ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

せっかく生えてきた乳歯の生え方がおかしい!ママが気をつけたいポイントと対策

乳歯,生え方,おかしい

乳歯が生えてきた!と喜んでいたのに、あれっ?なんだか生え方がおかしいかも?

はじめてのお子さんだと余計に心配になることもあるでしょう。

乳歯の生え方は毎日の仕上げ磨きで

子供の場合には、自分で歯の状態がおかしいと気づくことは、なかなか難しいものです。親がまめに子供の歯の状態をこまめにチェックしておくことが、なんらかの異常があった場合などの早期発見につながり、虫歯などがあった場合などは、早期治療につながることでしょう。また、乳歯の場合には、さまざまな生え方をする場合があります。

歯の数が多すぎる場合に関しては、様子を見ておき、状況によっては、歯医者で抜歯してもらい、永久歯がちゃんとした歯並びになるようにしてもらうようにしましょう。逆に歯の数が少ないこともあります。

この場合には、特に気にせずそのままの状態で経過をみているだけでいいといわれています。ただし、永久歯の生え方が悪くなりそうな場合、また、隙間が十分に確保できず永久歯がしっかりと生えてこられないような状態ならば、矯正治療などを行う必要がでてくる場合もあります。

歯が変色している場合には、歯自体が弱いケースや虫歯による変色、また食生活において歯に着色してしまうケースなどが考えられます。

乳歯は定期的な歯磨きを

歯が弱い状態ならば、虫歯になりやすいため、定期的な歯磨きを重点的に行い、虫歯予防をしましょう。また、虫歯になりやすいため、親がまめに歯の状態をチェックしてあげましょう。

歯がしみる状態や、虫歯になりかけの歯があった場合には、すぐに歯医者で治療をしてもらうようにしましょう。

着色による歯の変色の場合では、食生活を見直してみましょう。歯に色がつくような食べ物や飲み物がないかチェックをして食生活を改善していきましょう。着色が気になる場合には、歯医者で変色した部分を落としてもらうといいでしょう。

乳歯の生え方がおかしい

乳歯の生え方がおかしい場合には、かみ合わせなどが悪くなるケースもあります。かみ合わせが悪いことで、食事をした時に食べ物をしっかりと噛むことができないため、消化不良などを起してしまう原因になることもあります。

ですが、基本的に乳歯の場合には、特に対策をしなくても、日々、過ごしているうちにかんだりすることで少しずつすり減っていきかみ合わせがうまくいく場合があります。そのため、そのままの状態でもかまわないケースも多いですが、かみ合わせが悪いことでストレスが溜まったり、食事をする時に苦労しているようなら、歯医者で相談してみるのもいいでしょう。

また、子供の場合には、歯茎が弱ってしまうことでも歯が安定しなかったり、歯茎が腫れたり、歯茎から出血したりすることもあります。日頃のブラッシングを丁寧に行うことで対策をしましょう。歯の土台になる歯茎に関してもしっかりとブラッシングしておかないと、歯にとってもあまりいい影響を与えません。子供が歯磨きを適当にしている場合には、しっかりと親がチェックして丁寧なブラッシングを心がけるように注意しましょう。ブラッシングがしっかりできることで、歯茎の状態もよくなり、また虫歯の予防にもつながります。

歯が弱く虫歯なりやすいなら新聞や有名サイトでも紹介、注目の子供用歯磨き粉をお試しください。⇒ブリアン歯磨き粉の効果を体験しています。詳しくはこちらへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です