ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

フッ素が入ってない歯磨き粉を使うときに気を付けたいポイントまとめ

歯の健康にも優れていると言われているフッ素は、多くの歯磨き粉でも使用されている成分で、それで歯を磨くと歯が丈夫になることから奨励されています。

一方、フッ素自体には、その摂取量などの影響で発がん性物質となり、がんを始め脳機能障害、骨肉腫などの病気の原因となると言われています。

特に小さい子供の摂取の場合はADHDという発達障害の原因になるなど毒性が強い成分です。

それだけでなく、フッ素は中毒を起こすことがあり、虫やねずみ除去剤などでも使用されることから、生物には悪い物質と研究結果も出ています。

現在の歯磨き粉の配合される量は、微量のため人体への影響も少なく安全と言われていますが、さらに研究結果が進むにつれて違った結果が出るかもしれません。

フッ素が入っていない歯磨き粉の登場

そのため、最近では安全性の確保のためにもフッ素が入ってない歯磨き粉も開発され市販でも登場し、フッ素の毒性を嫌うことで選択している方もいます。

ただその摂取量によっては毒性が指摘されますが、一方では優れた効能があり、まずプラークでの細菌の活動を抑制すること、糖分と唾液などで生まれる酸などで溶けるエナメル質を修復することが存在します。

その他に歯質を強化できることもあり、虫歯予防にも優れ、口内の洗浄を行う上では最適な成分で注目されているのも事実です。

フッ素が入っていない歯磨き粉を使う際の注意点

もし仮にフッ素が入ってない歯磨き粉があるとすれば、こうした上記の働きがないこととなるため、口臭を予防したり、歯質が強化されず虫歯になりやすい可能性があります。

また虫歯になる前の段階では、必ず初期虫歯を経由して本格的な虫歯に至ります。

初期虫歯は、再石灰化しやすい状態を作り出せば修復することができる虫歯で、その修復を行う上ではフッ素配合の歯磨き粉による歯磨きケアが有効となります。

また初期虫歯にかかった場合には、半年から1年ほどの期間がかかり、その間磨き続けなければ修復されません。

従ってフッ素歯磨き粉を使う上では、初期虫歯対策が出来ないことに注意をする必要があり、歯の食べかすや糖分などの歯を溶かし虫歯の原因でもある酸を生み出さないケアを行うことが重要なポイントとなります。

まとめ

このようにフッ素歯磨き粉を使う上でも最低限の条件というものがあることを理解してください。

歯医者で高濃度の歯磨き粉を塗る前に必ずクリーニングを行うのは最低限の下処理をした上でなければフッ素の効果も生かされないからです。

それはそうですよね。
糖分が歯に付着している状態でフッ素を塗りたくっても既に糖分は付着しているわけですから、効果も低くなってしまいます。

虫歯予防には、フッ素をしているから必ず虫歯にならない。という考えは捨てた方がよいかもしれません。

的確なブラッシングは必須なテクニックとなりますね。

+αとしてブリアン歯磨き粉を併用することで強力なタッグとなるのは目にもみえて明らかに思えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です