赤ちゃんの歯磨きで選びたい歯ブラシの3つのポイント

赤ちゃんも成長する事で生えてくることになります。

毎日少しずつ成長する過程を見るのはとてもうれしい事ですが、下側の前歯が2本生えて来た段階から歯磨きを開始するのが良いと言われています。

口の中を常に衛生的に保ってあげるのはお母さんやお父さんなどの役目でもり、歯が少し生えてくると虫歯になるのではないかと心配にもなります。

尚、赤ちゃんはとてもデリケートな存在であり、大人と同じようにしてしまってはいけません。

例えば、歯ブラシを使ってゴシゴシと磨いたり、大人用の歯磨き粉を使うなどは避ける事が大切です。

大人でも、歯ブラシを使って力強くゴシゴシと磨けば、歯茎が傷ついてしまい、出血する事もありますし、歯磨き粉はなるべく使わないのが歯を大切にするコツでもあるのです。

因みに、歯磨き粉と言うのは歯の表面についた汚れを落としやすくする目的で研磨剤が入っているため、多くの歯磨き粉を使ってゴシゴシと磨くと歯の表面を削ることになり、歯の健康にはよろしくありません。

また、大人用の歯磨き粉を赤ちゃんに使えば、辛いと言った刺激を与えてしまうわけですから、専用の歯磨き粉を使ってあげる事が大切です。

歯ブラシについても成長に合わせて選んであげる事が大切です。
一般的に、生後6ヶ月を過ぎると、下側の前歯が2本頭を出して生えて来て、1歳の頃になると下顎には4本の前歯、上顎にも4本の前歯が生え揃って、合計8本の歯が生えてくることになります。

また、1歳半を過ぎる頃には第一乳臼歯は生えて、合計12本、2歳半になると乳歯列は完成となり合計20本の歯が生え揃う事になるわけです。

尚、歯ブラシの毛先は滑らかに処理が施されていて、毛が柔らかく、密集しているもの、カットはフラットになっているものなど赤ちゃん用の歯ブラシの選び方のポイントを抑えて選んであげる事などが大切です。

また、歯磨き粉は赤ちゃん用や小児用のジェルタイプがお勧めで、赤ちゃん用のジェルタイプには研磨剤が入っていないので、生えたばかりの歯を傷つけてしまう事も無いので安心です。

この記事が気になったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA