ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

早まるな!歯磨き嫌いの子どもに電動歯ブラシを使ってはいけません!

歯磨き嫌い 電動歯ブラシ

まず始めに、電動歯ブラシにお世話になったことがある、若しくは今現在でも電動歯ブラシを使用している方々は多いと思います。

電動歯ブラシを歯磨き嫌いに使える?

通常の歯ブラシと違い、電動歯ブラシはメリットが多く歯ブラシにかかる時間を短縮することも出来る現代社会人には必須アイテムに近い代物です。

しかし歯ブラシがまだ習慣づいてない子どもは基本的に電動歯ブラシが嫌いなのですが、それは一体何故でしょうか?

1.電動歯ブラシ特有の振動

お口の中で振動するものは電動歯ブラシ以外では歯科医院での器具が思い浮かぶのではないでしょうか、子どもは歯科医院が余り好きではない傾向があります。

歯科医院に行く理由としてはメンテナンス、歯科治療、ブラッシング指導等といった大人では中々時間が取れずに行くことが出来ない贅沢な悩みだと思われるかもしれません。

子どもは自分の時間を持ち始める頃から歯科医院に通うようになるのですが、楽しいお出かけだと思ったら歯科医院へ…なんて経験から歯磨きが嫌いになってしまう子すらいるのです。

歯ブラシが習慣付いていない子は歯科医院を連想させるようなアイテムや歯磨きを苦手としてしまうので、まずは電動歯ブラシの使用検討よりも通常の歯磨きを習慣付けるように心掛けるほうが良いでしょう。
習慣づいているお子さんに関しては電動歯ブラシが好きか嫌いかというのは個人差となります。

2.電動歯ブラシのメリット

電動歯ブラシのメリットとは一体どういったものがあるでしょうか。

虫歯の原因となる歯垢や食べカスといったものを除去出来るものであり、大人用の電動歯ブラシでは超音波によって歯石を破壊してくれるものまであります。

歯科医院で使用される器具のスケーラーというものも超音波を利用しているので同じ原理で、口腔内を清潔に保つための一助として広く知られているものです。

しかしながら子どものお口の中は実際の所そこまで歯石や歯垢といったものに注意する必要はありません。

大人よりも唾液の分泌量が多く、口腔内が常に湿潤に満たされている子どものお口の中では余り歯石は出来ないもの。

むしろ食べカスをしっかりと取り除く両親の技術があれば不要な物だとすら言えるものですが、一般家庭でそこまでの技術を持っている方は少ないのが現状です。

だからこそ子供用の電動歯ブラシも活躍しているのですね。

3.電動歯ブラシのデメリット

最初に考えるべきお値段は通常の歯ブラシとは桁が違うものです。

これはやはり高機能を有しているからであり、ブラッシングだけの為にこれだけの値段を出すのは難しいご家庭もあるかと思います。

電動ブラシの場合、ヘッド部分の付け替えによって長い期間をフォローすることが可能になるのでお値段だけで考えるよりは利便性を考慮することが必要となります。

また電動歯ブラシは持っている手にも振動が伝わる、普通の歯ブラシよりも重い、持ち運び(旅行など)での紛失が心配になる…等といったデメリットもあります。

子どもの場合振動が特にデメリットになりやすく、音が出たり自分の手が震えたりと怯えてしまう子どももいるので、子ども用の電動歯ブラシは実際に使用感を事前にチェック出来るような展覧会等に出向くのが良いかもしれないですね。

4.ソニッケアーキッズを評価、既に習慣づいている子どもには強い味方?

電動歯ブラシを製作販売しているphilips社のソニッケアーキッズにはモード別で子どもへのストレスを与えない様に楽しく歯磨きが出来る仕組みを組み込んでいます。

「やさしいモード」「さらにやさしいモード」を利用することで振動による嫌悪感を軽減させ、歯磨きと同時にアプリ連動でアニメーションを表示することで楽しい習慣付けに取り組んでいる製品。

対象年齢は4歳からとなっていますが、4歳を超えても通常の歯磨きに嫌悪感を抱いている子どもには早すぎると考えるのが無難でしょう。

電動歯ブラシの利点は口の中を通常の歯ブラシよりも清潔にすることが出来る点が第一であり、電動歯ブラシだから習慣付けが上手くいく、という考え方は合っていません。

通常の歯ブラシが既に使えていて歯磨きに対して嫌悪感の無いお子様には良い製品だと思いますが、やはり普通の歯ブラシよりも重量感があり、疲れやすく飽きっぽい子どもには適切ではないと考えるのが普通です。

だからこそ歯磨き嫌いの子どもには電動歯ブラシを買い与えるのは良くないと言われているのですが、何とか歯磨きの習慣を作ってあげたいのが親心というもの。

普通の歯ブラシでじっくりと習慣付けをしてからもう一度電動歯ブラシに目を向けて見るのが良いのではないでしょうか。

5.電動歯ブラシよりも歯磨き粉で習慣付けを考える方法も

小児用歯磨き粉は基本的に通常の歯磨き粉よりも高価で、大人が目を見張っている中で使用するものが殆どになっています。

通販での販売がメインとなっている歯磨き粉「ブリアン」では子どもが飲み込んでしまっても大丈夫な製品となっている為、常に大人が見張っている必要がありません。

まとめ

勿論仕上げ磨きはなるべく行うのがベストです。

ブリアンは子どもが好きな味に作られており、虫歯予防に関しても口腔プロバイオティクスと呼ばれる細菌の常在化を目的とした製品で、将来に渡っての効果が期待できるというものです。

電動歯ブラシにかける費用をこうした歯磨き粉に投資して習慣付けを行い、電動歯ブラシで更に虫歯予防を促進させるという方法が推奨されているのです。

なるべく子どもには虫歯を経験してほしくないというのは親ならばきっと持っていることでしょう。

電動歯ブラシ以外にもこうした方法もあるという事で紹介致しました。

大きくなっても虫歯ゼロの健康的な口腔内を目指すことが出来る大人になって欲しい、と考えている方は是非ともお試し頂きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です