ブリアン公式サイト1日65円~49%オフキャンペーン中!お試しはこちらから

フッ素配合歯磨き粉を幼児に使うのはちょっと待って!

フッ素,幼児,磨き粉

フッ素は現代社会において私達の歯を守るファクターとして大変重要なものです。

しかしながら、幼児への使用を検討している場合はちょっと待って下さい。

幼児への使用はかかりつけの歯科医師ときちんと相談の上、飲み込まないように使用できるかが大変重要になってきます。

基本的にはフッ素配合歯磨き粉を幼児に使う必要性はありません。では、いつからフッ素や歯磨き粉を幼児に使ったらいいのでしょうか。タイミングに悩んでいたら是非読んでください。

幼児の歯磨き粉とフッ素の使うタイミングについて

幼児の歯磨きのポイントとフッ素のタイミングについてまとめました。参考にしてみてください。

1.幼児の歯磨きは習慣付けと口腔内環境を整える為のもの

フッ素塗布やフッ素配合歯磨き粉はそのまま歯自体の強度を向上させるために利用されています。

幼児の歯は虫歯になりやすいものですが虫歯自体を気にするよりも普段の歯磨きが習慣づいているか、きちんと隅々まで磨けるようになっているかが大事であり永久歯のように生え変わらない歯を持つまでのトレーニングとして考えてみましょう。

そう考えるとフッ素塗布によって歯の強度を上げることよりもフッ素の過剰摂取によるデメリットの方が心配になる事が多いのです。

大人の体重の1割~2割程度の幼児の場合過剰摂取のラインも大人の1割~2割程度となり、歯磨き粉に含有されているフッ素はとても少ないものではありますが、成長発育においてどれほどの影響があるかは個人差があります。

よく言われるのは斑状歯と呼ばれる歯にシマシマ模様がついてしまったりするもの、関節部分で骨が固くなりすぎて曲げる時に痛みを生じてしまう等の状態になってしまう可能性もあるのです。
幼児への歯磨き粉でフッ素含有のものを無理に使う必要は無いということを理解しておきましょう。

2.歯磨きは楽しいものだと思ってもらうために

幼児への歯磨き粉として適切なのはフッ素が含有されているかどうかではなく、子どもが嫌がらないものであるかどうかです。

歯磨き粉の味は独特な薬品の味がすると感じている方もいらっしゃるかと思いますが、子どもは大人よりも味覚が敏感で少しでも薬品の味を感じ取ってしまうと幼い頃はとても嫌がるものです。

従って初めての歯磨き粉にはいちご味等の味がついている歯磨き粉で親しさを育むことが大事になってきます。

また飲み込んでしまったら良くない物をまだゆすぎが出来ない年齢の子どもに使用させるのが大変心配になるもの。

万が一飲み込んでしまっても平気な物を使用することを心掛けましょう。

3.フッ素含有の歯磨き粉を使うタイミングは?

自分である程度歯磨きをすることが出来、ゆすぎが出来る頃から始めれば問題ありません。

出来れば6歳ころに生えてくる奥歯の出て来るタイミングに合わせてフッ素含有歯磨き粉が使用できるようになっている事が良いでしょう。

大体小学校に通う頃から奥歯の歯が出てくるのですが、これは永久歯と呼ばれる大人の歯で一生涯使う歯になります。

前歯から数えて6番目の大きな歯で、最初に生えてくる分虫歯になりやすい歯でもあります。

奥歯は歯磨きでも難しい位置にあり、生え始めた頃には親が最後に仕上げ磨きをしてあげることも大切です。

歯科医院への通院で小さな頃からメンテナンスをしていくことでお口の中の意識を育むことが出来、少しの違和感でも歯科医院へ寄ることを考えられる様に育つので、なるべく3ヶ月に一回程度のメンテナンスに連れていくことにしましょう。

かかりつけの歯科医師からオススメの歯磨き粉を提案された場合は使用検討をしてみて下さい。

4.幼児向けの歯磨き粉でオススメなのは

フッ素の有無ではなく、習慣付けがメインの幼児向け歯磨き粉には口腔内細菌を減らす為の薬品は殆ど含まれていません。

幼児の体重は大人に比べてとても少なく、少量の薬品でも影響を受けやすいためです。

しかし小さな頃にお口の中の細菌を減らしておくことは生涯において虫歯リスクを下げる事が出来るという研究が既にされているため、親心としては細菌の数を色々な取り組みで減らしたいと考えるのではないでしょうか。

近年評判になっている幼児向け歯磨き粉ブリアンやL8020製品といった物は口腔善玉菌を育み、虫歯菌を減らしてくれる細菌をお口の中に定着させるものとして注目されています。

これは腸内善玉菌と同じ考え方であるプロバイオティクスというもので、人体に悪影響のない細菌で虫歯菌と仲の悪い細菌を増やすことで歯を守るというのが目標です。

ブリアンに含まれているBLIS M18という細菌は虫歯菌を相対的に減らし、虫歯リスクを軽減させるというもの。

虫歯の原因は虫歯菌だけではないので、それだけで虫歯にならないというわけではありませんが、虫歯になりにくい人々というのはこうした特別な細菌をお口の中に持っている場合があるのです。

小児時期に口腔環境を適切な状態に保ち、細菌の数を減らす取り組みを頑張ることでも同様に虫歯菌の相対数を減らすことが出来るのですが、そこまでの技術や余裕を持っている人は少なく、こうした製品の補助を受けることで細菌の数を減らすことが出来ます。

また子どもが好きな味に調整されているため、嫌がる子どもは少数ということも相性の良さが伺えます。

まとめ

幼児向けの歯磨き粉で大事なのはフッ素含有の有無ではなく、親しみやすい製品であるか。

そして歯磨きの習慣付けが出来、お口の中の虫歯菌を減らす事が出来るか。身体に悪影響を及ぼさない製品であるか、というのを着目することが重要です。

子どもはすくすくと育ちますが、放っておくとお口の中の細菌もすくすくと育ち、多くの虫歯菌が常にいるようなお口の中になってしまいます。

これが虫歯になりやすい人になってしまうので、子どもの頃にどれだけ虫歯菌の数が少ない環境に保てているかを気にしてあげて下さい。

ブリアン歯磨き粉は市販されている歯磨き粉に類似消費品のない虫歯菌をお口から少なくできることに希望がある歯磨き粉です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です