ブリアン公式サイト1回70円!49%オフキャンペーン中!お試しはこちら

必要不可欠な歯並び対策!乳歯のときはどうしたらいい?

生まれたばかりの赤ちゃんには歯は生えていませんが、生後6カ月くらいから徐々に乳歯が生えてきます。生える順番ですが一般的には下の歯から生えていき、上の前歯が生えてそのあと両脇に歯と生えていく順番になっていきます。乳歯が全て生えそろう大体3歳頃ですが、これはかなり個人差があります。6カ月くらいから生えるといってもそれがもう少し早い子もいますし、8カ月くらいから急にでてくるケースもあります。さらには遅くとも3歳くらいまでには、どの子も生えてきています。乳歯というのは上下あわせて20本です、上下左右でセットになっています。そして、はえそろったところに永久歯がはえてくることになっています。つまり乳歯がある部分の永久歯は、その上にある乳歯をどかして、そこに生えてくるわけですね。これがいわゆる生え変わりと呼ばれている歯のしくみになっています。

この生え変わりの時期も個人差があるので、いつから生え変わりが始まるかというのはそれぞれで違います。早い子でしたら6歳頃から始まり遅い子であっても、12歳くらいまでに生え変わりが終わるようです。このような生え変わりをしながら大人の歯になっていくというしくみになっています。歯に対する意識というのは人それぞれで違います。でもいずれ永久歯になってしまうのだから、多少虫歯になったとしてもいいし、歯並びに関しても、あかり気にしなくてはいいのではないかと思いがちですがそれはちがいます。乳歯というのはあくまでも永久歯の歯並びに影響を及ぼすので、その時から気をつけていかなくてはならないのです。たとえば幼児にありがちなゆびしゃぶりをしている子は、永久歯でも歯がでてしまう傾向がありますからなるべくやめさせるようにしたほうがいいです。また歯並びに関しては永久歯が生えてから考えるということではなくて、その前から真剣に考えていったほうがいいです。とくに子供の歯のときから矯正についての準備をしていったほうがスムーズに行われるといわれています。ですから歯の生え変わり時期頃にあわせて矯正歯科にいって今後のことを相談していくといいのです。

ただ歯医者さんというと、子供に限らず大人でも怖いというイメージがあります。それは麻酔をやったり削るという治療で痛い思いをするというイメージがあるからです。ですから幼児のころから歯科にいって歯をさわってもらうことになれていくことが大事です、そうすれば虫歯になるリスクも減らせますし、かりに歯並びがよくないということが分かった時点で早めに対処してもらえるからです。いつも歯医者さんにいく習慣をつけておけば、今後の治療ということになっても、積極的に治療がおこなえるのできれいな歯並びになっていけるのです。一番悪いのは、途中でつらいからと治療をやめてしまうことです。そうならないためにも幼いころから予防歯科をしっかりやっておくことで、きれいな歯を維持していくことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.