子供の歯磨き粉は何歳から?フッ素は必要?

子供歯磨き粉,フッ素,何歳から

小さな赤ちゃんの頃とは違って自分である程度の事が出来るようになって来た頃に疑問に思うことは歯磨きに歯磨き粉は必要かどうかですよね。

歯磨き粉は独特の味や泡がある為、初めて使う子供は嫌がる可能性も充分にあるのです。

幼児用歯磨き粉も市販されていますが、何歳くらいから使うのがベストなのでしょうか。

フッ素入り子供は磨き粉は何歳から使えばいいの?

歯磨きは虫歯にしないためには欠かせないもの。だからこそ初めては失敗したくない気持ちが強くあります。
できれば歯が生えたらすぐにでも歯磨き粉を使たい!と意識が高いパパ、ママもいるでしょう。

歯磨き粉をいつから使うのが良いの順番に紹介します。

1.子供の歯磨き粉は1歳半くらいから使えるのがベター

歯磨き粉によって変わるのはお口の中の細菌の数ですが、なるべく1歳半(18ヶ月)~2歳半(31ヶ月)までを目処に始めておくのが良いと言われています。

この期間は感染の窓と呼ばれ、生涯に渡って虫歯の原因となる細菌が定着する時期と言われており、この期間に虫歯菌が少ない環境を維持することが出来れば一生涯虫歯になりづらい環境を作り上げることが出来ると言われています。

しかしながら1歳半と言えばまだ自分でゆすぐことも大人が手伝ってもお口の中のお水を吐き出すのは難しい時期ですよね。

なので、歯磨き粉は飲み込んでも大丈夫な物を選ぶ必要があります。

もし飲み込んでも平気な歯磨き粉が見つからない場合でも毎日清潔なお口の中を維持することが出来れば、ある程度の効果が見込めると思われます。

実は乳歯が生え揃ってからも歯への予防というよりはお口の中の環境づくりのための歯磨きとなるのでフッ素含有等を気にするよりも、虫歯の原因となる細菌がどれだけ少ない環境を作り上げることが出来るかが重要でありそうした効果のある歯磨き粉を選ぶ事が重要視されています。

2.歯磨き粉を嫌がる場合は無理に使用しなくても良い

永久歯と呼ばれている6歳に生えてくる歯が生えてくるまではお口の環境作りがメインとなる口腔ケアですが、歯磨き粉を嫌がる場合は無理に使用せずに毎日歯磨きの習慣が出来るようにお手伝いしてあげることが最重要です。

乳歯は通常生え変わるものなので、ある程度虫歯などが出来てしまっても問題ないのですが、永久歯からは一生涯換えが効かないものでそれまでに歯磨きの習慣がついている場合とそうではない場合では大人になってからの虫歯になる確率が変わってきてしまいます。

従って歯磨き粉を選ぶよりも先に歯磨きを毎日習慣付けることが最も適切な歯磨きとなるのです。

もう既に毎日楽しく歯磨きが出来ているお子さんに関しては相性の良い歯磨き粉を選んであげることも大事ですが、まずはお口の中に歯ブラシが入っても嫌がらないか、自分で歯磨きをしようとする姿勢が見られるかというのを確認していきましょう。

まだ大人が主体で歯磨きをする場合は、幼児用の飲み込んでも良い歯磨き粉を使うことで自分で歯磨きをする時期になっても歯磨き粉を嫌がらない姿勢が見られるようになります。

こうした先々を見据えた歯磨き粉選びで重要視したいのはやはり相性となります。

3.子供用歯磨き粉は相性が最も重要

歯磨き粉が如何に優秀であっても子供がそれを使うのを嫌がる、飲み込む危険性がある場合は使用を控えましょう。

歯磨きの重要性は子供にはまだ理解できるものではありません、なので子供からすれば歯磨きは「ごっこ遊び」と変わらないのです。

そこで苦手な要素が入り込んでくると次第に歯磨きを嫌がってしまう可能性が出てくるので、嫌がらないものを選ぶこと。

色々な歯磨き粉を試すことになるかもしれませんが、子供と相性の良い歯磨き粉はそこまで多くはありません。

近年ではネット販売を主体とした『ブリアン』という製品が幼児が使用する上でとても相性の良いものとして注目を浴びています。

4.小児用歯磨き粉『ブリアン』の効能

まず始めにブリアンは小児用の物と大人用の物と別れています。

含有物としては細菌成分であるBLIS菌、これは虫歯の原因菌となるS.mutans菌の相対数を減らし恒常的に虫歯のリスクを下げる役割を持っています。
子どもの内にお口の中の細菌の分布というものは決まってしまうと言われていますが、この時期にこうした細菌の数を減らしてくれる口腔善玉菌がお口の中に常駐することで、一生涯の虫歯リスクを軽減してくれる働きが期待されているのです。

細菌を体内に取り込んで悪さをする細菌を少なくする事をプロバイオティクスと呼んで、現在の日常生活ではヨーグルト等で親しみのある分野なのですが、お口の細菌に働きかけるものとしてはまだ稀有なものです。

他には日本で発見されたL8020菌等もこのプロバイオティクス製品として使われています。

細菌を用いた製品になるため、お薬とは違ったものになるので医療薬部外品とはならず、化粧品の分類になりますが、含有されているBLIS菌は海外で既に10年近く使用されているもので、L8020菌よりも歴史があり安心感があるものになっています。

ブリアンに含有されているBLIS菌の発見は世界中で虫歯にならない人のお口の中を調べて発見された細菌で虫歯菌に作用する菌を探し出したものになっています。

なので、人体への悪影響は限りなく低いため、安心して使うことが出来る用になっているという事になります。

5.ブリアンが小児向けで最適な理由

ブリアンを使用するのであればお口をゆすぐ事が出来ない年齢であっても使用出来る点が嬉しいものです。

細菌を定着させることが重要なのでゆすぎの必要なく、薬品の使用も人体に影響がないものだけを含有させているために飲み込んでしまっても問題ありません。

また、忙しい時には舐めるだけでもある程度の効果が見込めるということなので、安心して使用することが出来ます。

しかしながら歯に定着してしまった歯垢は実際に大人が仕上げ磨きによって除去してあげなければ虫歯になってしまうので、歯磨きはなるべく行うようにしましょう。

また、子どもの内に歯磨きの習慣を付けることが出来なければ、お口の中の細菌数がどれだけ少なくても虫歯になってしまう可能性が出てきてしまいます。

毎日舐めさせるだけでは幼児の歯磨き目的の半分しか達成出来ないということも理解しておきましょう。

大事なのはお口の中の環境作りと、歯磨きの習慣付けなのです。

まとめ

小難しく書いてしまいましたが、子供の様子に併せてあげるのが一番ベストということです。

特に歯磨き嫌い、歯ブラシすらもたないという子供に対しては、味覚で攻勢にでられるブリアン歯磨き粉はおすすめだと感じます。

口のゆすぎも必要なく、毎日お口の中にブリアンをとりつづけることが何よりベストな方法ですし、慣れてくれば歯磨き粉自然と可能になります。

なによりも、フッ素は必要ないという考えよりもそれぞれの長所を生かすことがベスト対策とも言えるのではないでしょうか。

一例を挙げるなら、ブリアン歯磨き粉では、歯質の強化はかないませんが、フッ素では歯質の強化が可能です。

ですから、フッ素にできなくてブリアン歯磨き粉にしかできないという点もあるのです。
両方上手に使って対策していきたいですね!

子供歯磨き粉,フッ素,何歳から

この記事が気になったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA