ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

何歳から始めるべき?子供が嫌がるフッ素の歯磨き粉を上手に塗る方法

フッ素,何歳から,嫌がる,子供,歯磨き粉

小さな子供は自分自身で歯の健康を維持できません。将来的なデンタルヘルスを守るためにも、親御さんの協力が必要です。しかし……

「赤ちゃんは何歳から歯磨きをはじめていいの?」
「歯磨き自体がどうしても好きになってもらえない……」

というお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、お口のケアをはじめる最適なタイミングや、歯磨きを嫌がるお子さんへの対策についてご紹介します。小さなお子さんをお持ちの方は、ぜひ参考にしてください。

 
赤ちゃんの歯磨きは何歳から?

 

正解は「歯が生えてきたら」

 

生後半年~1年になると、だんだん赤ちゃんのお口の中には乳歯が生えてきます。このタイミングになったら、歯磨きをスタートしてもOKです。ただし、赤ちゃんは当然自分で歯磨きはできないので、親御さんの手を借りることになります。以下で、それぞれのタイミングに適切なケアのポイントを見ていきましょう。

歯の生えはじめ

この頃の赤ちゃんの主食は離乳食や母乳。間食をする機会はほとんどありません。そのため、お口の中は唾液の浄化作用によって清潔に保たれていることがほとんどです。虫歯の心配はほとんどありません。

ただし、今後のデンタルケアのことを考えるなら、この時点で「口に物が入る」という体験に慣れておいてもらいましょう。

下の前歯が生えてきた頃

下顎の前歯には唾液が付きやすく、虫歯になる可能性は低いです。ただし、このタイミングになったらそろそろ本格的なケアをスタートするようにしましょう。とは言え、いきなり大人用の歯ブラシを使うのは嫌がられてしまうかも。まずは塗らしたガーゼで汚れを拭き取るようにしてみてください。なお、赤ちゃん用の歯ブラシを使ってもいいですね。

上下合わせて4本の前歯が生えた頃

上顎の前歯は虫歯になりやすい歯です。下顎の前歯よりも気を遣わなくてはならないので、本格的に赤ちゃん用の歯ブラシを使いお手入れをはじめます。また、親御さんが仕上げ磨きをしてあげるとなお良し。ちなみに、歯磨き粉を利用しても良いですが、この頃の子供はまだ“うがい”が上手にできないかもしれません。そんな時のために、ゆすぎ不要の歯みがきジェルを用いるのもポイント。8~9カ月のお赤ちゃんであれば、1日に0.1g程度を目安に使用してください。

奥歯が生えてきた頃

1歳半から2歳半頃になると、子供のお口の中には奥歯が生えてきます。奥歯には細かい溝があり、食べ物が詰まりやすいので虫歯のリスクが上昇。さらに、ご両親のお口からお子さんのお口へと虫歯菌が感染しやすい時期でもあります(母子感染)。

 

この頃には、大人と同じように食後の歯磨きを覚えさせましょう。また、就寝前にはかならず親御さんが仕上げ磨きをしてあげてください。
歯磨きを嫌がる我が子……どうしたらいい?

 

フッ素は歯の再石灰化を促し、歯質の強化にもつながる優れものです。最近の歯磨き粉や歯磨きジェルにも配合されることが多くなってきました。お子さんの歯を磨く際には、ぜひ活用してください。

 

ただ、中にはフッ素の歯磨き粉を嫌がったり、歯磨き自体に苦手意識を持ったりしてしまう子も少なくありません。そんな時のための対策のポイントをご紹介します。

 

味が苦手の原因かも?

フッ素配合の歯磨き粉には、ミント系の味がついたものが多く存在しています。すっきり爽快感が得られるので、大人にとっては気分がいいものかもしれません。ただし、小さな子供の場合にはこの刺激に敏感になって嫌がる子も多いです。そのため、歯磨き粉を選ぶ際には、子供用として売られているジェルタイプのものを選んであげましょう。

磨き方は“優しく”が基本

小さな子供にとって歯磨きは少し怖いもの。そのため、大人が磨いてあげる際には力加減の調整が必要です。歯ブラシは鉛筆を持つような形にし、100~150グラムの力で磨いてあげてください。どの程度の力加減なのかは、ご自宅にあるキッチンスケールなどで測ってみると分かりやすいでしょう。

 
「こんなに優しく磨いて汚れがちゃんと落ちるの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんがご安心ください。弱い力でも十分に歯に付着した汚れは落ちてくれます。乳歯は柔らかいので、大人が磨くようにゴシゴシと力を入れるのは厳禁です。

歯磨きは楽しいものだと思ってもらう

歯磨きはスキンシップだと思い、楽しみながら行うようにしてください。おしゃべりをしながらや、歌を歌いながらでも結構です。また、磨き終わった後はお子さんをしっかり誉めてあげましょう。また、歯磨きを毎日同じ時間に行うようにすると、習慣が付いて“慣れ”につながります。

まとめ

子供の歯の健康を守れるのは親御さんだけです。お子さんの健やかな成長を望むのであれば、適切なタイミングでお口のケアをはじめてあげましょう。その際には、お子さんが歯磨きを好きになってもらえるよう、今回ご紹介したポイントなどをぜひ活用してみてください。

どうしても歯磨きを嫌がるようなら、ブリアン歯磨き粉をお試しください。ブリアンは、子供の味覚に合わせて作られている口内細菌に働きかける成分を配合しています。フッ素のように飲み込んでは危険な歯磨き粉でないのも使いやすいポイントになるはずです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です