フッ素効果あり?歯医者もすすめる方法は安心してはいけない

フッ素 効果

フッ素は必ず歯医者さんで塗布しているのに歯科検診で虫歯が見つかるケースも多々あります。

小さな子どもの虫歯予防に気を使うご両親は数多く、わたしの家でも過言ではありません。

歯は一生もの。

だからこそ、虫歯には可能な限りしたくないのと思うのが親の責任というものなのかなと理解を深めているこの頃です。

フッ素を歯科医でしているのになる虫歯

虫歯にしたくないと歯医者へ歯垢をとってもらい、フッ素を塗りデンタルケアに励んでいるお母さんをよく見ますよね。

だけど、歯医者に通う子ども的なストレス案外大なんですよね。
わたしが子供の頃は子供に合わせて治療というのがほとんどなかったんですけど・・・ね。

今ではスッカリ子供用のスペースを設置している歯医者も多くなりました。

歯医者さんの努力もわかるのですが、親的な時間的ストレスや金銭的なストレスはもっと大きいですね。歯医者帰りに玩具まで買うことにもなり兼ねません^^;

帰り際に、お家でもフッ素で虫歯ケアしてくださいね。
※歯磨き粉に含まれるフッ素というのは、フッ化物、フッ化化合物をいいます。

こんな経験、歯医者さんでありませんか?

フッ素が虫歯菌(ミュータンス菌)予防に圧倒的に効果を示すかのようですよね。

わたしも、歯科の業界に15年勤めていましたのでそんなことは常識です。

食後にはフッ素洗口液でキレイにとか、フッ素入の歯磨き粉が・・・とかいろいろ使っていました。

でも、実際フッ素って本当に効果があるものなのかどうか気になったことありませんか?

フッ素の気になる効果

フッ素って本当に効果でているのかな?と思う方もいると思うので最初に答えお伝えしますね。

答えは NOです

全くないと言うわけではありませんが、フッ素をしているから絶対に虫歯にならないと過信は非常に危険です。

実際、学会でもフッ素効果に対して懐疑的な先生が多くいらっしゃり効果がないという論文まででています。そればかりか小さい子供へのフッ素塗布に関しては歯チャンネルでも意見が割れますよね。

フッ素の蘊蓄

以前から過剰摂取は深刻な毒性を及ぼすというのは知られています。

歯に使うのはフッ化化合物ですから、だいぶ違う代物といっても良い気もします完全に素人考えですが。

フッ素(Fu)は工業用として半導体や液晶の製造装置にたまったカスを除去する際に使われたりロケットの燃料や光ファイバー、レーザーなどにも使われますね。

フッ化物とフッ素の違いはこちらご覧下さい

ユニセフが出した「フッ素についての安全性」について

フッ素の安全性について1日あたり適量な量のフッ素摂取は虫歯を予防できる有効な方法は間違いありません。

しかし、1日あたりの適量は個人の栄養状態が異なり体内に吸収されるフッ素に影響し一概に言えないのではと感じてしまいます。

これは、どういうことかというと本来、我々はフッ素を飲料水や空気中、食品からも摂取しているものでその摂取している量は想像している量よりもはるかに多く過剰な摂取になるのでは?という危惧があるからなのです。

ユニセフが発表しているとは知りませんでしたよね。
フッ素が虫歯予防に使用されたのは今から80年近く前だそうです。

その際に、科学者たちはある仮説をしました。

歯のエナメル質を溶かす酸を作る細菌の酵素は抑制でき妥当である
他の口腔内の酵素も阻害し虫歯予防の作用よりもはるかに害があるのではないか?

というものでした。

結局現在では、このことを知ってか知らずか
当たり前のようにフッ素神話が完成してしまいましたが・・・

フッ素のメリット

歯の表面に塗布することで、歯の表面を溶かされても初期虫歯程度あれば再石灰化と言われる修復が行われ、
ただ戻すだけではなく溶ける前の歯よりも硬く虫歯に強い歯にすることができます。

適量であればです。

ライオンさんのホームページにも書いていますが、

  • 歯磨き粉の使用料の目安を守ること
  • 歯磨き粉を飲み込まない

薬もそうですが、適量を守ることで良い効果を導き出します。これってほとんどものが同じことが言えます。
何事も適量というやつです。

フッ素のデメリット

フッ素にはこのよう症状があることも把握しましょう。

急性中毒症状:嘔吐、腹痛、下痢、不整脈、昏睡

わたしたちの生活ではほぼなることはないと思いますが、万が一もあります。

慢性中毒:インドや温かい地域でフッ素含む飲料水を飲み続けたことにより起きたことが指摘されています。

  • 斑状歯
  • フッ素症

フッ素の効果、知っておきたいメリットとデメリット

2017.04.06

フッ素は虫歯予防になるの?

磨き残しの歯垢(プラーク)があっても酸の生成を少なくし量を抑え、酸で溶けた歯の表面を強固にする効果が期待できます。

ここに若干カラクリが100%の効果があるわけでないのですよ。

実際、歯医者に通ってクリーニング、フッ素塗布、家庭でも仕上げ磨きの徹底とフッ素塗布なのに虫歯になったという話をよく聞きます。

  • 歯医者と同じクリーニング家庭できますか?
  • お母さん仕上げ磨きにそこまで時間取れますか?

ただでさえ、子どもは歯磨き嫌いです。

 

歯医者では、歯垢を取り除き歯周ポケットと呼ばれる手磨きでは届きにくい部位までキレイにしたあとフッ素を塗布しています。
歯垢、歯周ポケットには数多くの虫歯菌(ミュータンス菌)が存在します。

見えてきましたか?そうです、口腔内を隅々までキレイにして初めてフッ素を塗布することで効果が期待できるものです。

こんな労力、日々忙しいお父さん、お母さん100%時間かけられませんよね。。。

毎日朝晩嫌がるこどもを羽交い締めにして仕上げ磨きとフッ素塗布

だけど、歯科検診で見つかる虫歯・・・親も子も精神的ストレスは半端じゃないです。

フッ素は、使い方を間違わなければ虫歯に予防になるものとお考えください。
神話的な予防になるものではないんです。

そもそも、虫歯菌(ミュータンス菌)は食生活にも影響されるものです。おやつを上げるタイミングが多いと虫歯リスクは高倍率で上がります。
どんなに気をつけていても虫歯菌(ミュータンス菌)がいなくならなければ虫歯になるんです。

お父さんお母さんが虫歯に対する正しい知識を持ってもらうことが大切だと思います。

まとめ

口内環境の改善、食生活、フッ素で歯質の強化と取り組むことで虫歯予防はさらに精度が高まると思いました。

唯一市販されている歯磨き粉ブリアンは、口内の細菌叢(さいきんそう)のバランスを整え虫歯菌の活動を縮小させることも可能のようです。

フッ素とブリアンで歯質強化、口内バランスを整えて虫歯菌の繁殖しにくいお口を手に入れる方法もあることを知っておいてくださいね。

ブリアン歯磨き粉の効果や特徴を知ってみて両方上手に利点を得ることが理想です。

虫歯を予防するのは当たり前のように言われていますが、苦労して何度も歯科医に通院し、仕上げ磨きをし、ケアをしていても虫歯になるときはなってしまうもの。

だからこそ、フッ素を使えば大丈夫、ブリアンを使えば大丈夫ということではなく、良いところ取りが子供を虫歯から守るために必要なことかもしれません。

是非最良の方法を選びツラい思いをさせないようにしたいものですね!

フッ素 効果

この記事が気になったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA