ブリアン歯磨き粉は安心!歯科医師が開発♪

ブリアン歯磨き粉を開発したのは、歯科医師である齊藤欽也さんです。

ブリアン歯磨き粉は歯科医が開発したことでも話題の一つなのかもしれません。

歯チャンネルでの歯科医のブリアン歯磨き粉の関する情報もお伝えしましたが、これまた歯科医師が歯科医師を責めるような行為になるとは・・・。

だからこそ、ハッキリ使って効果を出しちゃえばいいんです!なんて思っちゃいますけど。
話を戻して、それではブリアン歯磨き粉を開発した斉藤先生についてまとめていきます。

ブリアン歯磨き粉の開発歯科医師とは?

ブリアン歯磨き粉を開発された斉藤先生について気になる方も多いでしょう。わたしもその一人ですから。

どのような先生なのか調べました。

斉藤先生は、静岡県富士市で歯科医院を経営されています。

静岡県富士市の人口

 

総人口約25万人
世帯約10万世帯
男女比49:50


富士市は、静岡県で静岡市、浜松市についで第3位の人口を有しています。日本の人口そのものの男女比率が女性に傾いているので静岡県富士市も同じ傾向にありました。

ブリアン開発者、斉藤先生が経営されている歯科医院の場所はこちら

ブリアン開発者の歯科医院の様子

齊藤先生の経営されている歯科医院はこのようになっています。
だいたい範囲は同じのはずですが、めちゃくちゃ立派になってました!

ブリアン歯科医 前

↓↓↓

ブリアン歯科医 後もちろん診療内容もお口に関わること全般をしっかり見てくれます。

  • インプラント
  • 矯正
  • 審美
  • いびき
  • 口臭

歯科医院のホームページもあり20年以上にわたる地域貢献に力も入れています。

公式URL:http://saitoshika.com/

フリーダイヤル、オンライン予約も完備しているのは、予約が取れにくいと話は本当のようですね。
患者様が予約をしやすい環境にも力をいれられていました。歯科医院も多くありますが、斉藤先生が経営されている病院は大きいというべきですね・・・。

スタッフさんも15名以上です!すごい大きい歯医者さん!

スタッフさんで思い出しましたが、
院内のことを積極的にブログでイベントも発信しています。

URL:http://ameblo.jp/saitodc1/

斉藤先生もイベントに出席されている写真が多く掲載されています。ブログやホームページを見ると分かりますよ~~

アットホームでいい歯医者ですね~~。近くだったら通いたい!そう思う追わせてくれた歯科医でした。

ブリアンの影響か、なんだか胡散臭さや怪しさがありましたが、サーーっと靄がはけるようですね♪

 「まなごん」の独り言 

歯科医院にはおいている備品や器械を見るとその力のいれ具合が違うのが分かってしまうんですよね。
例えば、歯科用CT持っている歯医者お住まいのお近くでありますか?
価格帯でいうと・・・うん千万です。はい。
歯科用CTと医科用CTの違いはこちらをみてくださいね。照射方法が違うんです。
そしてセレックという歯を削り出す器械なんですが、ドイツ生まれなセレックで上質で輝く白い歯が手に入ります。
本来技工所さんに頼んだりで作るセラミックなんですが、技工士さんの技量によって雲底の差がでます。
そんなセラミックを短時間で高品質を維持したまま削れてしまう優れものです。
ちなみにこちらもうん千万です。はい。
他にもレーザーが用途別で持っていたり。
300万程度~です。
先生価格はそれぞれ異なるのでぶっちゃけ価格なのかもしれませんが。
斉藤先生の医院では全て持ってます(*´∀`*)
よっぽど力をいれていない限りそこまで揃えないんですよ!

