ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

乳歯が生える順番は?順番が変わると大変になる?不安にならない対策は

乳歯が生える目安もあり順番が通り生えてこないと親心として心配になっってしまいますね。

赤ちゃんが気がかり!乳歯の抜ける時期とタイミング 乳歯,生え替わり,時期乳歯が生え変わりする時期、順番、それっていつからどうかわるの。 乳歯,虫歯赤ちゃんに歯が生えた♪あれ?乳歯って何本生えるの?

乳歯が生える順番がもしも聞いていたのとは違ったら?弊害や子どもへの影響がないのでしょうか。

乳歯が生える生後6か月

乳歯が生えてくるのは、生後6か月頃になります。
最初の乳歯から生えそろうまでに2年ほどの期間がかかりますが、歯の発育も体の発育と同様に個人差があります。

その為、2歳を過ぎても歯が生えそろっていなくても心配することがありません。

乳歯・永久歯の違い

子供の歯の特徴として永久歯とは違う特徴を持っています。

永久歯よりも歯が少なく永久歯が28本、親知らずを合わせると32本なのに対して乳歯は20本しかありません。
また、歯の構造上の違いもあり、エナメル質と象牙質が薄くなっているのも特徴の一つです。

乳歯の生える順番

乳歯が生える順番は、生後6ヶ月から9カ月頃に下の歯から生え始めます。

その後9か月頃から10ヶ月頃に上の前歯、生後11か月頃から1歳頃に上下の歯4本が生えます。

1歳2ヶ月頃になると奥歯が生え始め1歳9カ月頃に犬歯、2歳半頃に第二乳臼歯が生え始めます。

歯が生えてくる時期になると歯茎が大きく膨らみ始め、指で触ると歯があることが分かるようになります。
また、この時期はよだれの量が以前よりも増えたり歯茎がむずがゆくなるなど様々な症状が見られることもあるでしょう。

生後6ヶ月頃になると急に夜泣きに悩まされてしまうこともありますが、この夜泣きは歯の生え初めのサインかもしれません。

乳歯の生え方と順番が大きな悩みに

歯の生え方や順番が違うことで心配になってしまう親御さんも少なくありませんが、歯の生え始める時期や順番には個人差がある為、過剰に心配する必要はありません。
不安な気持ちを抱えているのであれば、歯科医など専門家に相談することをおすすめします。

1歳未満のお子さんのいるお母さんの中には、歯の生える順番が違うことが大きな悩みになってしまう方もいます。

乳歯が奥歯から生えてきたら

前歯からではなく奥歯から生えてきてしまうと不安になってしまうというお母さんも多いことでしょう。

しかし、生える順番が違っていても問題はありません。

実は、前歯から生えずに奥歯から生えてきてしまったといお子さんは20%近くもいます。
生える順番を心配することはありませんが、歯の異常に関しては注意しなければいけません。
いつまでも歯が生えてこないなどの心配は、やはり歯科医に相談することがベストです。

最終的に歯が20本生え揃えれば全く問題はないので心配は無用です。

乳歯が生まれつき生えてくる本数が少ないことも

歯の異常の中には、先天性欠陥があり歯の本数が本来の数よりも少ない事があります。

子ども 永久歯ない子どもの永久歯がない!?治療は?原因とは

乳歯の場合、先天性欠陥により本数が少ないことも多くあるケースですが、永久歯が欠陥している場合は歯科医に相談することをおすすめします。

また、歯が2本くっついて生えてきてしまうなどのトラブルに見舞われてしまうことも少なくありません。
境目のない乳歯は虫歯になりやすいのでしっかり治療することが大切です。
また、永久歯が生えてくる時にスムーズに生え変わらないなどの問題もある為、きちんと経過を観察しながら歯科医に相談しましょう。

まとめ

子供の歯のことで不安を抱えてしまう際には、かかりつけ医や信頼できる歯科医に相談することで不安を解消できます。

乳歯のトラブルで虫歯が気になったら虫歯菌を除去できる歯磨き粉をお試しください。
⇒虫歯を防ぐ新常識はブリアン歯磨き粉をマンガで解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です