ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

虫歯が治るまでの歯磨き、どうするのが最善?

虫歯,治る,歯磨き

虫歯が出来てしまった場合、歯磨きで痛みを伴う事も少なくありません。
軽度の虫歯であれば温度によってしみる事も無いのですが、ある程度進行してしまった虫歯からは痛みが出てきてしまう様になります。
虫歯の時も歯磨きはした方が良いのでしょうか、また痛みの出づらい歯磨きの仕方も一緒に学んでいきましょう。

虫歯が治るまで歯磨きは必要?

まず最初に、虫歯は一度歯に穴が空くと自然に治ることはないので歯科医院に赴き治療してくださいね。

虫歯は治療するまでは治らないのでまず第一にするべきことは歯科医へ通院すること。

では、治療後治療前は歯磨きはどうするのが正しい対処になるのでしょうか。

1.虫歯があっても歯磨きはすべき

軽度であれ重度であれ虫歯があっても歯磨きはすべきです、しかしながら痛みが酷い場合は歯ブラシが当たるのを避けて、ゆすぎメインでお口の中を清潔にしましょう。

虫歯が出来ている部分というのは通常よりも虫歯菌が付着しやすく繁殖している事が殆どで、本当はこの細菌と歯垢や歯石を除去する事を心掛けた方が良いのですが、痛みに耐えて我慢して歯磨きをし続けることによって虫歯によって過敏になっている神経がどんどんと過敏となり、歯科医院での治療にも麻酔が効かなくなるなどのデメリットがあります。

虫歯ができてしまった場合にはかかりつけの歯科医師に一刻も早く診てもらうことが先決なのですが忙しい場合等で見てもらうまでに日数がある場合にはこうした対応策で乗り切るようにしましょう。

ゆすぐ際にも水温を体温より少し低めか同じくらいにしておくと痛みがあまり出てきません。

虫歯が出来てしまった場合は早急に歯科医院への通院予定を立て、日数が空いてしまった場合は痛みの出る部分を避けたブラッシングに留めておくことをオススメ致します。

2.虫歯が原因で口内炎が出来てしまうことも

歯の治療で神経を抜いてしまい穴が出来ているけれど痛みはない、という場合もあります。

こうした場合は窩洞と呼ばれる部分に口の中の粘膜が挟み込んでしまい小さな傷を作り口内炎を引き起こす可能性が出て来るのですが、虫歯が原因で出来る口内炎というのは虫歯そのものを治さなければ中々根治することがありません。

昔処置してもらった歯で虫歯が出来たと思った場合でも早めの受診を心掛けましょう。

虫歯は放置していて良いことは一つもありません、また放置すればするほどに重症化する事が確実なので必ず歯科医院への受診をして下さい。

虫歯は自然治癒することが無い病気なのです。

3.虫歯が自然治癒しない理由とは

歯というのはエナメル質と呼ばれる硬い層が最も外側の部分を覆っています。

このエナメル質の部分が微細に削れてしまっている程度の虫歯は治ることがありますが、痛みを伴うものや目に見える穴というのは治ることがありません。

従って自覚症状のある虫歯は全て治らないと考えても良いのですが、これは歯の性質上作り上げているのが歯茎の中で成熟した状態で口の中に生えてくるものなので、不可逆的な物質なのです。

フッ素塗布等によって多少化学的に強くすることは出来るのですが、基本的に一度融解してしまった部分や割れてしまった部分というのは治らないのです。

従って歯科医院では歯の硬さや色に合った物で人体に悪影響を及ぼさない金属かレジンで塞ぐという治療が取られることが殆どです。

酷くなってしまった場合は抜歯になってしまうので注意しましょう。

4.歯磨きをしない状態が続いてしまうと

痛みによって歯磨きをしづらい状態が続いてしまうと口の中にいる虫歯菌が増えて周りの歯まで虫歯になってしまうことになります。
虫歯はそこにあるだけで虫歯菌を繁殖させてしまうのでやはり早めの処置が重要です。

 
虫歯菌は初期の虫歯原因菌と後期の虫歯原因菌で種類が違うと言われており、この虫歯原因菌が増え続けていくと多くの歯が虫歯リスクを負うことになってしまいます。
また虫歯を放置することで口の中が乾燥しがちとなり、口臭の原因にもなり得るため、多くのデメリットが見て取れるように変化してしまいます。

 
気付いた時にすぐかかりつけの歯科医院へ相談できる状況を作り上げておくことが大事です。

 
痛みを伴う場合は虫歯を避けたブラッシングで、普段は丁寧なブラッシングを心掛けて虫歯リスクを軽減させましょう。

 
虫歯は感染する病気です。もっとも感染ルートがハッキリしているのがキスによる虫歯菌の感染でしょうか。仕組みを知っておくのも予防の一つになりそうです。

 

虫歯菌が感染しても虫歯になりにくい環境を手にすることができれば虫歯にはならないと思いませんか?ではどうしたら虫歯になりにくいお口は手にすることができるのでしょうか。もちろん、歯科医に通って定期検診、フッ素塗布でも虫歯になりにくいお口にすることができるかもしれません。ですが、歯科医に通ってフッ素を塗っていても虫歯になることは多々あるんですよね。これがかなりガックリ(゚◇゚)ガーン

 

フッ素もクリーニング後の綺麗な歯に塗るのは大変効果があると言われますが、自宅ではなかなか難しいです。ブラッシングってそんな単純じゃないですから。完全に取り除くことができないなら・・・。虫歯菌の活動が鈍くなったり、虫歯菌や細菌の巣窟である歯垢を分解除去できちゃったらどうでしょう。

 

これなら、多少磨き残しができたとしてもなんだか、不安が免れたような気分です。市販の歯磨き粉ではできまんせんが、ブリアン歯磨き粉なら虫歯になりにくいお口を手にする確立が高くなるかもしれません。デメリットもあるのであなたの選択次第です。

 

ブリアンのデメリットはなによりめで見えない部分で判断に悩むことも一つですが、即効性がないこともあります。

そして、何よりも高いんです!だけどお試しできるなら使ってみても良いかもしれません。歯磨きをしてくれないお子様にも是非お試しを。小児が好む苺味です。お子様によっては、苺ヨーグルト味?と言う子もいますが。

 

歯磨きをしないと手をこまねいていても仕方がないのでまずは歯磨きできるようにしてみませんか?市販のジェルタイプは保存料が多く、飲み込むことで身体への害が懸念されていたりもします。虫歯は削って治すのではなく予防して防ぐ時代です!

削ってしまった歯が二度と戻りません。

 

あなたの賢明な判断にお子様の将来が全て掛かっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です