いやこれなら安心して使える歯磨き粉というのがわかるんじゃないかな?下手に市販を使うより安心間はアップでしょう。

斉藤先生開発ブリアン歯磨き粉はこちらへ!初回49%オフ

ブリアン 歯磨き粉 公式

斉藤先生のご経歴

齊藤さんは20年ほど前にニュージーランドやアメリカで最先端の虫歯予防を学び、歯科医をしながら虫歯予防を中心とした取り組みをしてきた先生でもあります。

当時は今よりも虫歯予防に対する知識が一般的に少なく、苦労をされたようですが、最近は虫歯に対する予防への意識が高くなったことを喜ばれています。

一番有名なところでいうとキシリトールガムや虫歯にならないグミやチョコレートが有名でしょうか。
グミやチョコレートは虫歯になりやすい!ということで敬遠されますが、カテキンとキシリトール入りのグミ、チョコレートを開発されています。

ブリアン歯磨き粉は歯科医が開発

ブリアン歯磨き粉は、歯科医師の齊藤先生が開発に携わっています。

ブリアンが発売されるまでは、乳児に特化した歯磨き粉は存在せず、発泡剤、研磨剤が入っていない製品程度にとどまっていました。

誤飲防止にジェルタイプはありますが、保存料を多く含むためアレルギーの原因になるなど危険もあるとのこと。
そしてついにて完成したのがブリアン♪

ブリアン歯磨き粉の効果は適当に作られたものではありません!

ブリアン 副作用

BLIS菌を発見したジョン・タグ博士と斎藤医師による共同開発です。その辺で適当に作られたものではありません!

本当に効果があるのか?

心配になりますが、国内で虫歯になりにくいチョコレートを開発した販売している歯科医師です。あなたも歯医者さんでもらったり見たことがあるかもしれませんね。

日経ヘルスやメディアでも話題に

特に、斉藤先生が開発したチョコレートが日経ヘルスや宝島など雑誌やNHKなどにもメディアでも話題になっていたそうです。

斉藤先生が院長をお勤めになられていたころです。

虫歯予防菓子にも力を入れておられ、予防に努めていらっしゃることがよく分かります。

斉藤先生の現在

斉藤先生は現在、理事長となられているようです。

そして、なんとなんとブリアン歯磨き粉の販売元ウィステリア製薬の代表取締役になっているではありませんか!!
ウィステリア製薬 取締役

出典:http://www.wisteria-p.jp/about-us/

テレビでブリアン歯磨き粉のPRを寺田心くんと山口もえさんと行ったときに一緒におられた理由が分かりましたね。
開発者の立場ではなく、代表取締役として出席されていたんですね。

実はこのブリアン歯磨き粉のPRは新聞雑誌、テレビと95件のメディアで取り上げられていたんです!!

ブリアン歯磨き粉がテレビで放送!SNSで話題になった理由とは

2017.02.25

まとめ

斉藤先生についてまとめてみました。本当いろいろ疑ってすいません。

 
設備も整えている歯医者さんの理事でもされているなんて!無知なんですいません!

 

こんな歯医者で子供たちもお願いしたい!そんな気持ちになりました。スマホから予約できるのも便利ですよね♪

 
現在通っている歯医者でも導入してくれないかしら。電話連絡で予約は少々面倒でまだしていません。

 

一般的に市販されている歯磨き粉には、歯を削りすぎてしまう可能性のある研磨剤や泡立ちをよくするための発泡剤などが使用されており、歯科医から見ればこのような成分はあまり好ましくないようです。

 
そこで目を付けたのが、もともと虫歯になりにくい子供の口内に存在していた乳酸菌の「BLIS M18」です。

 

虫歯を発生させる原因は、虫歯菌が作る歯垢から発生する酸といわれています。

 

口内には善玉菌と悪玉菌といった2つの細菌がバランスをとることで健康を維持しています。当然悪玉菌が増えてしまうと、その分虫歯のリスクも高まります。

 
このよう虫歯菌の元となる悪玉菌を減らしてくれるのが「BLIS M18」の役割です。
増えた悪玉菌を減らし、口内環境を健康な状態に導くことで虫歯になりにくくする

 
このような歯科医師による虫歯予防の観点をふまえて、ブリアン歯磨き粉は開発されました
予防に力を入れ多くの工夫をされてきた先生だけに、ブリアンに至ったことにある種の感動も覚えました。

 

歯医者さんに行ってもここまで予防に熱い先生みたことないっていうのが本心です。

 
いかがでしたか?ブリアン歯磨き粉の開発者である斉藤先生についてまとめ記事でした。

歯科関係について詳しいつもりですが、類似する商品はありません。いろいろ迷ってムダにするよりは、ブリアン歯磨き粉を使っておけ!という気持ちになりました。

もちろん、歯科検診、フッ素がダブル効果でgoodです!