしまうことが原因と言われています。

乳歯トラブルへの対処法

これらの対処法としては、先天性欠如の場合は、経過観察がほとんどです。乳歯の本数が足りない場合は永久歯もそのまま欠如する場合が多く、乳歯が全てそろっていたとしても、永久歯が欠如する場合もあります。

子ども 永久歯ない子どもの永久歯がない!?治療は?原因とは

まとめ

永久歯が生え変わる時期に、いくら待っても生え変わらない場合にはレントゲン撮影を行い、下に永久歯が準備できているかを調べます。たとえ永久歯が欠如していたとしても、しばらくはそのままで経過を見守ります。

中学生くらいになると、歯並びに応じて、乳歯を抜き、矯正治療を行い隙間をなくす治療を行うこともあります。そのまま抜くことなく大人になった場合には、30歳ころまでには、自然に抜けるとされています。この場合は入れ歯などで対処することになるでしょう。

乳歯は永久歯に影響をでてしまうので虫歯予防は早めに取り組みたいものですね。
ブリアン歯磨き粉は、乳歯を虫歯にさせたくない思いが詰まった歯磨き粉です。

乳歯も永久歯も代わりがあるものではないので知りうる知識総動員で虫歯予防に取り組みたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です