フッ素の効果、知っておきたいメリットとデメリット

フッ素

フッ素の効果にはメリットとデメリットを把握する必要があります。
歯科医院への通院をすると必ずと言っていい程現在ではフッ素塗布を施術されます。

フッ素は「歯を強くする」、「虫歯になりづらい歯にする」為にも必要だと言われていますが、実際にどの様な変化が歯に起きているのかを理解しておきましょう。

フッ素塗布で歯で起きている変化についてまとめました。

フッ素塗布で歯に起きる変化とは

私達の体の中で最も硬い組織である歯は、食生活を支えている大事な器官です。

歯の最も外層部分は、エナメル質と呼ばれる層になっているのですが、そのうち9割以上を占めるのがハイドロキシアパタイトという硬い物質です。

Ca10(PO4)6(OH)2という化学式で表されるのですが、OHの部分は塩基となっている為、酸性物質と反応しやすく、酸に脆い物質だと言えます。

これに、
フッ素が化学反応を起こすことでフルオロアパタイトと変化します。

Ca10(PO4)6(OH)2+2F→Ca10(PO4)6F2+(OH)2

化学式が難しい!
という方は酸にくっつきやすい部分がフッ素になってより強固で酸に強くなったのがフルオロアパタイトだよ!

というイメージで大丈夫です。フッ素塗布によって酸に強い歯を形成するのが目的なのですが、何故酸なのでしょうか。

酸に強い歯を作る理由とは

一般に虫歯というのは虫歯菌が溶かしているという認識が常識だと思います。
これは正しくもあり、間違っているとも言える認識なのですが私達の口の中で生活している細菌はただ自分の住みよい環境を作ろうとしているだけなのです。

私達が食べるご飯等の残りが歯に付着してプラークを形成するのですがこれは弱酸性の物質で、虫歯菌は強酸性の環境を好むため、プラークを分解して乳酸と蟻酸を作成します。

そして自分の周りを強酸性に変化させていくのですが、その過程で歯が強酸に触れて溶け出してしまうのです。

この過程を防ぐために普段から糖の摂取を控える、歯磨きをする、口腔環境を整える等の方法が取られていますが、私達が睡眠中にも細菌は絶え間なく活動しているために万全な対処法をとることが難しく、歯自体の耐酸性を上げる必要があるのです。

フッ素塗布によって期待される効果とは

最も大きな効果としては耐酸性を上げ、溶けだす危険性を下げる事になりますが、もう一つフルオロアパタイトという物質に変わることで細菌が付着する為のプラークの形成を阻害することができます。

プラークというのは食べ残しや、最近の集まりなのですが、ハイドロキシアパタイトに比べフッ素の結合したフルオロアパタイトはプラーク層が自然形成されにくく、相乗的に細菌の出す酸に強くなっていきます。

従ってフッ素塗布による虫歯予防というのはとても期待できる効果の大きいものだと言えるのです。

フッ素塗布によるデメリット

フッ素が原因の病気、症状というのも存在します。特に斑状歯やコラルド褐色等が該当しますが、これは硬すぎる歯牙が原因でなるものです。

通常柔らかい物は破砕しませんが、固くなるほどに破砕リストが高まります。微細な穴が歯牙に現れてくる症状なのですが、日常的にフッ素を取り続けている事で悪化する病気です、口腔内だけで言えば固くなりすぎた歯牙が欠ける事だけになりますが全身疾患としては骨にもその作用が及び全身の骨に及ぶもの、関節に及ぶものも存在しますが全国的に見ても稀なものです。

米国では水道水にフッ素を混ぜているにも関わらず症状に出て来る比率は大きくない為、通常の塗布量や生活で摂取するフッ素ではまず問題は無いと言えるでしょう。

市販のフッ素配合歯磨き粉や洗口剤

歯科医院でのフッ素塗布に比べとても濃度が低く設定されている為日常的に活用しても問題ない物が多いです

フッ素に関しては過ぎたるは及ばざるが如しの考え方で付き合うのが賢明であり、もし市販のフッ素配合物を使っているのであれば歯科医師への申告を忘れないようにしましょう。

普段からフッ素配合の物を使用されている方は余程歯への健康に気を使っているかと思いますが、その上からフッ素塗布を行うことは却って歯の変色等に繋がる可能性があります。

また、固くなりすぎた歯というのは化学的な酸への耐性が強くなっていても物理的に脆くなってしまうのです。硬い石を地面へ落とすと割れてしまいますが、柔らかい物は多少衝撃を受け流すことが可能になります。

硬くしすぎる事もまた良くない事だと意識していきましょう。

フッ素塗布でより良い口腔環境を作り出すために

歯科医院等で施術されるフッ素塗布は、濃度が高く頻繁に行う事は逆効果だったりしますが、歯科医師のメンテナンス管理に従うレベルであればデメリットを考慮する必要はないと考えられます。

歯牙の耐酸性を上げて、虫歯を作り出す細菌の繁殖をコントロールすることで虫歯を回避する事はより良い口腔環境を作り出す足がかりになるはずです。

また、フッ素塗布も万能ではありません。

虫歯リスクを下げることは出来るのですが虫歯を完全に防ぐことは難しいと言えます。

日常的な口腔ケアを習慣化させ、歯科医院でのメンテナンスを受けることで虫歯リスクを最大限低下させる事が出来るのです。

毎日の仕上げ磨きや口腔ケアに不安があるなら、歯磨き嫌いを克服できた!と口コミの多いブリアン歯磨き粉がおすすめです。自然と歯磨きの習慣を身につけられる歯磨きを試しみるのもいいかもしれません。