ブリアン公式サイト1回70円!49%オフキャンペーン中!お試しはこちら

ブリアン歯磨き粉をエビデンスにわたり徹底調査

ブリアン,歯磨き粉,エピデンス

ブリアン歯磨き粉は怪しい、嘘という口コミを見たりしますが、ほんとうにそのような歯磨き粉でしょうか。

エビデンスとは、証拠・根拠、証言、形跡などを意味する英単語 “evidence” に由来する、外来の日本語。 一般用語として使われることは少なく、多くは、以下に示す分野における学術用語や業界用語としてそれぞれに異なる意味合いで使われている。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/エビデンス

成分や公式サイトなど徹底調査することで効果の怪しさや嘘っぽさが解明されそうです。

ブリアン歯磨き粉のBLIS菌含有製品の内容成分を調査しました。

ブリアン歯磨き粉のエピデンス

体の中に取り込む物は成分まで気になるかと思います。

体への悪影響を及ぼす物は入っているのか本当に効果があるのかを成分表で確認する方もいらっしゃるのではないでしょうか。

子供用歯磨き粉ブリアンから成分をまとめていきたいと思います。

ブリアン歯磨き粉安全性の真偽!成分を徹底解析!

ブリアン歯磨き粉の評価は?日本国内と海外との違い

ブリアン歯磨き粉の評価を日本国内で歯科医師の意見を探すには歯科医院で発信しているブログや歯ちゃんねるといったサービスでのものを探すのがメインになるかと思います。

しかしながら歯ちゃんねるに所属する歯科医師の意見の中で有意義なものはありませんでした。

残念ながら日本国内でのブリアン歯磨き粉に対する意識というのは歯科医師ですら低く、機序を説明する事が出来、自身の意見を伝える事が出来る歯科医師は皆無のようです。

これは日本ではまだまだプロバイオティクスという概念が定着していない事が原因と考えられますが、正しいBLIS菌の機序を理解してこれからの時代に備えましょう。

日本国内でのブリアンに対する意見とエビデンス

ブリアン歯磨き粉の販売ページを見る限りはブリアン清掃剤という扱いです。

歯科医師や専門機関が訝しむのは仕方のない事ですが日本国内でのブリアン歯磨き粉に対するイメージは良い物ではありませんね。

日本語で書かれているサイトの殆どがアフィリエイトプログラムによる「買わせようとする記事」であり、こうした筆者の思惑が見える記事ばかりになってしまっている為、正しい情報が埋もれてしまっています。

その為、多くの歯科医療従事者はネットでの記事を見る度にブリアン歯磨き粉に対する評価を落としてしまっているものと考えられ、残念なことに正しい評価を受けられない状態にあるの事実でしょう。

国内でのブリアン歯磨き粉のエビデンスがもう少ししっかりとあれば状況は一変するのでしょう。

では正しい情報は何処で見られるのでしょうか?

多少の英語力が必要になりますがNCBI(米国の国立生物工学情報センター)というサイトでStreptococcus salivarius K12及びM18という正式名称で調べると文献、論文を読む事ができます。

歯チャンネルでは正式名称すら知っている専門医を見つけることが出来ませんでした。

とても残念ですが日本国内でのブリアン歯磨き粉の情報はそういうレベルなのです。

ただ、全ての歯科専門家がそうではなく、

帝京大学の研究チームが出している論文では口腔カンジダ菌との拮抗機序についてのテーマで書かれており、有意性が認められていると述べています。

引用元:http://jglobal.jst.go.jp/public/20090422/201202299477593740

この様にメインテーマとして研究を進めている日本の科学者が増えていけば次第に日本の歯科業界でも注目される様になるでしょう。

海外でのBLIS菌の一般評価は?

日本国内と海外では歯科に対する対策、考え方が根本的に違うのですべてを参考に出来るとは思いませんが、BLIS菌は口腔プロバイオティクスの先駆となる菌で殆どの歯科医師は論文を参考に正しい使用を呼び掛けています。

これはプロバイオティクスに対する知識レベルの差や予防歯科という概念が日本よりも数段上である事が理由として挙げられるでしょう。

例えばWHO(世界保健機関)はフッ素塗布、洗口は六歳未満で禁忌としている!と書いてある記事をWeb上で見かけたことはありませんか?

その記載は確かに正しいのですがその禁忌地域に日本は含まれていません、というのもWHOのフッ素に対する見解は「飲料水等にフッ素を含有させている地域は6歳未満での高濃度フッ素洗口によって歯牙に悪影響を与える」というものです。

日本は水道水にフッ素を意図的に含有させている地域が殆ど無い為該当しないのが真実になりますが、果たしてその事実をどれだけの人が知っているでしょうか?

歯科先進国ではこれは常識の知識となります。

プロバイオティクス製品は全ての人に適応するものではない諸外国の方々が行っているオーラルケアは大変高度なレベルです、日本も一部の方々はそのレベルに達しているかと思いますが、多くの人々はまだまだ知識も技術も足りないのが現状だと思われます。

大変残念ですが日本の口腔ケアレベルは諸外国に比べて低い水準で、同じ環境にあるとは言えません。

従って費用対効果が諸外国に比べて期待できない可能性は十分にあるのです。

正しいオーラルケアを心掛けているご家庭では当然適応度が高く、実感できるレベルでの変化を感じることが出来るかもしれません。

ブリアンという製品は日頃から口腔ケアに気を遣っている方々へはオススメ出来る製品ですが、口腔ケアが不十分だと思われる方は同じ費用をかけるのであれば歯科医院への通院から考えて頂きたいと思います。

歯科先進国の見解は?

基本的に口腔環境の改善を促す事のできる菌であるという意見が多くあります。

しかしながら医学の歴史に比べ歴史が浅い菌である事は確かですべての機序が解明できている訳ではないので妄信するべきではないという見解が多い様です。

共通しているのはBLIS菌は口臭や虫歯に対して抑制効果があり、その効果は誰もが認めているという事。安全性も多くの論文で証明されているもので、特に危惧している記事はありませんでした。

但しBLIS K12は生後3歳以上での使用が望ましいとされている為、早々と使用するのは控えた方がよさそうです、BLIS M18はその限りではありません。

歯牙の酸に対する耐性を上げるだけではなく、こうした最近を用いて歯科予防をする考え方は世界ではすでに検討段階ではなく、一般的なものになります。

日本の予防歯科の関心はまだまだこれから伸びていく分野というのがよくわかりました。

正しい知識を持ち合わせることで殆どの口コミが誤りだということに気付けるかと思います。

まとめ

そもそもブリアンは使用者にとって優しい成分で出来ていますが、虫歯予防効果はあっても現在進行形で虫歯になりつつある歯をケアするものではありません

公式サイトを見た方の誤解が効果なし、効かない、怪しい、嘘といった結果につながっていると考えます。

BLIS菌の効果は海外でも認められているものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.