ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

赤ちゃんの歯磨きにフッ素を使っても大丈夫?

通常、生後3ヶ月から9ヶ月になると歯が生え始めます。

下顎からかわいらしい小さな乳歯が生えてきますが、赤ちゃんの歯はむし歯になりやすいので、歯磨きで予防します。

そこで気になるのがフッ素です。

フッ素がむし歯を予防に大きな力を発揮することが知られるようになりました。

それをきっかけにフッ素入りの歯磨き粉も販売されるようになりましたが、赤ちゃんの場合はどうででしょうか。

最近ではフッ素を体内に取り入れてしまうと「歯の発育不全がある」などと指摘する声も出ており、親御さんとしては心配になってしまいます。

結論から言えば、歯磨き粉に含まれるフッ素は1日3回利用しても問題がない基準です。

また、最近では赤ちゃん用の歯磨きジェルが販売されているので、これを使うことをおすすめします。

赤ちゃんの歯磨きをするときには、膝枕にして歯磨きをします。

そのため、歯磨きの途中で唾液などと一緒に飲み込んでしまうことがありますが、これも一般的な量であれば問題ありませんので、あまり神経質にならずに対処することをおすすめします。

フッ素はいろいろと言われていますが、赤ちゃんの歯を丈夫にする役割があります。

赤ちゃんの歯は、基本的に柔らかくむし歯になりやすいです。

食事をする際に咀嚼し、唾液のなかに分泌されるカルシウムが乳歯に取り込まれ強化されていきますが、食事の後にすぐに寝てしまったり、食事のさいに水などを好んで飲むため、唾液が十分に分泌されず、歯が強化されないことがあります。

フッ素は、まだまだ柔らかい乳歯を硬くし、むし歯になりにくい歯にしてくれます。

赤ちゃんの虫歯を防ぐには、歯が生え始めの頃に歯医者に通院し検診を受けることが大切です。

最近では、フッ化物塗布も注目されています。

フッ化物塗布とは、生えてきた乳歯にフッ化物を塗布することで、歯が硬くなるのを促進しむし歯になりにくい歯を目指します。

もちろん、歯医者でフッ化物塗布をしただけは虫歯になってしまうので、しっかりと歯磨きをしてむし歯を予防しましょう。

おすすめ!ブリアン歯赤ちゃんに最高!毎日使うだけで虫歯菌を除去する歯磨き粉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です