【たった2分でわかる虫歯はうつる?】今すぐ読むべき5つの心得!

虫歯はうつる

虫歯はうつるといわれています。あなたはキスするのやめますか?

もしもパートナーが虫歯でキスをすれば虫歯になるということになりますね。虫歯はうつるというのは虫歯菌がうつるというのが本当です。

ですが、虫歯菌がうつるからといって必ず虫歯になることはあり得ません。今回は虫歯はうつる!?の真相を紹介します!

虫歯はうつる?

虫歯はうつる?かと聞かれればうつらないと断言します!!!

虫歯はうつりません!

あなたは「ポカーン」と口が半開きで読んでいるかもしれません。もう一度いいますが、虫歯はうつりません。

さらに「ポカーン」としたかもしれませんが、本来虫歯はうつりません。

虫歯は虫歯菌が糖質を栄養源に酸を作り出して歯を溶かすことで虫歯になります。

おや、もうおわかりですね。虫歯菌がうつるのです。

虫歯はうつらない!細菌が大移動

虫歯はうつりませんが、キスをした場合フレンチキス程度なら1000万程度、ディープキスなら8000万~1億の細菌が大移動するともいわれています。

個人差があるので実際のところ細菌がどの程度移動するかはわかりませんが。

では、歯磨きをよくする人でどの程度の細菌が口の中にいるかを見てみると

  • よくする人・・・約1000億~2000億
  • あまりしない人・・・3800~6500億
  • まったく市内人・・・1兆以上

驚くべき細菌数の数です。

キスをすると1000億の細菌が口から口へうつるのを話をするとキスをするのをみなさん避けます(笑)

キスしたくない相手といい雰囲気になったら話してもいいかもしれません。

カップルでは避けてくださいね。虫歯菌は大人でも子供でもうつる感染症です。

感染したからといって必ず虫歯になるわけではありません。

虫歯になるかならないかは口内環境が大事

虫歯菌は口から口へとうつります。

口内環境を例えるときに、椅子取りゲームやマンションのように言われることがあります。

もともと、虫歯菌が住み着いていない状態で考えてみましょう。

細菌も何千億と存在していますからすべての菌が住み着くには難しいわけです。

立地がよいマンションは、いつも満室ですよね。

わかりやすいたとえになるのはないでしょうか。

満室の状態では、新しく虫歯菌は住み着けない=虫歯になりにくい口内環境と言えますよね。

必ずしも虫歯菌がうつった!からといって虫歯になるわけではありません!

虫歯になりにくい口内環境を作ることで、虫歯菌に感染しても虫歯になりにくい環境づくりもできるのです。

虫歯にならないための口内環境作り

子供は1歳半~2歳半までの期間が感染の窓と言われる期間にあたり、虫歯菌に感染しやすいと言われます。
この期間、虫歯菌への感染率が高くなるのは8割母子感染。
ほかに家族や保育園、幼稚園での感染だそうです。
虫歯菌が感染しても虫歯になりにくい口内環境作りはどうしたらよいのでしょうか。

  1. 規則正しい時間での食事
  2. 糖分を気にした飲物選び
  3. 口内の細菌が一番増える就寝前が肝
  4. 定期的な歯科医への検診
  5. プロバイオティクスで虫歯菌が住みにくくする

1.規則正しい時間での食事

大人は仕事の兼ね合いもあり、規則正しく食事をとるのは難しいとは思います。

就寝前の食事は避けたり、食後には水やお茶を飲む習慣を付けてみてください。食べ物が長時間口の中に残りにくくすることを意識してみましょう。食後にキシリトールガムを噛む習慣をつけるのも効果的です!

2.糖分を気にした飲物選び

コーヒーや、ジュース類は多くの糖分を含んでいます。

虫歯菌は糖分を栄養源に繁殖し酸を発生させるので、水やお茶など糖分が含まれないものを選び口の中に糖分を残さないことを意識しましょう。

頻繁にコーヒーやジュースを飲む方は、キシリトールガムなどを噛(か)むのも有効です。

コーヒーやタバコを頻繁に飲む方は、コーヒーの渋みや、タバコのニコチンで唾液がでにくくなるので唾液の分泌が少なくなり虫歯になりやすくなります。

3.口内の細菌が一番増える就寝前が肝

歯磨きは虫歯予防に欠かせません。

疲れたから~~と歯磨きをせずに寝るのは避けたいですね。必ず寝る前の歯磨きは行いましょう。歯間ブラシやプラウト歯ブラシを併用すると届きにくい部分の汚れも落とせて汚れが残りにくくなりますよ!

4.定期的な歯科医の検診

歯磨きだけは虫歯予防に効果が高いですが、すべての汚れを取り除くことは100%できません。

歯ブラシでは届かない、汚れやプラークが歯石化したものは取り除(の)けないので歯医者さんでクリーニングしてもらうことで綺麗になります。

気になる方は、口内の細菌チェックをしてもらうことも可能です!

5.プロバイオティクスで虫歯菌が住みにくくする

プロバイオティクスは善玉菌を用いて悪玉菌が住みにくくすることができる方法です。

楽天やamazonでも販売されていて海外ではメジャーな方法になっています。

歯科医で行う場合は、バイオガイヤなどが有名です。

自宅で行う場合は、ブリアン歯磨き粉のような歯磨き粉もあります。

ブリアンを使う場合は、子供は子供用、大人はブリアン大人用を使うことをおすすめします。

ブリアン大人用を使使ってみた 【画像あり】ブリアン歯磨き粉大人用使ったリアルの衝撃効果は・・・

もしも虫歯になってしまったら

虫歯菌に感染しても、必ず虫歯になるとは限りません。

ですが、虫歯になってしまったら歯医者で早期に治療を行いましょう。

削らず治す方法もあります。カリソルブという治療法です。

悪化した虫歯の治療はできないので早期治療に限りますが・・・。

まとめ

虫歯はうつるものではありません。虫歯菌などの細菌が口から口へ感染します。

大事なところなのでもう一度いいます!

虫歯菌が感染したからといって100%虫歯になることはありません!

虫歯になるかどうかは口内環境にかかっています。

ブリアン歯磨き粉のように毎日使うだけで、プロバイオティクスの効果が期待できる歯磨き粉も販売しています。

虫歯にならない口内環境を目指したいものですね。キスで虫歯菌がうつる理由はこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください