歯磨き中に歯がしみる・痛いは虫歯?歯磨きの歯の痛みを治す方法はあるのか

虫歯,歯磨き,しみる,治る,痛い

歯磨きをしていて「ズキン!」と歯に痛みを感じることはありませんか?

もしくは、うがいの際に歯が“しみる”といった経験をされた方もいらっしゃるでしょう。これらの症状の原因は、ほとんどの場合が虫歯や知覚過敏です。

しかし「たまに痛いくらいだから大丈夫だろう」「ちょっとだけしみた程度だから問題ない」として、症状を放置してしまうケースは珍しくありません。

虫歯は自然には治らない

虫歯治らない
残念ながら、一度でも虫歯になってしまった歯は自然に治るということはほぼありません。

毎日歯を丁寧に磨いたとしても、進行を食い止めるだけにとどまります。

そこで大切なのが、早期発見と早期治療です。

辛い症状を改善し、さらにひどい状況を作らないためにも、歯の健康に関する基礎知識を知っておきましょう。

お口のトラブルの原因はやっぱり虫歯?

口腔内トラブルで考えられるのは「虫歯」と「歯周病」です。

後者については、歯ぐきが腫れたり出血したりといった症状になるので、冒頭の症状があるようなら虫歯を疑うべきです。

ここからは、なぜ痛みなどが出るのかについて解説していきます。

段階別・虫歯の症状について

虫歯は程度に合わせ「C0」から「C4」の段階に分けられます。それぞれの状態や症状を見ていきましょう。

C0

痛みなどの症状はほとんどありません。歯の表面が少しだけ曇ったように見えます。この段階であれば、フッ素塗布や適切なブラッシング、キシリトールの応用で自然治癒が可能です。

C1

c1(シーワン)
歯の表面にあるエナメル質が溶けてしまった状態です。この段階でも、あまり症状はありません。ただし、治療の場合には歯を削り、詰め物を入れるケースが多いです。

C2

C2(シーツー)
虫歯菌がエナメル質の奥にある象牙質まで達している状態です。甘い物や冷たい物を口にするとしみたり痛んだりすることがあります。治療法についてはC1とほぼ同じです。

C3

C4(シーフォー)
歯髄にまで菌が達している状態で、かなり強い痛みを伴います。この段階になると、抜歯か根管治療が必要です。

C4

C5(シーファイブ)
菌によって歯のほとんどが溶かされてしまった状態です。この段階になると、入れ歯やインプラント、ブリッジなどの補綴(ほてつ)治療が必要になります。

その痛み、もしかしたら知覚過敏かも?

細菌によって歯が蝕まれていなくても、歯に痛みなどの症状を感じることもあります。

その場合は、知覚過敏を疑ったほうが良いかもしれません。

知覚過敏は歯の表面のエナメル質が何らかの理由で剥がれる・削れることで起こる現象です。主な原因は以下です。

 ブラッシングの力が強すぎる
 寝ている時に歯ぎしりをしている
 噛み合わせが悪い
 酸が多く含まれた食品を過度に摂取している
 歯周病や加齢によって歯ぐきが後退した
 歯科医院で歯石除去を行った
 虫歯の悪化

知覚過敏の対策としては、しみない歯磨き粉を使う、もしくは、唾液の分泌量を増やす工夫をするのも効果的です。

たとえばキシリトールガムを噛むのはおすすめです。

その他、歯を磨いた後でフッ素ジェルを塗るのも、知覚過敏の軽減に効果的です。

それでも症状が緩和しないようなら、歯科医院で治療を受けるようにしましょう。

自然に治ることはない? 一番の近道は歯医者さんへの通院

残念ながら、軽度の場合を除き、一度虫歯になってしまった歯は元に戻ることはありません。

もちろん、自宅でのケアを続けることは大切ではありますが、放置しておくと症状が悪化する一方だと覚えておきましょう。

そのため、痛みや“しみる”といった症状があるなら、早めの治療が必要です。
通わず1日で虫歯を治す方法もあります。
細菌が象牙質に届く前の段階であれば、治療の時間も費用も少なくてすみます。

治療後に予防歯科に通えば、その後の歯の健康を維持するのに役立つでしょう。

軽度の症状であればフッ素塗布で自然治癒に期待

歯の表面のエナメル質が多少溶かされた程度であれば、再石灰化を促すことで自然治癒が見込めます。これを後押ししてくれるのがフッ素です。

フッ素には歯の再石灰化を促す他、歯質を強化し虫歯に強い歯を作る効果があります。

歯科医院でフッ素塗布をお願いすることもできますし、普段の歯磨きにフッ素配合の歯磨き粉を用いるのもおすすめです。適切なブラッシングを心がけましょう。

もっとも効率がいいのは“予防”

治療を受けた後は、定期的に予防歯科へと足を運ぶようにしてください。お口のトラブルの早期発見・治療につながる他、予防処置を受けられるので、健康なお口の維持に役立ちます。

さらに、ご自宅でのケアも重要です。食後の歯磨きはもちろんのこと、フッ素配合の歯磨き粉を選ぶなどの工夫をすれば、健やかな口腔内環境を末永く守っていけます。

「もう痛い思いをしたくない」ということであれば、予防に力を入れるようにしましょう。

まとめ

虫歯や知覚過敏になってしまうと、食事を楽しめなくなるのはもちろん、歯を磨く時にも痛みなどを感じてしまうなど、毎日の生活に支障が出ます。さらに放置を続けると、大切な歯を失ってしまうことになるかも……。

歯に起こる「痛い」「しみる」という症状は、トラブルのサインです。早めに歯科医院などへ足を運び、治療後には健康な状態をキープできるよう、予防について目を向けてください。

予防は簡単なことではありませんが、継続することで虫歯になりにくいお口を手にすることは誰でもできます。⇒購入サイトを見てみる

それが、口内フローラに着目されたブリアン歯磨き粉です。

虫歯,歯磨き,しみる,治る,痛い

この記事が気になったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA