ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

乳歯が生え変わりする時期、順番、それっていつからどうかわるの。

乳歯,生え替わり,時期

乳歯の生え替わりの時期についてはこちらで書きました。
赤ちゃんが気がかり!乳歯の抜ける時期とタイミング

子供の乳歯、自分が子供の頃どんな風にそしていつ抜けて永久歯が生えてきたか覚えている方はいるでしょうか。

乳歯の生え変わりの時期

乳歯は生え変わりの時期があります。だいたい6歳前後の時期から抜け始め、永久歯が生え変わり始め、歯が生えそろい大人の歯となるのが14歳前後だといわれています。

また、歯が抜け始める場合にも、順番としては、一番最初に抜け始めるのは、下側の前歯から始まるといわれています。そこから永久歯が徐々に生えてくることになり、その後は乳歯が生えていない部分から生えてきて、次は上の前歯となります。

それからは前歯から徐々に後ろの歯が抜けて生え変わり、抜けた先から永久歯が生え変わります。12歳頃から14歳頃までにすべての歯が生え変わると考えられています。ただし、個人差もあるため、だいたいの目安として考えるといいでしょう。

乳歯が抜けそうで抜けないとき

生え変わりの時期では、乳歯が抜けそうで抜けなかったりすることもあります。抜けない状態が続いてしまう場合には、自分で無理やり引き抜いてしまうと、歯茎などが傷ついてしまったりする可能性もあるので、抜く場合には、歯医者で抜いてもらうといいでしょう。

また、乳歯は歯自体がそれほど強い歯ではないため、虫歯などにもなりやすく、また歯茎に関しても子供の歯茎は傷つきやすく腫れや出血したりすることもあるので、日頃からブラッシングをしっかりと行うことが大切です。

生え変わりの時期は、歯茎も傷つけやすい傾向があるため、口の中を清潔に保つことも大切です。定期的なブラッシングを怠らないこと、また歯茎が炎症を起こさないように注意しましょう。炎症を起こしたり、出血などがある場合には、念のため歯医者で治療してもらうことも大切です。

指しゃぶりの癖は歯並びを悪化させる

子供が小さい頃の場合には、指をしゃぶる癖がある子供もいるでしょう。

しかし、長い間指をしゃぶり続けていることで、徐々に顎が変形することがあります。そうすると、歯並びなどが悪くなる可能性もあるので、できるだけその癖を改善することができるように、親がしっかりと指導しましょう。

乳歯の虫歯は放置しない

生え変わる前の歯が虫歯になった場合には、放置することはあまりよくありません

どうせ生え変わるから問題ないと歯医者での治療をしないと、虫歯が悪化してしまい、その影響は永久歯にも及ぶ場合があります。また、虫歯が悪化することで抜歯などの状況になってしまうと、永久歯が生えてくる時にちゃんと生えてこずに、歯並びが悪くなる可能性もでてきます。

生え変わる前であっても、きちんと虫歯の治療をしてもらうようにしましょう。子供が虫歯の初期段階では気づかない、また、親に伝えずに気づかないで悪化してしまうこともあります。

まとめ

子供の歯の状態は、こまめにチェックして歯が変色したり、痛みなどがないかどうかを確認しましょう。

また、ブラッシングもある程度親が差ポートすることで、虫歯を予防してあげることも大切です。歯は生きていく上でとても大切なものです。歯や歯茎になんらかの違和感や傷、痛みなどがある場合には、できるだけ早めに歯医者で診察をしてもらうといいでしょう。

ブリアン歯磨き粉は子どもに優しく乳歯を守るために、歯科医師が全力を注いで開発した歯磨き粉です。自宅で毎日歯磨きするだけで虫歯菌が活動しにくくなる環境を手にすることができますよ。

虫歯にならないよう予防してあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です